Casa de Convalescencia、IEC

カタルーニャ州立図書館のある庭を、カルメン通りのほうに抜ける途中にある、Casa de Convalecencia(カタラン語研究協会本部), IEC.

この右手の建物です。

b0064411_625643.jpg


その向かいは王立薬科アカデミー
b0064411_6323086.jpg


IECは、普段は閉まっているのですが、この日はたまたま扉が開いていたので、入りました。

門をはいると、壁にタイル画があり、これは聖パウロの生涯と殉教の絵で、1670年に作られたもの

b0064411_6205445.jpg



奥に広いパティオがあって、回廊になっています。
b0064411_6133994.jpg


このパティオと回廊は、時々一般公開されるのです。

b0064411_6143378.jpg


真ん中の像は聖パウロ(1687)

このあたりの建物は、昔のCasa de Misercordiaだったところ
b0064411_6163493.jpg


パティオの四隅に、こんな浅い水路のようなものが

b0064411_6172078.jpg



b0064411_6184064.jpg
b0064411_6182274.jpg


回廊と言うのも好きだし
b0064411_618733.jpg


b0064411_6194868.jpg
b0064411_6193745.jpg
b0064411_6191936.jpg


ガラス戸を透かして中が見える
b0064411_6335935.jpg


パティオの入り口の扉
b0064411_6215213.jpg

何度も来ているのに、その素晴らしさに今回初めて気づいたかも


建物の入り口の扉を見て、あっと思った
b0064411_6233245.jpg


この取っ手、そっくりなのを見たことがあるから

b0064411_6242098.jpg


家に帰って写真を探したら、ありました。

これ

b0064411_6251028.jpg


実によく似ているでしょう。同じ所で作らせたのかもしれない。

この取っ手は、Montcada通りの Palau Dalmacesの門の扉に付いているもの。

Palau Dalmacesは、やはり門を入ったところがパティオになっていて
b0064411_6264395.jpg


付きあたりは今、Espai Barrocになっています。

Espai Barroc  Espai Barroc http://gyuopera.exblog.jp/10807215/

何度か来ているところでも、新たな発見があるものですね。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
 ジモモ バルセロナ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2013-03-14 06:38 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(0)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera