リセウ劇場のオペラ 「トスカ」

日曜日の午後は、リセウ劇場で プッチーニのオペラ「トスカ」を見ました。

b0064411_05574993.jpg
午後6時からの開演です。日曜日は早く始めてくれるので助かります。週日だと8時始まりですからね。

3階のほぼ真ん中の席。ステージがとてもよく見えます。平土間よりいいですね。
b0064411_05575010.jpg
b0064411_05575055.jpg
b0064411_05575054.jpg
歌手も知らなかったし、正直を言って、あまり期待してゆかなかったのですが、予想を裏切って、なかなか見ごたえ聴きごたえがありました。
まあ、プッチーニはオーケストラが厚いから、歌唱の方はあまり気にならないんですけどね(笑)。演出・ステージングがとても素敵でした。

第一部は教会の礼拝堂の内部。
b0064411_06430181.jpg
手前左が、カバラドッシが絵の制作をしているところ。

オペラのステージ写真は、例によってリセウ劇場のHPからですが、今回は小さな写真しかないんです。

第一部、教会の礼拝堂の内部ですが、なぜかカバラドッシやトスカがいるところの写真がないんですけれど。
b0064411_06051219.jpg
テ・デウム
b0064411_06051282.jpg
b0064411_06051200.jpg
最後に一人スカルピアが残るんですが、ここで第一幕の終わりで休憩になります。

休憩後幕が開くと、同じシーンで始まるのです。
すると、その弧を描いた大きな壁がゆっくりと回転して、裏返しになるとスカルピアの執務室になるのです。目の前で舞台が変換されるのを見るのはなかなか面白い。

b0064411_06430153.jpg
スカルピアの部屋になった時は、窓に人の顔の一部が写って不気味。

b0064411_06051211.jpg
b0064411_06051277.jpg
b0064411_06051252.jpg
トスカもスカルピアも熱演!熱唱! もうすこし繊細さも欲しいけれど、オーケストラのおかげであまり目立たないというか。トスカがナイフでスカルピアを殺し、赤いカーテンで覆い、幕が下ります。

で、第三部は、また第二部の終わりの、スカルピアが横たわっていることろから始まります。で、どうなるのかな、と思っていると、例の大きな弧を描いて立っている壁が、ゆっくり右側に引っ込んだと思うと…今度はその壁が横になって、奥から出てくるのでびっくりしました。サンダンデル城のテラス、というわけです。考えたものですね。同じ壁を3回使っている。

b0064411_06430139.jpg
カバラドッシの短く美しいアリアも、もうすこし感情をこめて…なんて思うのだけれど、曲の美しさで、まあ、いいか。(内心、アラガイの歌唱がよぎります)。

で、トスカがやってくる。そして上にきていたドレスを脱ぐと、紫のスリップドレス。で、茶色のトレンチコートを着る(???)。 で、カバラドッシも遠目にはTシャツとスエットに見える(???)。
銃殺を執行する兵隊たちも、現在の警官みたい(???)。

b0064411_06051294.jpg
派手な銃声がして、カバラドッシが倒れる。
みんなが行ってしまうと、トスカが近寄って、本当に死んでいるので絶望、そこにまた警官が来て、トスカは向こう側に飛び降り自殺(トランポリンがあるのかな)。

b0064411_06051246.jpg
ステージもとても素敵だし、音楽とドラマに引きずられて、あまり歌唱の方は気にならなかったけど(すみません)、かなり良かったので結構楽しみました。
b0064411_05574973.jpg
昔はオペラの後はいつも遅かったのでタクシーで帰っていたけれど、今は地下鉄も遅くても平気だし、みんな地下鉄使ってますね。早いし。いい時代になりました。
来月は、リムスキー・コルサコフの「見えない街」。とても楽しみ。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ ジモモ バルセロナ
Commented by ぽん at 2014-03-11 16:06 x
やはり本場のそちらのだからこそ、見応えがありそうでしゅよねぇ~
こちらは日本人がやってるからあまり興味がにゃいのら・・・
でも外人だと何言ってるかわかんないもんなぁ~(笑
オペラ座的な素敵な館で、座席だけでも見応えありそうでしゅ☆
Commented by オペラ初心者 at 2014-03-11 19:20 x
突然のコメントすみません!
今年5月にリセウでオペラを観る予定です。まっったくのオペラ初心者なのですが、上演中は手元のパンフレットも読めなくなるくらい劇場内って真っ暗になってしまいますか? 英語にも自信がないので内容が分かる日本語の冊子を持っていく予定なのですが・・・。
Commented by gyuopera at 2014-03-11 20:33
♪ オペラ初心者さん、コメントありがとうございます。
オペラ上演中は、座席で物を読むことは無理です。あらかじめよく読んで、あらすじなど頭に入れておくとよろしいですね。できたらそのオペラの録音や録画を先に見て、内容がよくわかっていたほうが楽しめると思います。
5月というと、ワルキューレですね。あまりオペラに慣れていない方は、ちょっときついかも。上演時間は4時間45分です。
Commented by gyuopera at 2014-03-11 20:35
♪ ぽんさん、こんにちは。
リセウ劇場はオペラのための劇場です。普通の劇場とどこが違うと言えば、ステージと同じ大きさのステージが左右と後ろに付いているのです。ですから内部は非常に広いことになります。
日本でも外国のオペラ上演するときは、そのオペラが書かれた言葉で歌うと思いますよ。リセウ劇場はステージの上と座席の背に、翻訳が出ます。何か国語か出るので選べます。
この劇場はとても立派で、世界に誇れる設備だと思います。
Commented by オペラ初心者 at 2014-03-12 18:00 x
お返事ありがとうございます!
そうなんです、ワルキューレです。むむ。やはりその場でのカンペは無理なんですね・・・。
頑張って事前に勉強していきます!
ありがとうございました
Commented by gyuopera at 2014-03-14 00:03
♫ オペラ初心者さん、こんにちは。
もし初めて劇場で生のオペラを見るのでしたら、4時間45分のオペラはかなりきついかもしれません。でもワルキューレは大変ドラマチックで素晴らしいオペラですから、内容を把握していれば楽しめると思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2014-03-11 07:55 | オペラ、コンサート musica | Comments(6)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera