クワルテットのコンサート    El concierto del cuartet A4

6月は道が黄色い花びらで染まる時期
b0064411_5322373.jpg


今日は私たちクワルテットのコンサート。朝からリハーサルです。

会場はSant Miquel de Santsの地下礼拝堂
b0064411_5333740.jpg


b0064411_5343978.jpg


b0064411_5351074.jpg


入口に立たずむ美少年
b0064411_5354158.jpg


地下礼拝堂は大きな礼拝堂の地下にありますから天井が低いだけ、音響がいいんです

b0064411_5365076.jpg


b0064411_5373435.jpg


b0064411_5403775.jpg
b0064411_5405893.jpg
b0064411_5411225.jpg


Edが、自分のチェンバロを運び込んでいました。素敵なチェンバロ!

b0064411_538248.jpg
b0064411_5384057.jpg
b0064411_5385383.jpg

b0064411_5394624.jpg


まずはリハーサル
b0064411_542981.jpg


曲目は

Cuartet de Paris No. 4 en si menor Telemann

Cuartet de Paris No. 6 en mi menor Telemann

Allegro de les "Vint-i-set peces per a viola da gamba C.F.Abel

Trio sonata op.14, No.1 en sol major C. Stamitz

2曲のテレマンの四重奏のあと、ラリーのビオラ・ダ・ガンバの独奏が入ります。

ラリーの独奏、練習しているところをちょっと撮らせてもらいました。



かなり練習を重ねてきましたので、まあまあの出来だったと思います。
終わった後、来てくれた人たちほとんどが、「とても良かった」と声をかけてくれましたから、それはうれしかったです。

記念撮影

b0064411_1612428.jpg


やっぱり緊張したんでしょうね。後かなりの疲れを感じました。

女性だけでちょっと飲み食いして(笑)
b0064411_5521388.jpg

もうお皿も半分からだけど

あ~、一番気の張るコンサートが済みました。

後オーケストラのコンサートが3つあるんですよ。やれやれ。 
でも今日はよく寝られるでしょう。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
Commented by ぐらっぱ亭 at 2011-06-12 06:27 x
gyuさん、お久しぶり。相変わらず優雅な生活ぶり、嬉しく思います。写真に無駄な細工、不要と思いますが。どうせ面は既に割れているのだし。しかも、目以外は晒しているのですから、ここは潔く全面を見せてください。
Commented by otebox at 2011-06-12 08:00
gyuさんお疲れ!
いやあよかったですね。「出来」ももちろんですけど、「過程」も楽しまれていたようですし、演奏会後の達成感もしみじみ味わっておいでです。良い仲間と、良い演奏会場に恵まれておられますね・・・いや、これがgyuさんの人徳なのでしょう。
本当にgyuさんの文化のクオリティが高くて羨ましい限りです。
音楽っていいですね。先ごろ、誰だったか絵描きのセリフでしたが「絵で感動させても、音楽のように泣かせることはできない。」というのがありました。同じ芸術でも音楽の方に心をゆすぶられる要素が多いと言うわけなんでしょう。
余談ながら、私のボケ防止の下手糞リコーダーですら練習を重ねると誰かに聞かせたくなってきます。
Commented by asami at 2011-06-12 09:47 x
いつもバルセロナを楽しく散歩させてもらっています。
「美少年」がもっている箱ですが、gyuさんのショップのブログに載っている木の箱とよく似ていますね。
Commented by siratamasira at 2011-06-12 12:25
こんにちは、お疲れ様です なんだかチェンバロの内側の絵を見ていたら おせんとうの 壁の絵を思い出しました 素敵なチェンバロなのに
お風呂屋さんを思い浮かべるなんて・・・^^°
Commented by gyuopera at 2011-06-12 16:11
♪ ぐらっぱ亭さん、おはようございます。
あら、優雅なんてとんでもないです。毎日の練習、大変なんですよ。オーケストラのリハーサルは夜11時半までありますし、それから1時間近くかけて家に帰るのですから帰宅は午前になります。
記念撮影ですが、私のカメラで撮ってもらった写真はあまり気に入らなかったんですが、友人のカメラで撮ってもらった写真のほうがまだましだったので、そちらを送ってもらい差し替えました。
Commented by gyuopera at 2011-06-12 16:16
♪ oteboxさん、おはようございます。
リコーダー頑張っていらっしゃるんですね。指を動かすこと、楽譜を読むことはボケ防止に絶対いいと思います。で、私も始めた理由の一つがそれですからね。
このクワルテットはバロックばかり演奏するので、私もモダンフルートでは無くてトラヴェルソを吹きたいけれど、まだやってないんですね。もう1年以上もほったらかし… やらなくちゃ、とは思うのだけれど。
今回演奏したTelemannのパリ四重奏6番の最後の曲は、感動して泣いたんですよ。今でも演奏するたび胸が熱くなります。
音の重なりやメロディの美しさが琴線に触れることは時々起りますね。
Commented by gyuopera at 2011-06-12 16:19
♪ asamiさん、おはようございます。
美少年の持っている箱は募金の箱ですが、最近ショップに出した木の道具箱はもっとずっと大きなものなんです。ずっしりと重く、頼もしい感じがするんですよ。
この少年、あまりかわいいので、セニョーラたちの寄付を狙っているのかなぁ…と思ってしまいました。
Commented by gyuopera at 2011-06-12 16:21
♪ siratamasiraさん、おはようございます。
お銭湯のタイルの壁画、私もそんな感じのを見た覚えがあります。
楽器の蓋の裏とか、チェストの蓋の裏とかに、こういう絵を描くのはヨーロッパの昔からある風習のようですね。ミュージアムに行くと、こういった物をよく見かけます。
でもこれは2005年に造られたイタリア製のチェンバロだそうです。
Commented by thallo at 2011-06-13 04:34
gyuさん、こんばんは。
コンサートお疲れ様! 私も昨日終わりました。そしてもぬけの殻。。3ヶ月オケのリハーサルはないのだけどこれからトリオの練習が始まります。
満足がいかれた出来でよかったですね、そうなの、練習あるのみ。。笑 みんなの終わった後の笑顔が最高ですよ!
いつ見ても、gyuさんのお友達のチェンバロ、やっぱりいいなぁ。私も欲しい。。(って弾けもしないくせに) バロックをやるならやっぱりチェンバロと一緒がいいですよね。
P☆
Commented by gyuopera at 2011-06-13 05:22
♪ おごしゅさん、こんばんは。
おごしゅさんのオーケストラも昨日コンサートだったんですね。
大きな教会で素敵!
私たちは今回クワルテットなので、こんな小さな地下礼拝堂がとてもぴったりでした。
今回友人の持ってきたチェンバロは初めてなんです。オーケストラの指揮者のチェンバロはよくコンサートに使うので見ているんですが、どちらも蓋の内側に絵が描いてあって感じが似ています。
私もそろそろ本腰を入れてトラヴェルソやらなくちゃいけないんですけどね・・・特にクワルテットは二人がオリジナル楽器だから特にね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2011-06-12 05:33 | オペラ、コンサート musica | Comments(10)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera