Bachcelonaのピアノリサイタル

Bach + Barcelona = Bachcelonaという音楽フェスティバルが今年初めてバルセロナで行われました。
7月25日から28日までの4日間、バッハの音楽をさまざまな面から楽しもうという試みです。

25日はバルセロナのカテドラルでオルガン演奏、26日は アテネアでのEulàlia Solé のピアノリサイタル、午後はSan Pau del Camp修道院での合唱コンサートおよび室内楽の演奏、夜は王の広場でバッハの舞曲の演奏を聴きながらの踊り、さらにサンタ・マリア・デル・マール教会での演奏会や、バッハの音楽に関しての講習会、ジャズのコンサートなど、盛りだくさんです。

私が行ったのはEulàlia Solé のアテネアでのリサイタル。

タイトルが "En el nom de Bach(バッハの名前の中から)" といって、彼女の新譜の紹介を兼ねたもの。
BACHという字は、それぞれ 変ロ長調、イ長調もしくはイ短調、ハ長調もしくはハ短調、ロ短調となり、その調の曲を平均律クラヴィーア曲集の前奏曲とフーガの中から演奏。


アテネアの建物は,Savassona男爵が1779年に建てさせたSavassona邸で、1904年~1906年に、現在入っているアテネアのために改装されました。

ホールまで上がるのに、こんなエレベーターに乗るんです。
b0064411_7221791.jpg


天井も素敵
b0064411_7225797.jpg


こんな部屋が横にあったりして
b0064411_7233925.jpg


この天井もすごい
b0064411_7252196.jpg


階段
b0064411_7254275.jpg


ホールの手前のスペース
b0064411_7241290.jpg


ホールの入口の前には、こんなポスターが
b0064411_77424.jpg


アテネアのコンサートホールはリサイタルなどにちょうどいいくらいの小ホール。
b0064411_764075.jpg


以前来た時よりきれいになっていましたから、改装したのでしょう。

演奏の前にインタビューがあり、Eulàlia さんは、とても控えめながら、バッハの曲には愛で満ちている、と語りました。

b0064411_7291264.jpg
b0064411_729432.jpg
b0064411_7285084.jpg


音楽を鑑賞している、というより、バッハの音楽とともに、とても良い時間を過ごした、といった気分でした。

帰りは階段で
b0064411_7304251.jpg

b0064411_7305516.jpg

b0064411_731548.jpg


b0064411_7312363.jpg

b0064411_7314736.jpg

b0064411_7322018.jpg

b0064411_7323747.jpg

b0064411_7325081.jpg


この日、夕方からサン・パウ・デル・カンポ修道院でコンサートがあったのですが、行ったらもうチケットはすべて売り切れで、入ることができませんでした。
バッハ愛好者は多いんですね。でも一つだけでも聞けて良かったです。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
 ジモモ バルセロナ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2013-07-27 23:06 | オペラ、コンサート musica | Comments(0)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera