Diagonal大通りの麦わら帽の男の子の泉水

バルセロナで一番交通量の多いDiagonal大通りと、グラシア大通りが交わったあたりに
b0064411_04245892.jpg

私の大好きな泉水があります。

b0064411_04245858.jpg
b0064411_04245913.jpg
b0064411_04245957.jpg
b0064411_04245949.jpg
b0064411_04245816.jpg

麦わら帽をかぶった男の子が腹ばいになって
b0064411_04285592.jpg
手にはカエルを捕まえている
b0064411_04285567.jpg
この作者はJosep Campeny i Santamaria(1858-1922)。
カタルーニャで活躍した彫刻家で、バルセロナのLonjaとパリで学び、その仲間にはJosep Llimonaやメイフレンがいます。

1911年に、この彫刻が一等賞になり、ロベルト宮の前に設置されることになりました。
"Font de la Granota" という名前が付いています。

同じ作者の泉水で、他にも "Font del Trinxa"
b0064411_04285513.jpg

"Font del Noi dels cantirs"(水甕を持った少年)

b0064411_04285559.jpg
"Lucha entre Hercules y el aguila" これは泉水ではなく、彫刻のみ。
b0064411_04293813.jpg
私はやっぱり、麦わら帽のカエルを持った男の子の像が一番好き。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ ジモモ バルセロナ
Commented by ぽん at 2014-03-27 15:28 x
こう特集されてると面白い!と気づきます☆
さり気ない街中の彫刻とか、歴史感じて素敵でしゅよねぇ~
こちらで一生懸命やっても、それは最近作った物・・・
そちらヨ~ロッパ物とは全然違って、歩いてるだけでもそうゆうのが目に付いて鑑賞できるって羨ましいでしゅ☆
Commented by gyuopera at 2014-03-27 16:01
♪ ぽんさん、おはようございます。
バルセロナは町のいたるところに彫刻が置いてありますが、政治家とかの像はごくわずかで、ほとんどがこうした普通の人物の彫刻です。そしていずれも100年くらい前のものです。
日本でも最近町の中にある彫刻がずいぶん増えたようで、いい傾向ですよね。最近の作品でも、うまく町に溶け込んでいればいいのではありませんか?
ここは本当に散歩していて楽しいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2014-03-27 06:22 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(2)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera