Torre de les Aigue、給水塔のある公園

Eixample地区は、きちんと碁盤の目になった通りの地区ですが、これはJosep Cerdà の1862年の市の開発の案が元になって建設されたもの。
実際は彼の設計とは若干異なりますが、碁盤の目の通りにはびっしりと建物が並び、その真中はぽっかりと空いていて、各建物のパティオだったり駐車場だったり、さまざまです。

何年か前から、この空間を公園にしようという計画が立てられ、すでにいくつもの公園や緑地地帯が生まれました。

その一つがここ。Jardin del Torre de Aigua。

b0064411_5593291.jpg


ここのことは、2006年の3月にご紹介済みです⇒ http://gyuopera.exblog.jp/4216565/

Roger de LluriaとConsejo de Centの角あたりに入口があります。

b0064411_60111.jpg


普通の建物の地階に、奥に抜ける長いトンネル。

b0064411_611438.jpg


トンネルを抜けると、突然、こんな風景が

b0064411_625666.jpg


そこには19世紀の後半に建てられた、この地域の飲み水を確保するための、高さ24mのTorre de Agua(給水塔)が建っている広場なのですが

b0064411_675237.jpg


そこにはプールが作られ、子どもも大人も楽しそうに水浴びをしています。

b0064411_685688.jpg


b0064411_692755.jpg


プールの手前は砂遊びをする子どもたちも

b0064411_6102234.jpg


広場の隅には、かわいい着替え室も
b0064411_611301.jpg


入口の白いテントのお兄さんのところで使用料を払うのかな?
b0064411_6135489.jpg


町のど真ん中にこんな市民の楽しみの場所があるなんていいですね!
b0064411_6122466.jpg


b0064411_613195.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
Commented by yuu.k at 2011-09-02 10:51 x
海に面しているバルセロナなのにめずらしいですね。
torreというとsevillaの「torre de ouro」やパタゴニアの「torre de
paine」を思い出します。このところ旅をしていないからかな....。。
Commented by gyuopera at 2011-09-02 14:59
♪ yuuさん、おはようございます。
バルセロナは海があるし、一応ビーチもありますが、家のすぐ近くで水遊びができるんだったらとても手軽で便利ですよね。
これを撮ったのは夕方の6時近くですが、とても賑わっていました。まだ学校が始まるまで何日かありますからね。
こういった塔は、今は使われていませんが、バルセロナの中にかなりいくつも残されています。
Commented by miki3998 at 2011-09-02 15:30
こんにちは。 ご無沙汰しております。

 カレンダーが新しくなり、今年も残り数枚となりました。朝夕涼しくなり、蝉の鳴き声からコオロギの鳴き声へと変わりました。秋はもうすぐそこまで来ている感じです。

 プールで遊ぶ子供たち、空を見上げると真っ青で気持ち良さそうなお天気ですね。こちらは台風の影響で 今日も大粒の雨が降ったり風が強かったり。。。9月って何かの準備の月みたいで、どこか落ち着きません。なでだろう。。。
Commented by gyuopera at 2011-09-02 16:04
♪ mikiさん、おはようございます。
もう9月ですね! まだまだ暑い中、朝夕の涼しさはホッと一息つけるのは、やはり秋がすぐそこだからでしょう。
日本はまた台風!? 今年は早くから台風がきますね。
こちらでは9月は新学期の時期、すべてが9月に始まります。学校が始まるまでまだ何日かありますから、町はバカンスから帰ってきた人たちで活気を帯びてきました。
並木の木の葉が次々と落ちて、清掃の人たちも毎日忙しい。
夏は暑いけれど、夏の終わりって、なんかさびしいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2011-09-02 06:21 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(4)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera