フルートコンサート

今日はまたレイアル広場のTinel広間の前のホールで、フルートのコンサートに行ってきました。

b0064411_552046.jpg


息せき切って駆け着けたのですが、今日は早い時間のコンサート、18時半だったので、案外人が少なくちょっと拍子抜け。

始まる前はまたゆっくり聖アガタの礼拝堂を見て
b0064411_5545037.jpg

b0064411_5561178.jpg
b0064411_5555852.jpg
b0064411_55545100.jpg
b0064411_5551936.jpg
b0064411_55599.jpg


さて、コンサートの始まりです。この前と同じ席に着きました。
b0064411_5571068.jpg


フルーティストはイタリア人のChristian Farroni、35歳の若手で、いまOBCのメンバー。
ピアノはガリシア出身のMaria Alonso-Allende.

b0064411_60365.jpg


曲目はCesar Franckの Sonata en La Major.
これは私も吹いたことがありますから、とても楽しみでした。

金の細い管からよどみなく流れ出る、一点の濁りもない音を聞いていると、同じ楽器を演奏しているなんて思えないくらい(笑)。演奏を聴いている、というより、ストーリーをわかりやすく聞いているように感じました。

もともとこのフランクのソナタはヴァイオリンのために書かれたのですが、今はフルート演奏でもとてもポピュラーな曲です。
この曲、すごい早いパッセージは別として、演奏していてとても気持ちがいいんです。
また、ピアノのパートも大変難しいうえに長いのです。音楽学校にいたころ、先生のピアノ伴奏で演奏した時のことを思い出しました。

b0064411_6143810.jpg

とても素敵な演奏でした。

つぎがA. Jolivet. 恐ろしくテクニックを要求する現代曲です。
ちょっと好んで聞くような曲じゃないんですが、彼は現代曲が得意らしい。

b0064411_6173987.jpg


ここでのコンサートを企画しているのがMas i Masといって、コンサートの日は、30分ずつ、18:30, 19:30,20:30と3回演奏されるのです。3回の曲目は同じ時もあれば違うときもあります。
コンサートはいずれも小ホールで、ソロやリサイタルが多いのですが、アンサンブルの時もあります。
30分と短く、一寸聞くのにとても良いです。お値段は1回10ユーロ。前売り7ユーロ。

明日のCoctel Barrocのコンサートも行こうかな、と思っているところです。

b0064411_6334988.jpg


興味のある方は、こちらでプログラムをご覧になれます。
 http://www.masimas.com/es/fundacio/programacion/conciertos-musica-clasica/barcelona

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
 ジモモ バルセロナ
Commented by siratamasira at 2013-08-29 12:26
こんにちは、いつも いいなぁ~っと思ってみています こんな
コンサートが身近に見れるなんて♫ 18時で早い時間なんで
すね!フルートは1人で演奏する方は体を大きく動かすのです
か?私はソロでフルートを弾く方が体を大きく動かして演奏して
いるのを見たとき えっ!っと思ったものでした^^ピアノの先生
に話したら うん、ソロだとね~ ってことでした ほんとうに
こんな素敵な場所でのコンサート いいですね^^°
Commented by gyuopera at 2013-08-29 16:05
♪ siratamasiraさん、おはようございます。
フルート演奏の時、体を大きく動かすか動かさないかは、演奏者によります。本当はあまり動かさない方がいいと教える先生もいますが、わざと動かしているわけではないから、その人が演奏しやすければそれはそれでいいでしょうね。
こちらではコンサートはだいたい20時に始まることが多いですが、21時、22時、と言う時もあります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2013-08-28 06:26 | オペラ、コンサート musica | Comments(2)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera