ラバル地区の工場跡

2年前に、Tinell広間で ”Indianas" の展覧会のことを書きました。


インディアナは、コットン布に模様を印刷したもので、18世紀から19世紀にかけてのバルセロナの主な産業となりました。
b0064411_06060664.jpg
b0064411_06445534.jpg

ラバル地区には、その工場が集まっていたのですが、その跡を訪ねてみました。

b0064411_06085421.jpg
狭い通りに建っている、今は普通のアパートのように見えますが、当時の工場だったところで、上階に労働者たちが住んでいました。
b0064411_06122584.jpg
大きな扉などを見ると、普通のアパートではないことがわかります。

b0064411_06085468.jpg

b0064411_06122644.jpg
b0064411_06122518.jpg
b0064411_06122560.jpg
b0064411_06122510.jpg
b0064411_06122516.jpg
b0064411_06122572.jpg
b0064411_06122543.jpg
ラバル地区はいつも、国外から来た労働者たちが住む地区でした。工場が市外に移転した後、チノ地区と呼ばれ、無法地帯のような場所でしたが、今ではホテルやフィルモテカなどができ、だいぶ危険度も少なくなってきました。それでも、あまり夜の一人歩きはしたい地区ではないですね。
b0064411_06181407.jpg

emoticon-0159-music.gif Music for a whileのCD + DVDプレゼントにご応募くださった方の中から、抽選でM.T.様が当選なさいました。本日発送いたしましたので、お楽しみに。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ ジモモ バルセロナ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2014-03-20 06:58 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(0)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera