私のアンティークドールたち

初めてアンティークドールを買ったのは、もう25,6年まえのこと。

アンティークショップのウィンドーに座っていて、目が 合っちゃったんですね。

「私を連れて行って」

って言っているようでした。

アンティークドールはお安いものではありませんから、お金の算段をするのは楽ではなかったけれど、そのとき2体買いました。

このふたり。
b0064411_401342.jpg



この時は、お洋服が無かったので、赤ちゃんの洗礼式の服を着せてあります。
今でもこの二人が一番好き。小さいほうはジュモー、大きいほうはドイツのお人形です。

大きな子は赤ちゃんの服を着せられるので、いろいろ着せて楽しみました。

b0064411_404634.jpg


b0064411_412458.jpg




ジュモーはとても優しいお顔なので特に好き。ジュモーでも怖いお顔の人形が多いですから。

b0064411_415273.jpg


b0064411_421714.jpg


そのあと2体購入。アンティークドールはいくらでも売っているけれど、優しい顔のお人形がとても少ないんです。

DEPドール

b0064411_442526.jpg


本当はもっとかわいいんだけれど、写真に撮るときつい顔になってしまう


この子もやさしい顔立ち

b0064411_434869.jpg


もっとかわいく撮ってあげなくちゃ・・・

3人はショーケースに入れました。あまりに埃になるので…

b0064411_445967.jpg


パリに行ったとき、お人形の靴と帽子の専門店で、今右の子がはいている靴を買いました。
アンティークの靴はお高くてかえなかったので(わたしの靴より高い!)新しいものなんですけれど、それでも8000円くらいしました。


大きな子はケースに入らないので、椅子に座ってます。

b0064411_452465.jpg


なぜか名前を付けようとは思わないのですが・・・

アンティークのお人形たちは、長いこと仕舞っておくと、少し怖い表情になるんですよ。
取り出してだいてあげて、しばらくすると戻っています。不思議・・・

母に一体持って行ってあげたら、古いものがあまり好きでなくて、気味悪がるんですよ。
で、自分はアンティークドールに似せて作った今の人形なんか買って置いている。
いくら似せて作っても、並べたら一目瞭然、まるで魂が入っていないうようで、存在感がぜんぜん違うのですけれどね。好き好きですから…


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
Commented by siratamasira at 2011-12-01 19:38
こんにちは、アンティークドールですか♪なぜか可愛いというより綺麗とか
そんな感じです 家のオババが見たらケープとか帽子とか編みたがりそうです。 
そして人形って新しくてもなぜかちょっと不気味な印象
があったりします、なんででしょうね? 古いものって人形に限らず何か
見ているような感じがする時があります、気配を出してるというか・・・
ギブスとれたのですね よかったですね とれた感じにはなれましたか^^°
Commented by gyuopera at 2011-12-01 20:21
♪ siratamasiraさん、こんにちは。
日本のアンティークドールは素晴らしいですが、本当のことを言うとちょっと怖いです。こちらのアンティークドールも、怖いように見えるお顔の人形が多くて、初めは興味が無かったのですが、これらの人形は優しい顔をしていて、その存在感があまりにも素晴らしいので、かなりお高かったのですが、購入しました。
本当に気配を出しているというのは言い得ていると思います。
これは新しいお人形には感じられないものですね。
ギプスが取れて、今日初めて外を歩いてみました。そうっとそうっと。いい気持ちでした。
Commented by ゆみ at 2011-12-03 18:52 x
おはよう。。重いギブスが取れて大部楽になったかしら?特に寝てるときなんて。。えっちゃんのアンティクドールはどの子もよく手入れされていて全然気味悪くないわ。。きれい。洋服もわざわざアノ当時の物を着せて大事にしてあるものね。。家はなぜかアンティックドールは中国ばかり。。(当たり前だわね。。探して買ってくるのは骨董大好きな旦那だもの)埃で服が傷みませんか??特に中国のはどうやって直したらいいのか???部品がないんです。。もう貴重ヒンなこれらのお人形たち、、大切にかわいがって。。
Commented by dada at 2011-12-03 20:00 x
とても好きなお顔や雰囲気だけれど 一緒に暮らしたら自分が暗くなるって 直感するお人形いますよね・・私もそういった理由で違う子を迎えました。(日本の古い市松人形です)オカルトとか全然信じない私ですが 迎えてから左肩が異常に痛くて病院で診て貰っても異常なしと診断され・・ある日 そのお人形の和服を脱がせて見たら左肩が・・破損していました・・うわっ!と思いつつ 自分で治したんです。そしたら自分の肩の痛みも消えました。不思議なことってあるんですねえ・・
その後 その子は 抜け毛が経年劣化で多かったので デパートの催事でいらしていた京都の人形師さんに相談して 専門の頭やさん(かしらやさん)に出して 新しい人毛にしてもらいました。その際 前髪がストレートだったんですがアーチにカットされたため すごく明るい子になって戻ってきました(笑)イメージが・・・でも 命が新たに吹き込まれたみたいで嬉しそうでもありました。人形は奥深いです。
Commented by gyuopera at 2011-12-03 22:48
♪ ゆみさん、こんにちは。
ギプスが取れたらちょっと怖いんですけれど、寝るときもシャワー浴びるときもとても楽になりました。歩くのは少しずつ慣れてきたけれど、体重をかけられないからつい手に力が入って、今度は手が痛くなりますが、頑張っています。
アンティークドールって不思議で、本当にそこにいる気配がするんですよね。外に座っている人形は、やっぱり埃が心配だけれど、仕舞いこむのもかわいそうで、ずっと座らせています。
服は洗えるけれど、中国のは洗うのは無理ね。
Commented by gyuopera at 2011-12-03 22:54
♪ dadaさん、こんにちは。
市松人形にまつわるお話し、とても興味深く読みました。
そんなことがあったんですか、お人形が自分の方を治してほしいと訴えていたのでしょうか。とても不思議ですね!
でもお髪もちゃんと整えてもらって明るい顔になって帰ってきたら、きっとdadaさんの家にもいいことがいっぱい起こるかもしれませんね。
手作りのお人形さんは、一体一体、作られるたび命を吹き込まれるのかもしれません。大切にしてあげましょうね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2011-12-01 17:47 | アンティーク antiguedad | Comments(6)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera