Domus romana再訪問

Domus romana というのは,古代ローマ時代の大邸宅、という意味ですが、バルセロナの中心である市庁舎広場からすぐの建物の地下にあった紀元前4世紀のドムスと、その上に建つ13~14世紀の食料品などを貯蔵していたサイロが発掘され、公開されたことは、1年前のブログでご紹介したとおりです。

こういうところはまた行ってみたくなるもので、3回目なのでまた同じような写真ですが、載せますね。

この場所は、ローマ時代、フォーラムと呼ばれる、町の中心になる広場に隣接したところで、広場にはアウグスト寺院という、列柱で囲まれた美しい神殿がありました。 この神殿の柱の4本は、今でも残されていて、c/Paradisの建物の中にあり、見ることができます。

ローマ時代の地図はこちら⇒http://www.bcn.cat/museuhistoriaciutat/docs/04_forum_de_barcino.jpg

ドムスの古代ローマ時代の部分は.ドムスの建物の下の部分と床のモザイク、ドムスに隣接していた3つのタベルナ(4世紀)の部分。

この向こう側がタベルナ部分
b0064411_305833.jpg


こうやって見ただけではなんだかわかりませんけどね。

b0064411_374818.jpg


b0064411_353819.jpg


b0064411_395511.jpg


そしてdomus, ローマ時代の有力者の大邸宅

b0064411_3681.jpg
b0064411_361911.jpg
b0064411_364265.jpg


b0064411_372088.jpg


b0064411_381719.jpg


b0064411_385864.jpg
b0064411_39109.jpg


b0064411_3581546.jpg


b0064411_3584799.jpg


時代は中世、13~14世紀、ローマ時代の建物は地中に沈み、その上に家が建てられていました。
その家は、市場に出す商品を保存しておくためのサイロが地中に掘られ、現在その差色は6個見つかっています。

サイロは地面を掘って作られましたから、内側はきれいに石が並んでいますが、外側は土の中にあったわけで、積んだ石の凸凹が目立ちます。
私たちがここを訪れると、4世紀のローマ遺跡の上に中世のサイロがぼこぼこ立っているという面白い遺跡を見ることができるのです。

これがサイロ
b0064411_352244.jpg


b0064411_3533269.jpg

b0064411_3541121.jpg


b0064411_354313.jpg


b0064411_355326.jpg


b0064411_3553549.jpg


b0064411_356368.jpg


b0064411_3562438.jpg


b0064411_3564493.jpg


内部はきれいでしょう
b0064411_3522894.jpg


b0064411_35796.jpg
b0064411_3572725.jpg
b0064411_3574372.jpg



現在そこに建っているCasa Morellは、サン・ジャウマ広場に面して1851年に建てられたもので、1999年、カタルーニャ州政府がこの建物を改装するにあたって見つかったものです。

ローマ時代の遺跡は、隣の建物の地下にも当然あるわけですが、そこは個人の所有なので、それ以上掘り進むわけにはいかないわけで、Casa Morellの地下部分のみですが、なかなか面白い遺跡と思います。

 場所; calle de la Fruita nº 2

こちらはバルセロナ市歴史美術館のページで、発掘の時からの写真が載っていて興味深いです。

http://w3.bcn.cat/fitxers/icub/museuhistoria/dossiercarrerfruita.555.pdf

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
Commented by at 2011-06-07 14:35 x
以前の記事も覚えていますが、それにつけてもローマ帝国はすごいですね。
スペインだけでも見切れません。
それにしても、サイロのにょきにょきがたまりませんね。
Commented by Shin's mama at 2011-06-07 15:21 x
面白かったです。内側はあんなにきれいに積んであったんですね。(笑)外側はほんとにボコボコなのに。ローマ帝国関係の本、ひさびさになにか新しいものを読んでみたくなりました。
Commented by gyuopera at 2011-06-07 17:57
♪ 碧さん、おはようございます♪
昨日、「「古代ローマから日本が見える」を読み終えたのですが、本当にローマ帝国はすごいと思います。いまでさえ旅行するのに近いとは言えないのに、スペインの端までローマの都市を作り、道路網を完備しているのですから・・・
サイロは床のモザイクから1000年も後の建造物ですが、それを同時に見ることができるなんて、それも近代的な設備のミュージアムのスタイルで見られるのは本当に面白いです。
Commented by gyuopera at 2011-06-07 18:03
♪ Shin's mamaさん、こんにちは。
下にある2000年前の遺跡と、乗っかっているのが700年前の遺跡、それが同時に見れる遺跡なんてちょっと珍しいのではないでしょうか。
一つの建物の地下のみなので、そんなに広くはないのですが、私はとても面白いと思いました。狭い割には、権力者の大邸宅跡だけあってモザイクもしっかり残っていますし… バルセロナは掘れば遺跡が出てくるはずですから、面白いところだと思います。

ローマ帝国関連の本、塩野七生さんの著書は読みごたえがありますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2011-06-07 04:03 | 古代ローマ遺跡 romanos | Comments(4)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera