「希望の聖母」教会でのバロックコンサート

昨夜は「希望の聖母」教会の礼拝堂のコンサートに行きました。
プログラムがとても魅力的だったのです。

b0064411_02422658.jpg

初めて入る礼拝堂です。

b0064411_02422699.jpg


b0064411_02422602.jpg

b0064411_02422657.jpg

b0064411_02422656.jpg

b0064411_02422620.jpg

b0064411_02422679.jpg


大変美しい聖母像です。

b0064411_02471991.jpg

b0064411_02422663.jpg


b0064411_02422636.jpg

b0064411_02471967.jpg

美しいオルガンがあります。
b0064411_02471974.jpg

b0064411_02471904.jpg

b0064411_02471971.jpg


b0064411_02471942.jpg

b0064411_02471935.jpg

オーケストラはオリジナル楽器を使用していて、ヴァイオリン7台、ビオラ2台、バロックチェロ2台、コントラバス、アルチリュート(ティオルバ)、チェンバロという構成。
b0064411_02471902.jpg

プログラム

 1.Antonio Vivaldi Stabat Mater, RV622

2. Pietro Antonio Locatelli Concert per a Violin No.5

3. Antonio Vivaldi Nisi Dominus, Rv608

4. Antonio Vivaldi 四季から 夏

L'Orquestra barroca de Barcelona
指揮 Gilles Colliard

初めはヴィヴァルディの Stabat Mater. 
これは去年の10月、アウディトリオでジャルスキーとアンサンブル・アルタセルセの演奏を聴いて非常に感動したので、どうしても比較してしまいます。

カウンターテナーはOriol Roses、現在リセウのコンセルバトリオの歌唱の先生だということです。
b0064411_02514212.jpg


彼の声は, Christophe Dumauxの声に近く、高音は輝かしく素晴らしいのですが、胸声は響かず、オーケストラに消されてしまい、頭声と胸声の境目で時々音程が若干揺れることがありましたが、ビブラートを駆けないまっすぐな発声はバロックならではで、良かったと思います。ジャルスキーと比べては申し訳ないのですが、もう少し表現力があったらと思いました。
b0064411_02514279.jpg


指揮者はGilles Colliardというスイスのヴァイオリニストおよび指揮者で、オーケストラのみの演奏の際は、素晴らしいテクニックを披露。
b0064411_02514106.jpg


ヴィヴァルディの四季の夏の演奏は、躍動感に満ちた、本当にわくわくするような演奏で、激しい嵐の様子などが目に浮かぶようでした。なんて斬新ですごい演奏でしょう。スペインでもこういう演奏が聴けるのをとてもうれしく思いました。

b0064411_02514145.jpg
アンコールには、四季から冬の第二楽章を演奏してくれました。
なかなか素敵なコンサートでうれしかったです。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
Commented by yokodak at 2015-04-08 23:14 x
ジル・コリヤール!昨年、日本でのベートーヴェン・ソナタ全曲リサイタルを聴きに行きました。そのとき奏者は知らなかったのですが、バロック・ヴァイオリンとピアノ・フォルテでの全曲演奏だというので、楽しみにして行きましたが、とても素晴らしかったです。伴奏の金子陽子さんも良かった!弱音の美しさ、表現力の巧みさに魅了されました。古楽的アプローチによるベートーヴェンは、意外にもとてもロマンティックでしたよ(でも全くいやらしさがないのです)。
私も5月にヴィヴァルディのスタバト行きます。聴き比べは楽しいですよね♪(今日は17世紀イタリア歌曲を大満喫!)コリヤールが弾くロカテッリのヴァイオリン・コンチェルト、聴いてみたいです〜。
Commented by gyuopera at 2015-04-09 17:49
yokodakさん、こんにちは。
ジル・コリヤールご存知でしたか! 日本にも演奏旅行をしているのですね。その人がこんな小さな教会でのコンサート、とても贅沢だったわけです。
彼は古楽専門ということですが、ベートーヴェンをそちらからアプローチして演奏したのですね。
ロカテッリのヴァイオリン・コンチェルト、素晴らしかった。全然宣伝もしてなかったので、たまたま前を通りかかってコンサートのことを知ったのですが、本当にこのコンサートを聞けてラッキーでした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2015-04-07 06:30 | オペラ、コンサート musica | Comments(2)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera