オレネタ城址公園へ1

久しぶりにオレネタ城址公園に行きました。
以前、ここを歩いていて転んで足の骨を折ったものですから敬遠していたんですけれど、やっぱりちょっと山の方を歩きたくなりましたのでね。

今一番咲いているのがこれ、ハナズオウ

b0064411_9173918.jpg

スペイン語では「ユダの木」とか、「愛の木」と呼ばれています。
b0064411_917583.jpg


さて、ぺドラルべス修道院に着きました。

この石畳の道、大好き。中世そのものなんですもの。
b0064411_9195317.jpg


こちらはもう少し新しくて1919年Enric Sagnierのプロジェクトで、14-15世紀の修道院の敷地内にあった住居を壊して新たに建てられたもの。 今はGòdia家の所有だそうです。
b0064411_405135.jpg


修道院前の広場の家からフジがあふれるように咲いて
b0064411_9291426.jpg


修道院の山側の出口から出て振り返る
b0064411_929586.jpg

カタランゴシックの鐘楼は、屋根がまっ平ら
b0064411_9304579.jpg


塔の付いた古い家を右に見て、オレネタ公園に入ります。
b0064411_93468.jpg


公園の広さは約17ヘクタール、1978年に公園になりましたが、ここにはオレネタ城というお城が建っていました。アクセサリーで有名なTous家が持ち主だったそうです。
19世紀の半ばに建てられたお城で、立派な礼拝堂を持ち、100人は座れる大きなダイニングルームがあったそうです。1936年の火災で焼失しました。

こんなお城だったそうです。(写真はfotosdebarcelonaさんからお借りしました)
b0064411_9595142.jpg


オレネタとはカタラン語で、ツバメという意味
b0064411_9345747.jpg


門柱の上に燕がいます。
b0064411_9353411.jpg

b0064411_9355547.jpg

b0064411_101280.jpg


こんな水飲み場のところから山の方に入ります。
b0064411_10386.jpg


b0064411_1025691.jpg


なるべく細い、道じゃないようなところを歩くと
b0064411_104795.jpg

ビンカが群生していました。
b0064411_105321.jpg

b0064411_1044240.jpg


あ~これなんていう花だったかな
b0064411_1075194.jpg
b0064411_1073619.jpg


ピンクの花も
b0064411_1083298.jpg


黄色いエニシダがいっぱい
b0064411_1091834.jpg


サボテンも一杯(笑)。
b0064411_1010672.jpg


もうプルーンもアーモンドも終わってしまって、花はあまり咲いていませんでした。
b0064411_1011867.jpg


つづく

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
 ジモモ バルセロナ
Commented by ぐらっぱ亭 at 2013-04-08 11:21 x
え、転んで骨折されたのところですか!気をつけてくださいね。かく言う小生も最近さすがに転倒しそうな機会が俄然増えました。特に酩酊時で夜道の千鳥足が一番危険。分かっていてもつい・・・。ところで、この水飲み場のデザイン、何と素敵なことか。ため息もの。カタルーニャの紋章でしょうか。
Commented by gyuopera at 2013-04-09 04:09
♪ ぐらっぱ亭さん、こんばんは。
年を取ってくると、何でもないところで転んだりすることが増えてくるんですよね。
足を折った時は、木の根っこがいっぱいあるところで、地面に小石がたくさんあって、それで滑って転んだんです。いやですねえ…
水飲み場のデザイン、なかなかでしょう。この写真を6枚も撮ったけれど、そんなに載せるのも変だから2枚にして置きました。紋章はバルセロナの紋章で、1996年以前のものに付けられています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2013-04-07 10:12 | 散歩 paseo | Comments(2)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera