カタルーニャ音楽堂でNuria Rialのコンサートを聴く

昨夜は、カタルーニャ音楽堂で、ソプラノ、ヌリア・リアルとアンサンブル・ラ・フロリディアーナのコンサートがありました。

カタルーニャ音楽堂は、Domenech i Muntanerの設計のカタランアールヌーボーぎんぎんの建物です。
b0064411_08400584.jpg
b0064411_08394840.jpg
バルセロナに来て初めてこの音楽堂に行ったときは、あまりの装飾過多に、気になって音楽に集中できなくて落ち着かなかったのですが、慣れてしまうと、まあ、いいじゃないか、と思えるようになりました。

b0064411_08424602.jpg
b0064411_08424637.jpg
b0064411_08424649.jpg
b0064411_08424664.jpg
b0064411_08424610.jpg
b0064411_08424648.jpg
b0064411_08424638.jpg
以前は内部の写真撮影は一切禁止だったのですが、今回行ったときはみんな写真を撮り放題。で、注意もされないので、いまはOKなのかな?まあ、かなりの外人がいたんですけどね。
b0064411_08442171.jpg
b0064411_08442109.jpg
b0064411_08442189.jpg
b0064411_08442168.jpg
b0064411_08442105.jpg
b0064411_08442124.jpg
今回のコンサートは、ヌリア・リアルが歌うというので行ったのですが、どちらかと言えばアンサンブル・ラ・フロリディアーナの演奏の方が長くて、ヌリアさんは3曲しか歌いませんでした。
そのうちの2曲はレチタティーヴォもたっぷり付いていて長いものでしたが、3曲って、少ないんじゃない?

b0064411_08515204.jpg

ヌリアさんは、バロック音楽を主に、近年ヨーロッパじゅうで歌っている注目のソプラノです。目がくりっとして、とてもかわいい人ですが、下にアイラインを入れるとあまり似合わない。今回は真ん中分けした髪を、両サイドでピンで留めていたので、額の部分がきちっと四角になって見えて、なんだか変でしたよ。髪は垂らしていて、フリルのたくさん付いたボレロにロングドレスだったので、アダムスファミリーに出てくる人みたいで…
歌はとても上手なのだけれど、あまり服装には気を使わないみたい。チャーミングな人なんだけれどなあ。

アンサンブル・ラ・フロリディアーナは、チェンバロを弾くNicoleta Paraschivescuさんが結成したグループで、第一ヴァイオリンと第二ヴァイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバス、ファゴット、トランペット2、フルート・トラヴェルソ2、オーボエ・ダモーレ2とチェンバロの編成で、上品な演奏です。
主に、今まで知られていなかった作曲家の作品を発掘して演奏する活動を続けていて、今回もモーツァルトと同時期、ハイドンの弟子だったMarianna Martinesという女流作曲家の作品を主に演奏。
上品である程度はヴィルトゥオシスムも含まれていて、特に第一ヴァイオリンの音はそれは透明で美しかったのですが、選曲がチェンバロをフィーチャーしているから、正直言ってインパクトがないというか、演奏を聴いた後全然印象に残らない。
これをスピノジやファゾリスが指揮したらもっと違ったかもしれないけれど。

プログラムは
 第一部  Marianna Martines(1744-1812)
       Obertura en do        Allegro con spirito-Andante ma non troppo-Allegro spirituoso

       Il primo amore  (ヌリアさんの歌)Recitativo-Aria-Recitativo-Aria

  Concert per a clavicembal en Mi major Allegro-Adagio-Allegro

 第二部
  Wolfgang amadeus Mozart(1756-1791)
        Nehmt meinen Dank KV383   (ヌリアさんの歌)

      Sonata Fa major, KV13   Allegro-Andante-Menuette1&2

    Marianna Martines
           De Scelta d'Arie  "Berenice, ah che fai?" (ヌリアさんの歌)

       第二部の二曲目のモーツアルトのソナタは、普通フルートで演奏されるものですが、フルートのパートをチェンバロで演奏、ヴァイオリンとチェロが一緒に演奏。でもちょっと、インパクトない。フルートでずいぶん練習した曲だからかしら。
  
ヌリアさんの歌唱



休憩時間に、レストランの窓からモザイクの柱を鑑賞。一本一本全部違うんですよ。
b0064411_09305058.jpg
b0064411_09310524.jpg
b0064411_09311600.jpg

ヌリアさんは、あの心地よい声で歌ってくれましたが、2曲がそのMarianna Martinesの作品。別に悪いわけじゃないけれど、あまり印象的ではなかったのでやっぱり後世に残らなかったのも無理ないかな、なんて思ってしまって。彼女がMonteverdiやヘンデルを歌ったらとっても素敵なのに、もうすこし魅力的なプログラムにしてほしかった。
聴衆の方もあまり熱心に拍手しなくて、一応一曲だけアンコールがありあとはすぐ拍手が終わってしまいました。
そんなことで、ちょっと残念なコンサートでした。

彼女だけの動画があまりないので、
ヌリアさんとジャルスキーのデュエット、MonteverdiのPor ti Miro


Zefiro Tornara


こういうコンサートの方が楽しいわね?

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ ジモモ バルセロナ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2014-03-06 07:04 | オペラ、コンサート musica | Comments(0)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera