のどの薬を求めてゴシック街を駆け抜ける

息子が風邪を引いて、熱はやっと下がったけれど、のどがとても痛いといいます。

「のどの痛みを和らげるハーブティない?」

風邪のためのハーブティはあるけれど、のどだけのは無い。じゃ、買ってきましょう。

地下鉄に乗ってLiceu下車。

サン・ハイメ広場を突っ切る。左手にカタルーニャ州政府
b0064411_6311112.jpg


そういえば、この玄関の4本の柱はエトルリアから来た、という記事を読んだばかり
b0064411_6335561.jpg


Layetana通りを突っ切って
b0064411_6374742.jpg

あ、これ新しいホテルね

ボルン地区に入る

これ、落書き
b0064411_6381839.jpg


お目当てのハーブ屋さんは、土曜日なのにお休み! あちゃ~。

もしかして、閉店しちゃったとか?

同じ通りにあるハーブ屋さんは、10人以上も人が待っていて、ここもだめ

どこにほかのハーブ屋さんがあったか頭をめぐらせる

b0064411_6392841.jpg


b0064411_6411446.jpg


b0064411_6412825.jpg


b0064411_6423179.jpg

あんなところでお引越し
b0064411_6425512.jpg


昔の王宮と、サンタ・アガタ礼拝堂、下は古代ローマの市壁
b0064411_6433618.jpg


b0064411_6442417.jpg

ああそうだ、市庁舎の後ろに一軒あったじゃない

この先
b0064411_6445510.jpg


ハーブ屋さんで聞くと、のどの痛みにはハラベ(シロップ)のほうが効くよ、とのこと。

そのハラベをもって、さあ、帰ろうと思ったけれど、ちょっと回り道していこう。せっかくゴシック街を通るのだから。市庁舎広場とは反対側に行く。

Regomir通りを通り抜ける。ここはいつだってとても気になるから。

まず18世紀のPalau Vilana Perlas
b0064411_725784.jpg


古代ローマ時代の紀元4世紀の海側の門があるし
b0064411_6534352.jpg


そのお隣のサン・クリストバル礼拝堂・・・あら、今日は開いている
b0064411_6543528.jpg


b0064411_6574777.jpg


この礼拝堂は1503年に、ローマ市壁の中にくりぬいて作られたのだけれど、1861年にその上に建物が建てられ、1899年にはこの礼拝堂がネオゴシック様式に改装されたもの。
b0064411_71764.jpg
b0064411_711822.jpg

b0064411_7493470.jpg


ここまできたのだから、Patio de Llimonaも見てゆこう

ここのローマの市壁(4世紀)は本当に見事だから
b0064411_7142191.jpg
b0064411_714332.jpg
b0064411_7144626.jpg


ところが今日は新発見!

このパティオの左側、前工事中だったところがガラス張りの建物になっていて中が見える
b0064411_716018.jpg


え~、これローマ遺跡じゃないですか!
b0064411_7163932.jpg


b0064411_717133.jpg
b0064411_7172783.jpg

b0064411_7174895.jpg


扉は鍵がかかっていて入れません。
きっと近日中に公開されるんだわ!(後日15日の新聞に出てました)
 Youtubeも見つけました。
 

b0064411_7183723.jpg


興奮してパティオを出る。

b0064411_7191352.jpg

うれしいなあ、また見所が増えた。

Traginers広場にあるローマ市壁と塔の一部(4世紀)を横目で見て
b0064411_7215416.jpg
b0064411_722663.jpg


その遺跡の前にある13~15世紀の建物に今でも人が住んでいるのを見てあきれて
b0064411_7234761.jpg


こんな絵が描かれたアパルトホテルの前を通って
b0064411_724379.jpg


古い館(17~18世紀)の門が開いていたのでちょっとのぞいて
b0064411_7253117.jpg

素敵~
b0064411_7255145.jpg


George Orwell 広場を抜ける

ここにも2つ、気になる建物
18世紀の建物
b0064411_7302518.jpg


こちらは1769年
b0064411_7314443.jpg


あ、新しいレストランができてる
b0064411_7331263.jpg


反対側の、ちょっとかわいいレストランのウィンドー
b0064411_7334479.jpg


1902年のレストラン Grill Room
b0064411_7345786.jpg


と足早にゴシック街を駆け抜けて地下鉄に乗り帰宅。
いっぱい写真を撮ったけれど、そんなに時間を取ったわけじゃないんですよ。私は撮るの早いから。

買ってきたのどのためのシロップ
b0064411_737199.jpg

これと、大根を蜂蜜につけたものを飲ませたら、だいぶのどが楽になったそう。
よかった、よかった。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
Commented by at 2012-03-16 18:46 x
Regomir通り、細い割に周りの建物が高くて薄暗い印象があるのですが、このあたりにも、ローマ時代の城壁のあとが残ってるんですね。

なかなかバルセロナにはいけないので、Googleのストリートビューで、このあたりをうろうろした気分になって、我慢してます。
Commented by gyuopera at 2012-03-16 21:08
♪ rさん、こんにちは。
regomir通りは、ローマ時代、市壁を十字に走っていたメイン通りの南北の通りdecumanus maximusだったところで、ちょうどこの遺跡のところが海側の門でした。写真に見えるところが人が通る通用門で、真ん中には車(荷車とか馬車とか)用の門がありました。このすぐ近くに、最近テルマも発見されました。パティオのローマ市壁は、その上に13世紀の建物が建てられていて、とても興味深いです。
Commented by patronistaT at 2012-03-17 17:24
こんにちは。Ajuntamientoの裏のハーブ屋さんは
映画の撮影に使われたところですね、改装して雰囲気なくなってしまったけど。
Pati LLimonaはお向かいに友人が住んでいるので、
いつも覗いています。先週も誕生日で行ったばかり。
横の遺跡が広く見えるようになって喜んでいたところでした!
カメラを片手に急ぎ足のgyuさんの姿が目に浮かぶようです。
Commented by gyuopera at 2012-03-17 23:35
♪ patronistaさん、こんにちは。
Ayuntamientoの裏のハーブ屋さんは、市庁舎の横の玄関の前にある小さいところです。お店は何の変哲もないところ(笑)。レイアル広場のハーブ屋さん、昔のぼろぼろのほうがよかったかもしれませんね。ま、古きゃいいだろ、っていう感じでしたけれど。
Pati Llimonaのお向かいに住むお友達って、木のトランク持っていた方?あのあたりに住むってどうだろうか、わくわくしますね。もう少し若ければ住んでみたい・・・そうそう、Palau Requesensの横にある建物の1階が売りに出ていました。中どうなっているかなあ。
今日はとうとう新しくオープンされた遺跡の中を見れました。murallaの外にテルマがあったんですねえ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2012-03-16 16:14 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(4)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera