バスの窓から1

バルセロナは東京や大阪のように大きな町ではないので、だいたいバスや地下鉄で目的地まで30~40分あれば行くことができます。
バスは車高が高いので、走りながら建物ウォッチングをするのはなかなか楽しいもの。
しょっちゅう窓から写真を撮っています。

Diagonalをまっすぐ走るバス

マリア・クリスティーナ広場で乗って
b0064411_191355.jpg


ディアゴナルをまっすぐ
b0064411_1103391.jpg


ショッピングセンター L'Illa
b0064411_814631.jpg


フランセック・マシア広場
b0064411_11229.jpg


デパート、コルテ・イングレス
b0064411_831173.jpg


b0064411_1145976.jpg


b0064411_1175083.jpg

b0064411_116472.jpg

b0064411_1185325.jpg

b0064411_1194110.jpg
b0064411_119591.jpg

b0064411_1202831.jpg
b0064411_1203888.jpg

b0064411_1212337.jpg

b0064411_1215374.jpg

b0064411_1232058.jpg


1911年、Puig i Cadafalch設計のCasa Pedro Company。内部はJoaquin Mirの絵で飾られているそうだ・・・
b0064411_863493.jpg


1915-1918年、Casa Miquel Sayrac、設計は息子のManuel Sayrac
b0064411_894494.jpg


b0064411_810961.jpg



b0064411_871051.jpg


b0064411_292421.jpg


GATCPACの創始者の一人、Ricardo Churruca設計の建物は1934-37年
b0064411_8113314.jpg


b0064411_2115153.jpg


1915年のCasa Maldonado、設計Antoni Millás y Figuerola
b0064411_8131392.jpg


この建物の最上階には、友人の弁護士が400平米のピソに一人で住んでいる
b0064411_2145583.jpg

屋上にはプールと人が泊まれるような小さな部屋、滝のある泉水、大きな植木をたくさん置いて散歩できるようにした憩いの場所。
b0064411_2155969.jpg


1928-32に建てられた大きなCases Joan Almirall。設計はFrancesc Guàrdia Vial
b0064411_2175341.jpg

b0064411_221453.jpg


Pompeia教会は1909年Enric Sagnierの設計で建てられたもの
b0064411_124843.jpg

b0064411_1251993.jpg


b0064411_2293929.jpg


1902‐3年の、これもJosep Puig i CadafalchのPalacio del Barón de Quadras
b0064411_2432024.jpg

もう少し下がると、 1904‐5年に建てられたPuch i CadafalchのCasa de las Punxes,
b0064411_2401516.jpg


すごい奇妙なSalvador Valeri Pupurull設計のCasa Comalat
b0064411_2472762.jpg


Diagonal大通りは町を斜めに突っ切っているので、一番南東の端は海のすぐ近く、Diagonal Marになります。そのあたりはまたいつか。

クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
Commented by posan at 2013-02-09 22:03 x
秋にバルセロナに行った時に、gyuさんの写真を思い出して眺めてたら発見。バルコニーの奥行きも上にいくにしたがって狭くなるんですね。不思議〜^_^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2013-02-09 06:53 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(1)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera