バルセロナのローマ遺跡

古代ローマ帝国は、ヨーロッパを広く含み、アフリカの北まで領土でしたが、その文化は隅々まで行きわたり、スペインの西の端にあるメリダにも、素晴らしいローマ遺跡があります。

このあたりではなんといってもタラゴナが大都市でしたが、カスティージャ・ら・マンチャ地方にもたくさん遺跡があるそうで、マドリッドに住んでいた時は全然そんな話は聞かなかったので、とても残念に思いました。

トレド県のCarranqueには、見事なモザイクがたくさん残っているということです。

 興味のある方はこちら⇒http://www.arqueomas.com/peninsula-iberica-ruralizacion-parque-de-carranque.htm
b0064411_213222.jpg

さらに最近、世界中から集めた貴重な大理石のコレクションが見つかったそうで、話題を呼んでいます。

ローマ時代、バルセロナはバルキーノと呼ばれた本当に小さな町でしたから、遺跡も小規模ですが、ユニークなのは町の中心のゴシック外の地下が全部ローマ時代の遺跡になっているということ。もっとも、実際発掘され見られるのはごく一部ですが。

最近Regomir通りの、ローマ時代の海に向かって開けられた門の横の、市壁の外側にあったテルマ(公共浴場)部分があらたに公開になりました。

ローマ時代のバルキーノはこのようにちょうどゴシック街がすっぽり入る市壁で囲まれていたわけですが
b0064411_22585127.jpg


海側に門があって
b0064411_22483939.jpg


その門がまだ保存されているわけです。

見えている門のほうは、人が通るための小さな門
b0064411_22502627.jpg

その横の土台が門の土台
b0064411_22511684.jpg

こちら側からは土台しか見えませんが
b0064411_22514249.jpg

外から見ると
b0064411_22595050.jpg


隣の建物の中に、門が埋まっていたんですね。

現存する建物の中にこのばかでかい丸い塔が埋まっていたなんて考えられますか?

この建物の中に入っているんです。
b0064411_1212960.jpg

入り口
b0064411_1224895.jpg


b0064411_22541157.jpg


b0064411_22524926.jpg



あまり近くてうまく写真が撮れないけれど
b0064411_115817.jpg

b0064411_1385998.jpg


これが先ほどと反対側の土台部分です
b0064411_22572819.jpg

b0064411_5143729.jpg


b0064411_1414659.jpg


市壁には四角い塔が10メートルごとに作られていましたが、門がある塔は丸いんですね。

で、南側の海に面した所には、Castellと呼ばれるちょっと出っ張ったところがありましたから、ほかの門と違って、左右の壁が門をはさんで直角になっている
b0064411_1184499.jpg


これはカステルムの一部
b0064411_12058.jpg

b0064411_1364645.jpg

壁は水を運んでくる水道橋の一部の跡みたいなアーチが見えます
b0064411_594182.jpg

b0064411_5161890.jpg


で、このあたりにテルマ(公衆浴場)があったんです。
公衆浴場といっても大きくて、日本のお風呂屋さんとは違います。

丸い黒いのが塔ですね。黒く塗ってある部分は現存している部分
b0064411_1294410.jpg


まあそんなにたくさんの部分が残っているわけではないから想像をたくましくしないといけませんが

この部分は冷水の浴槽
b0064411_1315438.jpg


塔の横に熱い湯の浴槽があったのですが、ほんの一部しか残っていません。
b0064411_1352347.jpg
b0064411_1353250.jpg
b0064411_1355254.jpg

b0064411_1411919.jpg

b0064411_138072.jpg
b0064411_1382410.jpg


外側には市壁が続いています。
b0064411_1402967.jpg

b0064411_14249100.jpg


で、その壁の上には建物が建ってる
b0064411_143381.jpg

13世紀にマルク家が市壁の上に家を建て、14世紀にグアルバ家に売り渡し、18世紀まで続いたが、そのあとジモーナ家の持ち物となる。

建物の中には、今でもマルク家とグアルバ家の紋章が見られる
b0064411_5262656.jpg


鉄の梯子をあがっていくと、塔の上のほうまで見え、発掘品なども少し

紀元1世紀の柱頭で、アカンサスの葉のデザイン。モンジュイックノ山から切り出した石で彫られています。
b0064411_5181881.jpg

こちらも紀元1世紀で、ライオンの頭の彫刻が付いている
b0064411_5281315.jpg

アンフォラ。一つはカルタゴのもので、5世紀。
b0064411_5284876.jpg

よく見ると、櫛目のような模様が入ってますね。
b0064411_543991.jpg


ちょっと面白いのが1861年のレゴミール通りの絵。建物はびっしり建っているけれど、ローマの丸い塔がはっきり見える
b0064411_5345990.jpg


で、1862年に描かれた絵には、その丸いローマの塔を壊しているところが
b0064411_538492.jpg

後ろには2つのアーチが見え、テルマの入り口だったところ

この遺跡、入場無料です。Regomir 7 に入り口があります。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
Commented by patronistaT at 2012-03-22 00:15
こんにちは。やっと雨、水不足解消には少ないですね。
子供頃、百科事典でみた古い壷というか瓶。
なぜ、底がとんがっているのか不思議でした。
平じゃないと使いづらいですよね。何か理由があるんですね。
下の遺跡を壊している絵が面白いです。
そうやって別の場所に再利用していたんですね。
バルセロナの石畳はパリが買って再利用していると聞いた事があります。
Commented by gyuopera at 2012-03-22 00:58
♪ patronistaさん、こんにちは。
今日は結構降ったと思ったけれど、風があったから、降雨量はそんなになかったかもしれませんね。
アンフォラは、やわらかい地面に突き立てて使ったとWikipediaに出ていましたが、カタルーニャ博物館では綱で両側から引っ張って立たせていますね。
バルセロナの石畳の石、フランスで買っている話、私も聞きました。ほとんど立方体の石なんですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2012-03-21 14:55 | 古代ローマ遺跡 romanos | Comments(2)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera