San Agustin Nou教会

ランブラス通りからHospital通りに入ると間もなく左手にある広場にある教会、San Agustin Nou教会

b0064411_3385837.jpg


実はSan Agustin修道院というのがRibera地区にあったのですが(今でもカルチャーセンターとして残っていますが)、1714年に、シウダデラの建設のために、壊さなければいけなくなって、それでラバル地区の今のところに移ったのだそうです。だから名前の最後にNou(新しい)と付いているんですね。

修道院として建設が始まったのが1728年。回廊などもある大きな修道院でしたが、教会関係の建物がどんどん壊されて行った19世紀、かなりの部分が壊されて、今は教会部分しか残っていません。

正面の上のほうがどうしてあんなにぼこぼこしているのかしらと思っていたら、まだ完成してないんだそうです。

b0064411_431081.jpg

紋章だけは嫌に立派なんですけどね。これはボルボンの紋章らしい

b0064411_347682.jpg


それに横に回ってみると、

b0064411_3472526.jpg


まるで傷跡のような壁

これは中世の市壁を壊したあとなのだそうです。ここが境だったのですね。

b0064411_3525837.jpg


内部はかなり広い

b0064411_433944.jpg


b0064411_3535689.jpg


b0064411_355694.jpg


b0064411_3541267.jpg


とても美しい聖母像
b0064411_3555228.jpg
b0064411_3561211.jpg


こちらの聖母は、このセマナ・サンタ(イースター)で、また山車に乗せられゴシック街をめぐることでしょう。

b0064411_45025.jpg


セマナ・サンタは来週の月曜日まで。学校はお休み。でもお天気は悪いらしい。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2012-04-04 15:36 | 建物 edificio | Comments(0)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera