14世紀の遺跡のあるお店

前回、シナゴグのことを書きましたが、シナゴグはユダヤの礼拝所で、礼拝の前には身を清める場所(スペイン語ではbanyo, 直訳すればお風呂になります)があり、男性用と女性用がありました。
当然ここにもあったわけで、それが奇跡的に残っているのです。

まず男性用は、Banyos Nous12番地のお店の奥。
入口は洋服とかアクセサリーとかが並び、奥に行くに従ってインテリアのものが並んでいますが、さらに奥に行くと家具売り場になっていて、その一番奥に

IMG_5294
 
遺跡があります。

IMG_5295
 
本当にお店の中にあるんですから
IMG_5296
 
ちょっと見えませんが、この植物の下に、今は板をかぶせてありますが、男性用のお風呂の跡があるのです。

IMG_5297
 
初めてこのお店のこの部分を見たときはびっくりしましたね。
これ、絶対遺跡だ!と思っていたら、それからしばらくして、新聞に、ここは旧ユダヤの男性が、礼拝の前体を清めた場所の跡、と記事が載っていました。 

それでは女性は?ということになると、これが、カフェCaelumの地下に残っているんです。
caelm2
 
caelm
 
今はカフェになっているのですが、この壁や天井を見れば、すぐ遺跡とわかるでしょう。

本当にバルセロナは面白い町。

この記事もショップブログに書いたのですが、やっぱりバルセロナ便りに書いた方がよかったかな、と思って転記しました。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ ジモモ バルセロナ
Commented by efendi at 2014-04-08 16:33
これはすごい、未だに活用されている遺跡とは、素晴らしい。
ちなみにこちらでもお風呂をBanyoと言います、もっぱらハマムじゃないの?と思われがちですがあれはサウナ、でしょうね、直訳すると。
しかしバルセロナの気候と地質がこういった遺跡には最適なんでしょうねぇ。
Commented by gyuopera at 2014-04-09 02:22
♪ efendiさん、こんばんは。
そうですか、そちらでもbanyoって言うんですね。きっと語源はアラブのものなんでしょうね。
ここが残っていたのは本当にラッキーだったとしか言えません。個人のお店なのですから、壊されたかもしれませんもの。
この辺りの道は曲がりくねっていて、建物の中に、四世紀のローマ市壁が入っているところもあちこちあるし、すごく面白いです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2014-04-07 21:09 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(2)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera