ゴシック地区の伝説5  旧ユダヤ人街

ゴシック地区の伝説ツアーで、旧ユダヤ人街に入ってゆきました。

ユダヤ人は、普通の人と違うことをする、といわれて、いつもゲットーを作って隔離されて住んでいたんですね。
違うことをするって、たとえば子供が学校へ行って読み書きや歴史などを学ぶ、毎週お風呂に入る、と言ったことなんだそうで、中世のころはそういうのは普通じゃなかったわけですね。

ローマの市壁の一部が残っているところ
b0064411_5473619.jpg


ひっそりと静まり返った通り
b0064411_5481516.jpg


今はすっかり改装されてカルチャーセンターになった「アルキミスタの家」
b0064411_549670.jpg


b0064411_610074.jpg


ここの家にまつわる悲しいお話は、以前書いたことがあるのですが、ガイドさんによって若干異なるので、もう一度書きましょう。

13世紀のころ、この家にはアルキミスタと呼ばれる賢者が娘と住んでいました。
ある時、キリスト教の若者が、このユダヤの女性に恋をしてしまいました。
相思相愛だったのですが、異教徒とは結婚できない決まりです。

思い余って心中することにし、若者はその賢者に、父とは知らず相談して毒を所望しました。
毒を花にしのばせ、そのにおいをかぐと、しばらくたってから死ぬという猛毒です。

若者はその花を娘に与え、娘は喜んで家に持って帰りました。
賢者が家に帰ってみると、そこに死んでいる娘を見つけたのです。

賢者は昼によるに泣き続けました。やがて、とうとう弱って賢者が死んでしまうと、誰もその家には近寄らなくなりました。

何年か経って、その家に住もうとした人がいました。
昼間は何事もなかったのですが、夜になると、水が苦くなったり、誰かが動き回る音がしたり、変なことが起こって、その人はとうとう逃げ出しました。

また何年か経って、その家に住もうとした人も、やはり同じことが起こり、それ以来その家は誰も住もうとしませんでした。

本の何年か前、この家を改装して、カルチャーセンターにし、発掘物などを展示して市民に開放していますが、係りの人は夜になると鍵を閉め、さっさと退散するそうで、あと何が起こるかは分かったものではないとか。

ユダヤ人街の後は、Baixada de Santa Eulalia通りに行きました。

ここで拷問を受けた聖エウラリアの像があります。

b0064411_6331100.jpg
b0064411_6332091.jpg



辺りはすっかり暗くなり、静まり返ったゴシック地区を歩くのはちょっとぞくぞくっとします。

b0064411_6341378.jpg
b0064411_6342726.jpg


カテドラルの裏側に回ります
b0064411_6344823.jpg


b0064411_635496.jpg
b0064411_636340.jpg
b0064411_6363769.jpg
b0064411_6364973.jpg


Paradis通りに入ると、古代ローマのアウグスト神殿の4本の柱が入っているところまで行きました。
もちろんこの時間は閉まっています。
b0064411_6394456.jpg


足元を見ると、このあたりが若干高くなっています。
古代ローマ時代、、このやや高い丘になったところに神殿を建てたのですね。

この柱については以前の記事をご覧になってください。詳しく書いてあります。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
Commented by doumasu410 at 2012-08-16 20:39 x
霊気が漂う通りの気がします。

お盆になるといろんな話が日本でも話されます。
確かにいろんな話を聞くと妙な気分になってきます。

今年は一周忌と初盆で忙しい8月でした。
15日近くの川に母を「精霊送り」をしてきました。

また来年帰ってくるでしょう。
今年の8月風鈴がよくなっていました。
きっと母が帰ってきたのでしょう。

親戚が集まって昔話で賑わいました。
Commented by Tipi at 2012-08-17 05:04 x
qyuさんのブログいつも勉強になります。歴史を知っているのと知らないのとでは街の印象が違って見えてきますね。今回もとっても為になりました。感謝です^^
Commented by gyuopera at 2012-08-17 13:31
♪ doumasuさん、おはようございます。
写真はボケボケが多かったんですが、冷機が漂う雰囲気がする気がして、あえて載せました。一人で夜歩くことはめったにないので、このときは歩きながらたくさん写真を撮りました。
今年は法事でお忙しかったのですね。死者の霊が帰ってくるお盆と同じに、こちらも11月1日がその日に当たります。どこの国でもそう考えられているんですね。
Commented by gyuopera at 2012-08-17 13:40
♪ Tipiさん、おはようございます。
ガイドさんは話し上手なので、本を読んだだけよりも面白いです。歴史の長いところって、本当にいろいろあるから興味深いです。
バルセロナのユダヤ街は、14世紀の終わりに、町の人々に襲撃されて壊滅させられたという、恐ろしくも悲しい歴史があります。そのことが、いっそうこの地区を独特の雰囲気で包んでいるように思います。ほかにもシナゴグの話などありますが、今回は触れませんでした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2012-08-16 07:49 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(4)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera