LullyとRameau,ルイ十四世・十五世の時代の音楽

リセウ劇場で, Jordi Savallのコンサート、久しぶりにいいコンサートでした。

b0064411_18484239.jpg

2月から6月までのFestival de Musica antigua de Barcelonaの34のコンサートの第一回目です。
b0064411_18524058.jpg

リセウはやっぱり音響効果がとてもいいと思いました。
オリジナル楽器の演奏ですから、現代の楽器のような大きな音は出ません。
b0064411_18522471.jpg

でも小さな音もはっきりと聞き取れました。

プログラムは 「ルイ十四世~十五世の時代の音楽」で、Jean-Baptiste Lyully(1632-1687)、Marin Marais(1656-1728),Jean-Philippe Rameau(1656-1728)の3人の作曲家の作品を一曲ずつ。

b0064411_8201686.jpg


まずLyully

b0064411_8183036.jpg



こちらはアンコールで演奏した曲

杖をどんどんと床に突きながら指揮をしていたのですが、誤って足にあたり、それがもとでLyullyは亡くなったそうです。


続くMarin Marais
b0064411_838869.jpg



そしてJean-Philippe Rameau
b0064411_8402355.jpg



こんな時代を連想して聞いてみてください。

b0064411_8305156.jpg


b0064411_834349.jpg


b0064411_8313188.jpg


b0064411_8334020.jpg


b0064411_8315996.jpg


ぐるぐる回す道具で風の音を出したり、さまざまな打楽器を使っていて、見ていてもとても楽しかったです。
歌手たちもよかったし~。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2013-02-16 08:02 | オペラ、コンサート musica | Comments(0)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera