Espulguesの散歩道     

コルセローラの散歩道も大好きだけれど、Espulguesの散歩道もまた定期的に訪れたくなるところ。

トラムに乗ってEspulguesまで行ったら、そこにある区役所
b0064411_4495278.jpg

調べたら、この建物は1766年に、オスタル(宿屋)と肉屋の建物として建てられたのだそう。

その横には日時計のある家
b0064411_45347.jpg


そのまた隣には、小さなかわいい家
b0064411_4533548.jpg


こんな家も
b0064411_52435.jpg


そのあたりから奥は公園が多くて緑いっぱい
b0064411_454442.jpg



今日はあのお気に入りの散歩道を下の方から登って行ってみよう
b0064411_4553745.jpg


この家、屋根の上に塔がある
b0064411_456920.jpg


近くで見ると
b0064411_4571631.jpg


裏から見ると
b0064411_511384.jpg


b0064411_524881.jpg


b0064411_533022.jpg

b0064411_5181510.jpg
b0064411_5183552.jpg
b0064411_5185373.jpg


こちらの家も古そう
b0064411_54926.jpg

b0064411_5163066.jpg

奥からクラッシック音楽がかすかに聞こえていた
b0064411_5171647.jpg

どんな人が住んでいるのかしら
b0064411_542780.jpg
b0064411_55772.jpg

b0064411_519293.jpg


この家は
b0064411_555771.jpg

Can Bialet といって、16~17世紀に建てられたもの。ちょっと見えないけれど、日時計が付いている

それに続く、やはり16‐17世紀の家、Can Cargol.
b0064411_5113924.jpg

とても大きなマシア。

b0064411_5121283.jpg


b0064411_5123567.jpg

今は作家の Xavier Corberóが持ち主だそう。

b0064411_513278.jpg


b0064411_5135614.jpg


b0064411_5142350.jpg


ここも日時計が付いている
b0064411_5144436.jpg


b0064411_5153179.jpg


反対側の家
b0064411_5205463.jpg


さらにその先にも石造りの家
b0064411_5212847.jpg


b0064411_522828.jpg


b0064411_5225191.jpg


b0064411_5233020.jpg


b0064411_523457.jpg
b0064411_523571.jpg


b0064411_524372.jpg


b0064411_525284.jpg


b0064411_5253159.jpg


通りを上りつめると教会がある
b0064411_526935.jpg

ここには1059年には教会があったと記されているけれど、1863年に新しい教会に建てなおされたそう。
1936年には焼き払われ、1940年代に今の教会がたてなおされたのだそうだ。

教会のすぐそばには大きなマシア、Can Ramoneda
b0064411_5312495.jpg

14世紀に建てられたのち、1642年に大幅な改装がなされた。16世紀にはPablo Ramoneda 氏の所有になり、この村一番のお金持だったそう。20世紀には持ち主が何度か代わったらしい。
b0064411_5355991.jpg

とにかく巨大な家。

正面玄関
b0064411_5364184.jpg

日時計も
b0064411_5371100.jpg


先ほどの散歩道に建っている家を裏から見る
b0064411_538829.jpg


後ろが小高い公園になっているので、そこに登っていくと眺めることができる
b0064411_539929.jpg

初めの、塔が乗っかっている家

あの大きな家の後ろ側はまるでお城
b0064411_5402133.jpg


b0064411_5405813.jpg


b0064411_5411764.jpg


その上の公園は一面緑で覆われている
b0064411_5415450.jpg


ひときわ高いところに大きな家
b0064411_5424589.jpg


公園を下ってゆくと門から出る
b0064411_5433650.jpg

ということは、この公園はあの上の家の庭だったということになる

公園をでたところにある家Can Juncosaは19世紀終わりに建てられた家
b0064411_5444074.jpg


楽しい散策だった。

帰りはバスに乗ったら、トラムよりも早く家に着いた。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
Commented by ゆみ at 2011-05-04 16:16 x
BCNから少し行くとまだマシアがこんなに。家の近所のマシアも木々が生長しすぎて塀を壊すのかいま修理中です。BCNの上のほうだとPisoの間に結構個人宅があるわね。。維持していくのは大変だと思うわ。
 我がMarodoもですけど、Spain人の個人宅の人って 古い虫食いのドアにすごく執着心がるんですいね。あんな虫し食いでも 木の種類によっては何百年も 使えるんですよ!日本だったらすぐシロあり専門家がきて燃してしまうんでしょうね。。いまは家具の虫食いアナに薬を注入する面倒なじきです。。。マシアの木のドアがいいですね。。いくら虫食いでも。。
Commented at 2011-05-04 17:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gyuopera at 2011-05-04 19:03
♪ ゆみさん、こんにちは。
バルセロナの山の手はみんな昔の田舎の別荘だったんですものね。大きな建物が多くて、かなりの家が学校や病院になってるわね。
ああいうところに住んでいた人を訪ねたことがあったけれど、古いままにしてあって、3階の、わずか日が当たる小さな部屋にガスストーブを置いてそこで生活していました。玄関を入ると大きな大理石の階段がカーブして上にあがってゆくんだけれど、それも寒々として、暮らしにくそうでした。もう売ってしまったはずだけれど、あんな家を維持なんて個人ではとてもできないと思います。
古いドアは趣があっていいですね。
Commented by gyuopera at 2011-05-04 19:05
♪ 鍵コメさん、無事にバルセロナから帰られたのですね。
いろいろな被害にあわなくて良かったです。
バルセロナはガウディだけの街ではないので、またいつかいらしてくださいね。
Commented by siratamasira at 2011-05-05 05:24
こんにちは、古い家には日時計がよくついているのですか?日時計で
時間がわかるなんてすごいですね 今の人も分かるのでしょうか?
皆 緑いっぱいにおおわれていてもっさりしてますね 緑のカーテンですね。 
Commented by gyuopera at 2011-05-05 18:06
♪ siratamasiraさん、こんにちは。
100年以上前の家は、当時おそらく周りは畑くらいしかなかったと思います。それで、農作業をしながら家のほうを見れば時刻が分かる、という具合。
今でもちゃんとわかりますよ。
バルセロナはどちらかと言えば完走しているのですが、この辺り緑がきれいでいいですね。
Commented by alex at 2011-05-05 20:05 x
gyuさん、
ここの31枚目の写真は、いつかのお気に入りの散歩道ですよね!?
その他にも、たたずんでみたくなるような一角がたくさんありますね。
地名はどう発音するのですか?
Commented by gyuopera at 2011-05-05 22:47
♪ alexさん、こんにちは。
この道のことをご紹介するのはもう3回目か4回目ですよね。
時々ふっとまた行ってみたくなるんです。いつも誰もいなくて静かで、緑が多くてとてもいい感じ。
でもこの街はここの一角がとても素敵だけれど、他には特に見るところもあまりないような感じ。名前はエスプルガスと読みます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2011-05-04 15:00 | 散歩 paseo | Comments(8)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera