Palau Dalmasesでのコンサート

Palau Dalmases というのは、ピカソ美術館のあるMontcada通りにある、17世紀の古い館で、もとはさらに古いゴシックの建物を改装した建物です。

内部には15世紀の礼拝堂があるそうですがう一般公開はされておらず、門を入ったところにあるパティオの奥の、かつては厩と馬車の車庫だったところがEspai Barrocとして、音楽カフェとして夜だけ開いています。
時々はオペラ歌手による生の歌が聞けるのですが、今回は器楽合奏のコンサート。

フルーティストはアントン、知っている奏者ですが、どちらかというと、建物のほうに興味があって行ってみました。

b0064411_5383089.jpg


入場料は12ユーロ。まあ高くない。

パティオから上に続く階段の柱と手すりの彫刻がすごい。カタルーニャ・バロックの作品の中でも特に興味深いものだそうです。
b0064411_5413146.jpg


内部は以前来た時より少し明るくしてありました。
b0064411_5423694.jpg


でもこんな暗い所で演奏するなんて、私だったら、目が悪いからダメだな。

壁際の席に座ると、後ろにはライムが山盛り
b0064411_5435326.jpg


壁が面白いんです。ここにアーチがあったのを埋めている
b0064411_545014.jpg


管楽器のみのクインテット。 ファゴット、ホルン、オーボエ、クラリネットとフルートです。
こういう組み合わせの曲って少ないでしょうね。

b0064411_546266.jpg


でもあんまりおもしろくなかったなぁ・・・悪いけど。
b0064411_547258.jpg

曲目はスカルラッティ・モーツァルト、ラベル、と来て後はモダンでべリオ。後半はバルセロナの作曲家のものをやったけれど、これがみんな同じような感じで... ちょっと退屈だったのね。

12ユーロのモヒートスを(強制的に注文させられ)飲んで、ま、雰囲気が面白かったからいいかな。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
 
Commented by doumasu410 at 2011-07-01 20:55 x
雰囲気の素敵な所での演奏会ですね。

こんなところが沢山あろのでしょうね。

金額もそんなに高くなくて、近ければ聴きに行くのに。
Commented by gyuopera at 2011-07-01 22:31
♪ doumasuさん、こんにちは。
こちらにもコメントありがとうございます。
バルセロナにはあちこちにpalau(館、宮殿)と呼ばれる建物が残っていますが、こういうところで音楽を聴くのもいいですね。ここは厩をカフェにしたところだからそんなに素敵ではないけれど、他にもいくつかあって、素敵です。内部を見るだけでもいいな、なんて思って。
でも、音楽と、場所の雰囲気があまりぴったり来なかったです。せっかくバロックスペースという名前なのだから、バロックの演奏したらいいのにな、なんて思いました。
Commented by otebox at 2011-07-01 23:25
gyuさん、おおお懐かしい!もう2年以上経ってしまったなんて…
お気に召さなかったのは残念でした。でも写真のアップありがとうございます。バルセローナにはいい場所がいっぱいありますし、演奏をされる方もいっぱいおいでなんですね。
文化的な状況は天と地ほどの開きがありますけど、わたしはライブが好きです。今、我家でのコンサートを画策しているところなんです。うまくいったらおなぐさみ。いえ、私がやるんじゃないんですよ。それは百年早い!!1回目に来ていただいたチェリストに今度は弦楽4重奏なんかどうかなって打診しているところです。  
Commented by gyuopera at 2011-07-01 23:44
♪ oteboxさん、こんばんは。
そうですね、あのときは2009年でしたね。お高い飲み物でしたが、今でもお高いです(笑)。この日のコンサートは、Musica als Palausというシリーズ?で、あちこちの古いpalacioでコンサートをやるという志向。ですから、音楽ばかりでなく、普段は入れないパラシオに入ることができるというので、人が集まるのを期待しているわけです。
ご自宅でコンサートを?素敵ですね! 音響のほうは何か工夫なさるのですか?日本家屋はコンサートにはなかなか難しいかも?
Commented by otebox at 2011-07-02 08:20
いえいえ別段何も。我家は木造の平屋で、天井は無くリビングは吹き抜けてますので狭いですけど閉所感はないです。そこへ板でベンチを並べただけで、5,60人入れば庭越しに別室から聴いていただくという趣向です。
パティオを舞台に両方の部屋から聴くというのも考えましたが、夜露は演奏者にも楽器にもよくないですからね。
Commented by gyuopera at 2011-07-02 15:33
♪ oteboxさん、おはようございます。
5,60人もいらっしゃる予定ですか? ホームコンサートでそれだけいらっしゃったらすごいなあ。 
演奏者は音響効果をとても気にすると思いますから、楽器を鳴らしてみて一番いい具合に響くところで演奏していただいたらいいですね。
譜面が良く見えるよう明かりも必要ですね。もちろん奏者は譜面台用の小さなランプをお持ちだと思いますが。
ひどい湿気だと、楽器がうまく反応してくれないことも多いです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2011-07-01 15:27 | オペラ、コンサート musica | Comments(6)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera