「Titanic」展

かねてから評判の、海洋博物館の「タイタニック」展、行ってきました。

b0064411_3435493.jpg


今日はかなり雨が降っていて、こういう日はだいたいバルセロナっ子は外に出たがらないから絶好のチャンス!と思い、開館そうそう行ってみると、案の定、切符売り場に並んでいる人はごくわずか。

b0064411_346836.jpg

入場料はこれだけで12ユーロ。安くはありません。

展示場に入るところは、ちょうどタイタニック号が出版する前の写真を写しだしていて、古いトランクや、樽、木箱などが積まれて、自分もタイタニックに乗るような雰囲気です。こういう演出、楽しい。

b0064411_3485115.jpg
b0064411_349632.jpg
b0064411_3492018.jpg


入場はひと組ずつで、何をやっているのかと思ったら、展示会の入り口がちょうど乗船口のように作られていて、乗船するところの写真を撮ってくれるんですね。
これは後で買ったのでお見せしましょう。

b0064411_391640.jpg


残念ながら、展示会場は撮影禁止。
カタログに載っていたサイトを見ると、この展示会の写真がたくさん出ているので、それをお借りしました。


まず、タイタニック号は、イギリスのWhite Star Lineという船会社が1911年に造った、大西洋横断の世界最大の豪華客船でした。

b0064411_312504.jpg

b0064411_3134424.jpg


b0064411_4112181.jpg
b0064411_4114315.jpg
b0064411_4123059.jpg

b0064411_4134747.jpg




展示会場はこんな感じ
b0064411_1195856.jpg


大きな模型
b0064411_7512992.jpg

b0064411_3124829.jpg


館内はまるで船内にいるように作られているところもあってどきどき。
船内のレストランとその実物の椅子
b0064411_1234078.jpg


b0064411_3141621.jpg


b0064411_126161.jpg


そのドア
b0064411_1262796.jpg


ファーストクラスの廊下はそのまま再現
b0064411_1235565.jpg

b0064411_312293.jpg


見事な階段
b0064411_1175133.jpg

映画のTitanicでは素晴らしくうまく再現していましたね。

ファーストクラスの船室は8種類のデザインがありました。これはそのひとつ
b0064411_1184227.jpg


セカンドクラスの船室の洗面台
b0064411_1271775.jpg


サードクラスの船室
b0064411_1284214.jpg

サードクラスは移民の人たちが多かったようです。
b0064411_315497.jpg


最後までSOSを送っていた通信室
b0064411_3155779.jpg


船で使われていた望遠鏡
b0064411_3162251.jpg


ベンチ
b0064411_1273825.jpg


デッキチェア
b0064411_1275916.jpg


展示されていた中にあったインク瓶が、なんと私が持っているものと同じだったんですよ。もっとも船会社のロゴは入っていませんが。
b0064411_757371.jpg


ほかにもシャンデリアや洗面台、食器やカトラリーなど、タイタニック号に使われていたものが展示されていました。

船室のドア
b0064411_1191944.jpg


洗面台
b0064411_1381750.jpg


チョコレート用のポット
b0064411_140836.jpg

使われていた食器と時計
b0064411_1303378.jpg

b0064411_1432691.jpg

b0064411_131416.jpg

1912年4月10日12時、サザンプトンを出港したタイタニック号は、初航海、かつ最後の航海となりました。
アイスバーグに衝突して沈没、乗客および乗務員合わせて2208人のうち、助かったのは705人、死亡者1503人、死因の90パーセントは凍死。

b0064411_851196.jpg


b0064411_854610.jpg


アイスバーグの模型(?)


犠牲者のIsador氏とIda婦人
b0064411_1424340.jpg


当時、この事故を報道した新聞がいくつもありましたが、みんなそれぞれ内容が違っていたそうです。
b0064411_8235740.jpg


遺品

b0064411_131334.jpg

b0064411_1385924.jpg

b0064411_891451.jpg

b0064411_893958.jpg
b0064411_895251.jpg
b0064411_810567.jpg

b0064411_3111538.jpg


海底に沈んだタイタニック号
b0064411_8103127.jpg
b0064411_8104322.jpg
b0064411_811832.jpg


見終わると、すっかり興奮状態。

出口で、入った時撮ってもらった写真を買いました。
b0064411_8122589.jpg

まるで乗船切符のようです。
b0064411_813372.jpg
b0064411_8132172.jpg


タイタニック展の入り口には、かなり長い列ができていました。

外に出るとまだまだ雨はやみそうもありません。

でも子どもたちは木の世界初の潜水艦の周りで遊んでいました。
b0064411_8144848.jpg


ウ~ン、やっぱり見てよかった!

追記

タイタニックの生存者の一人、Violet Jessopさんは、このほかにも2度の船の遭難を体験していたそうで、いずれの場合も生存者の中に入っていたということです。運の強い女性だったのでしょうね。

b0064411_824219.jpg


タイタニック号の女性のクルーの写真
b0064411_825155.jpg


彼女はこの三回の航海でいずれも事故にあっているそうです。
b0064411_8254919.jpg



↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
Commented by ぐらっぱ亭 at 2012-04-05 15:35 x
これ、バルセロナで今やってんですか。すばらしい展示会ですね。羨ましい!先月、愛蘭土へ旅行したのですが、最初がベルファスト。タイタニックを造った造船所があるのですが、郊外を回る日程で、ドックの近くを回ることもなく、次の目的地へ。あの頃のアイルランドの操船技術は相当高かったようですね。
Commented by r at 2012-04-06 00:32 x
このところ日本は台風並みの強風で大荒れでしたが、バルセロナは天気が悪いみたいですね。
復活祭の連休中だと思いますが、天気がよくなるといいですね。

タイタニック展、海洋博物館で12ユーロだと結構なお値段ですね。
でも、見るだけの価値があったみたいですね。

前に海洋博物館行った時に、レストランで食事してよかったので、いつかまたいってみたいと思ってます。
Commented by gyuopera at 2012-04-06 02:11
♪ ぐらっぱ亭さん、こんばんは。
これ、ヨーロッパのあちこちでやっていたようです。うまく企画された、なかなか見ごたえのある展示会でした。
こんなすごい豪華客船を作ったのはベルファストの造船所ですか。
沈んでしまって本当に残念でしたね。
つい最近も、イタリアで豪華客船が岩礁にぶつかって遭難しましたね。当分船旅は見合わせる人も多いかもしれません。
Commented by gyuopera at 2012-04-06 02:14
♪ rさん、こんばんは。
先ほどやっと雨が上がりましたが、毎年semana santaは天気が悪いと相場が決まっているようです。
こういうときこそミュージアムデー!と出かけたのが正解でした。でもピカソのほうは長蛇の列!観光客は雨だってとにかく見なくちゃ、ですものね。
海洋博物館、今修復中で、全部は見られないようです。あそこの階段を上がっていくレストラン、素敵でしょうね!まだ試してないんです。
Commented by ぽん at 2012-04-06 11:13 x
運の強い人・・・ 逆に言えばこの女性が乗ると事故が起こると言う運も・・・

この物品類の展示会はデッカイドウでも以前やってて、見た事ありましゅ。
こちらから持って来たのかはわかりませんが、見ました。

映画も大好きだったので、確かに興奮しましたね。
で、最後のお写真、ご本人様?☆
Commented by gyuopera at 2012-04-06 15:30
♪ ぽんさん、おはようございます。
3度の層なんでいずれも生き残ったこの女性は、大変美人だったそうで、その美しさの故、船内でいろいろトラブルもおこったそうな。
それにしても、大変なことですね。
最後の写真は展示会に入るとき撮ってくれた写真です。
ところで映画のタイタニック、近年のデカプリオの映画の以前に、やはり同盟の映画を製作しているんですね。Youtubeにあったので、とても興味深く見ました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2012-04-05 16:42 | 展覧会、展示会 exposition | Comments(6)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera