Mamadou Diabateのコンサート

今日はCaixa Forumで Mamadou Diabateのコンサートを聴きました。

b0064411_6354657.jpg


Mamadou Diabateは、マリ出身のコラ奏者で、現在はアメリカを中心に活躍しています。
コラというのは、大きなカボチャを反響体にしたハープのような楽器で、19~21本の弦がはられています。両足で支えて演奏します。
今回は彼の独奏が初めに何曲かあり、次に、バラフォンという、シロホンのような楽器、Carbassaという反球体の打楽器(おもにリズム)とコントラバスが加わったクワルテットで演奏。

コラという楽器も初めて見ました。

b0064411_6405994.jpg


ちょっと見ると、ティオルバとかシターとかにちかいような。
コラの音色はハープとギターの中間と言ったところ。 アフリカの音楽は繰り返し繰り返し同じ旋律を演奏しますが、まあすごいこと。大変なテクニシャン。どうやったらあんなに早く弾けるのかしら。

b0064411_6412223.jpg


シロホンに似たバラフォンというのも、優しい音で、また素晴らしい演奏。
コントラバスはバルセロナっ子何だそうですが、弓は使わず、全部手で。ごくろうさま!

マリの音楽、ということで初めての体験でしたが、Youtubeで見つかったので、聞いていただいた方が早いかもしれません。


Youtube






いかがですか?

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
Commented by siratamasira at 2011-03-21 08:26
こんにちは、本当にハープのような感じの音がする初めて聞く楽器です
じゅうなん本も弦があるなんて調律するのが大変そうだなぁ といまだに
自分のバイオリンの調律が出来ないので思ってしまいます
気持ちよく眠れそうな音ですね^^°
Commented by gyuopera at 2011-03-21 16:29
♪ siratamasiraさん、おはようございます。
私はMaliの音楽というので、もっとプリミティヴな音楽を想像していたのですが、美しいですね。
弾いているとだんだん弦が緩んでくるようで、曲の始めに調律をしたりしていましたが、それまで曲の一部にしてしまうんですよ。装飾音を入れたりしてね。
ヴァイオリンの調率は難しいですか?チューナー使うと比較的楽ではないでしょうか? フルートは吹きかたによって変わるので、とても難しいです。また吹いていると上がっていきますし・・・
これ、寝るとき聞いたら良さそうですね。
Commented by asami at 2011-03-23 09:09 x
マリの音楽に癒されます。
私は東京西部に住んでいて地震の被害はあまりありませんが、交通機関のマヒや原発問題などで、相当、緊張状態。平常心に戻れない日々です。
日本から遠く離れた土地で、人が奏ででいる音楽が自分の心を癒してくれるのを感じます。ありがとう。
Commented by gyuopera at 2011-03-23 16:42
♪ asamiさん、おはようございます。
地震の被害が少なくて良かったですね。それでも今でも余震が時々あるようですし、停電や物資不足とか、さらには原発のことでまだまだ大変なこととお察しいたします。
それでもどうぞ希望を捨てないで、日本はきっと世界が目を見張るくらい復興できると信じましょう。海外からも応援しています。
音楽は癒しです。私も初めて聞いたのですが、美しいと思いました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2011-03-21 06:46 | オペラ、コンサート musica | Comments(4)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera