フランシスコ・ヴィーニャス国際歌唱コンクール開会リサイタル

今年もフランシスコ・ヴィーニャス国際歌唱コンクールが始まり、今日は市庁舎で開会式がありました。

b0064411_06512671.jpg
開会式は市庁舎で行われ、そのあと大体リサイタルがあるのです。入場無料なので、いつも長蛇の列。
今年の審査員の一人に、フランシスコ・アライサがなっていて、リサイタルは彼が歌うというので、行かないわけにはいきません。
7時開会で5時45分に行ったら、もう50人くらい並んでいました。 入場が始まった6時半には200人ほどが並んでいて、びっくり。

b0064411_06512621.jpg

市庁舎は長い歴史のある建物なので、内部がとても素敵です。

b0064411_06512645.jpg


b0064411_06512690.jpg

式の行われる広間は、14世紀のものです。

b0064411_06512684.jpg



b0064411_06514946.jpg

b0064411_06512612.jpg

初めに市長さんの挨拶と、開会宣言、それからもうひと方、長いスピーチをした方がいて、それからリサイタル。
b0064411_06514908.jpg

床のタイルが面白い。 左官屋とか手袋屋などのグレミオがあったんですね。
b0064411_06514938.jpg

アライサとは親しい友達なのですが、もう10年くらいあってなかったのに、全然変わっていませんでした。

b0064411_07013175.jpg

シューベルトやシューマン、シュトラウスなどのドイツリートと、オペラのアリアはチャイコフスキーの Kuda, kuda、それからトスティの5曲、最後にDein ist mein ganzes Herz(Lehar)をうたい、3曲もアンコールしてくれました。

b0064411_07013157.jpg

b0064411_07013187.jpg

あんなに好きだった彼の声ですが、今聞くと、昔と同じなんですが、なんだか古めかしいような…? レンスキーの Kuda kudaはちょっときつかったみたいでしたが、トスティは歌いやすいようだし、最後のDein ist…はお得意だし、ブラボーが飛びました。もっとも私自身が、テノールの張り上げる声が、苦手になってしまったこともあって、喉は大丈夫かなんてハラハラしました。

リサイタルの後挨拶に行ったらとても喜んでくれて、久しぶりに会ったので思わずハグ! 「セルフィー撮ろう」と言って自分の携帯で撮りましたがうまくいかなかったみたいで、ちょうど入ってきた人に頼みました。

b0064411_07013166.jpg

b0064411_07124724.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2015-01-19 06:00 | オペラ、コンサート musica | Comments(0)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera