Salon Tinellで16世紀の音楽を聴く

ゴシック街・王の広場にあるSalon Tinellは、1359年~1370年の間にセレモニーのための大広間として建てられた、旧王宮の一部の建物。そこで16世紀の音楽をやるというのですから、それはぜひ行かなくちゃ!です。

夜8時始まりで、7時半に王の広場に行ってみると
b0064411_7384013.jpg

もう結構長い列ができていて、びっくり。入場無料ですからね。暇人が多いのか・・・われわれもその仲間だけど。

Tinell大広間
b0064411_7403552.jpg


コンサートはFonics 2.0 Projecte Vというコーラスグループと、La Caravaggiaという管楽器のグループの演奏で、この日は公開リハーサルということで、みんな私服。
b0064411_17553530.jpg



楽器はすべてオリジナル楽器
b0064411_7441425.jpg


実はあまり期待してゆかなかったのですが、ハーモニーが素晴らしく美しくて驚きました。楽器もいい雰囲気です。

Youtubeにあるので、どんな感じの曲か想像がつくかと思います。







会場が石の当時の雰囲気そのものですから、目を閉じると、この広間でかつて行われた音楽の集いが浮かんできました。
演奏もかなり質の高いものでしたから、本当に興奮。ただし、一曲ごとの指揮者の説明が長すぎ。

b0064411_7554324.jpg
b0064411_755388.jpg
b0064411_7543521.jpg
b0064411_754411.jpg

b0064411_7532385.jpg


最後は、器楽奏者が演奏しながら真ん中から退場していく後を、聴衆が付いていきました。ちょうど、当時のセレモニーの後した様に、
b0064411_17582664.jpg

b0064411_17584122.jpg


終わったのが9時。外に出るとまだうす明りが残っていました。

b0064411_8141948.jpg

b0064411_8144970.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
 ジモモ バルセロナ
Commented by otebox at 2013-05-19 14:29
素晴しい!これが無料だなんて、まさにパライソ(極楽浄土なんて言わんでしょうから)、いい所にお住まいですね。石造りの広い空間に生音たちが立ち昇る・・・ああいいなあ。
Commented by gyuopera at 2013-05-19 18:05
♪ oteboxさん、こんにちは。
こんな感じのコンサート、日本ではなかなかないのではないでしょうか。私もあまり期待してゆかなかったのですが、その素晴らしいハーモニーにびっくり。とても良かったです。
この時代の音楽は、コンサートホールで演奏されたわけではなく、こういったところできいたわけですから、音楽と場所がぴったりでした。いいコンサートでした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2013-05-19 07:27 | オペラ、コンサート musica | Comments(2)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera