ゴシック地区の伝説1 Puerta de Angel通り

ガイドが説明しながら町を案内してくれるシリーズ、Leyendas de Gotic (ゴシック地区の伝説)に参加しました。

こういうガイド付きの散歩は何度か参加していますが、今回は小さなレシーバーとイヤホンを各人に配ってくれ、ガイドの説明が直接耳に入ってくるので、聞こえにくかったりということが無く、これはいいなと思いました。

夜8時、集合場所に行ってみると、もうすでに20人あまりの人たちが待っていました。
ガイドのJordiを先頭に、ぞろぞろとPuerta del Angel通りに向かって歩いてゆきました。

b0064411_4593829.jpg


Puerta del Angel, つまり天使の門とは何ぞや? 

中世の時代、バルセロナは市壁に囲まれた町でした。北の端の方の門が、ちょうどカタルーニャ広場とPuerta del Angel通りにあって、夜になると門を閉めたのです。
時は15世紀、その門のところにビセンス・フェレ、のちに聖ビセンスとなる人ですが、その人が立っていると、門の上に突然、長い刀を持った天使が現れました。
驚く聖ビセンスに、天使は言ったそうです。

「恐れるなかれ。私はこの街を守っている天使である」

その後、バルセロナはペストが流行し、多くの人が亡くなりました。
聖ビセンスは、あのバルセロナを守っている天使を思い出し、熱心に祈ると、ペストは下火になったそうです。
それで、その門の上に、刀を持った天使の像が作られて置かれました。

その後、中世に作られた市壁は19世紀に取り壊され、その天使の置く場所が無くなり、どこかの教会に安置されたのですが、複製がPuerta del Angelの入り口からほど近いところに置かれました。

それがこの像です。

b0064411_458112.jpg


b0064411_457628.jpg


b0064411_4575663.jpg


この像に気付いた方ありますか?案外少ないんじゃないかな。

b0064411_459878.jpg



そうそう、Puerta del Angel通りには、カナレテと呼ばれる泉水も有名ですね。

ちょっと逆光で見にくいかな
b0064411_51311.jpg


b0064411_512774.jpg


これはコピーされて、あちこちにあるらしいです

b0064411_521280.jpg


b0064411_523374.jpg


さて次は…また明日。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2012-08-12 07:28 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(0)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera