バルセロネタの時計塔

バルセロナ港の東側、バルセロネタは昔の漁師たちの住む地区でしたが、そこにあるMuelle Reroj(時計埠頭)が、普段は埠頭に入れないところを、先日バルセロネタのお祭りがあった時、一般公開されました。

b0064411_7143812.jpg


豪華なヨットがたくさん停泊しています。

b0064411_7155475.jpg


この埠頭は今でも漁師たちが使っているところで、網などが置いてありました。
b0064411_745452.jpg
b0064411_7451961.jpg


バルセロネタは、漁師の住む地区として17世紀に建設され、埠頭には1772年、灯台が造られました。
やがてバルセロナ港が大きくなるにつれ、その灯台は不要になり、1904年、上に時計を付けて時計台として保存することになったものです。、

b0064411_7425459.jpg

 ↑ 写真の提供先: http://www.zerkowitz.es/

b0064411_748995.jpg
b0064411_7483217.jpg
b0064411_7484492.jpg
b0064411_7485899.jpg
b0064411_7492928.jpg

内部は公開の対象になっていませんでした。

バルセロネタにある古い教会Iglesia de San Miguel del Puerto 1755年
b0064411_845341.jpg



b0064411_7573657.jpg
b0064411_75843.jpg


1918年に建てられたCooperativa la Fraternidad
b0064411_7584843.jpg


b0064411_87243.jpg


b0064411_81482.jpg


この日は暖かく良いお天気だったので、散策が楽しかったです。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
Commented by siratamasira at 2013-02-10 20:33
こんにちは、時計台って何だかミステリーを連想させるイメージ
がありますね^^くっきりの空に建物が映えていてすてきです^^°
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2013-02-10 07:06 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(1)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera