バロックコンサート

昨夜もまた、王の広場のコンサートに行きました。
タイトルが「コクテル(カクテル)バロック」
演奏するのは Ensemble Concertanti Barcelona。

会場に着くと、私がフルートを習っていた音楽学校の先生、モンセにばったりと会いました。

「今日演奏するグループの一人は、あなたが共演した人よ」

え~!? あのロシアのチェロの先生? コンサートで一緒にハイドントリオを演奏したことがあるんです。

彼女のおかげで、その日は2回分続けて聞くことができました。

アンサンブルの面々がステージに上がると、チェリストはこの間リサイタルを聴いたSvetlana Tovstukhaじゃありませんか。 

b0064411_648135.jpg

チェンバロ(エレクトーン)、チェロ、ヴァイオリンが2台、ビオラとフルート、という構成。

初めはバッハの管弦楽組曲第二番。第三楽章からなので、ちょっと物足りない。
フルートはそれは素晴らしかったですよ。 
b0064411_6511748.jpg


次がVivaldiの 2台のチェロのコンチェルトRV409
b0064411_655078.jpg

そうそう、左の金髪の人が一緒に演奏したOlga。
第一チェロのTovstukhaが上半身を大きく動かし、表情豊かに演奏するのに反し、Olgaはほとんど無表情で、体もほとんど動かさないで演奏しているのが対照的でした。
b0064411_6561143.jpg


b0064411_658829.jpg

b0064411_6585010.jpg

b0064411_6583095.jpg


それからVivaldiの バイオリンとチェロのダブルコンチェルトRV547

こんな曲です。



バイオリンとチェロの掛け合いがすごい。
ただ、ちょっとロマンティック演奏だったけれど。バロックですからね。
b0064411_711325.jpg


それからフルートコンチェルトRV435。 
これも吹いたような記憶があるけれど、あんなに早く演奏するんだ…

b0064411_765821.jpg


後で聞いたら、このグル―プは、ほんの何カ月か前にできたばかりなんだそうです。メンバーの半数が外国人。もちろんプロの奏者たちです。

なかなか楽しめたコンサートでした。

帰りは夜の人気のないゴシック街を突っ切って。

b0064411_791912.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
 ジモモ バルセロナ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2013-08-30 06:41 | オペラ、コンサート musica | Comments(0)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera