旧サンタ・クルス病院

旧サンタ・クルス病院は、昨日ご紹介した「慈悲の家」のすぐ隣に建てられた、15世紀の建物です。ここには、カタルーニャ州立図書館、美術学校、薬剤師養成学校、テアトロが入っています。
内部の詳しい記事は、以前のブログにあります。

四方を建物に囲まれ、真ん中に広いパティオがあります。

正面のアーチの入り口がパティオ入口。
b0064411_05120856.jpg

その手前右手にあるのが Casa de convalecencia
b0064411_05031621.jpg
こちらも内部の写真などが以前のブログに載せてあります。きれいな回廊があります。
 http://gyuopera.exblog.jp/20149168/

左手が王立薬科アカデミー。解剖などをしたところで、とても興味深いところ。
b0064411_05120817.jpg
以前のブログで、内部を詳しくご紹介しています。
 http://gyuopera.exblog.jp/18396114/
 
さて、旧サンタ・クルス病院のパティオに入ります。
このパティオ、Rubio i Lluch公園というんですって。私の住んでいる通りの名前!
b0064411_05031671.jpg
内部は公園になっていて、市民の憩いの場です。真ん中に十字架が建っています。
b0064411_05194028.jpg
これは1591年に建てられたのですが、内戦のとき破壊され、1939年に再建されたもの。
サンタ・クルス病院は、男性病棟と女性病棟に分かれていて、こちらが男性病棟だったほう
b0064411_05200857.jpg
こちらが女性病棟。今は両方とも州立図書館。
b0064411_05193970.jpg
建物の一部に美術学校が入っています。
b0064411_05243723.jpg
Hospital通りの出入口
b0064411_05243710.jpg
Hospital通りから見た入口
b0064411_05461891.jpg
b0064411_05244937.jpg
隅にバールがあって、お昼も食べられます。
b0064411_05243618.jpg
この辺りを見ると、建設年代が違うのがわかります。
b0064411_05244990.jpg
アント二オ・ガウディがトラムにはねられた時、身分証明書のようなものは携帯していなくて、身元が分からなかったので、この病院に運び込まれたのです。
そしてここで亡くなったのですが、壁の目立たないところに、プレートがあります。
b0064411_05243733.jpg
ほとんど見えないくらいですが
b0064411_05243748.jpg
「この建物の中で、1926年、建築家アント二オ・ガウディ死亡」
b0064411_05243726.jpg
いまではのどかな風景ですが、さまざまなドラマがあったのですね。
b0064411_05243752.jpg
↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ ジモモ バルセロナ
Commented by ぽん at 2014-03-18 13:38 x
旧病院を図書館にして、見学させてくれるだなんて、歴史があるからこそ、出来る事なのかなぁ~って思いながら観させて頂きました。
日本の旧病院はそのまま廃墟で、それはそれで、廃墟好きにはたまらない場所になっちゃったって感じになってる状態でしゅよねぇ~
Commented by gyuopera at 2014-03-18 16:30
♪ ポンさん、おはようございます。
この建物は15世紀のものですから、大変歴史的な価値があります。修復された内部は非常に美しく感動的です。それを今も実際に使っているわけですから凄いですよね。古いものを保存しようとする努力があるからこそだと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2014-03-18 06:45 | 建物 edificio | Comments(2)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera