ペドラルベスの散歩         Paseo en Pedralbes

今日銀行に行き、お店の入口にあるキャッシュディスペンサーでお金をおろしていたら、銀行の中から2人の行員が出てきて、私の肩を叩いて、「今日本は大変ね…家族は大丈夫?」と聞いてくれました。
もう胸がいっぱいになってしまいました。

バルセロナに住む日本の方も、Facebookで寄付を呼び掛けていらっしゃる方がいます。

http://www.facebook.com/pages/ESADE-Aid-for-Japan-REQUEST-FOR-DONATIONS-and-IDEAS/160600650662221

また、今度個展を開く方も、その機会を利用して寄付を集めたいとおっしゃっています。

スペイン赤十字でも寄付を受け付けています。多数の銀行の口座があります。

  http://www.cruzroja.es/cre_web/plataforma2.htm

日本の皆さん、頑張ってくださいね。応援しています。


皆様ご存知と思いますが、NHKニュースがオンラインで見られるページ

  http://www.ustream.tv/channel/nhk-gtv
 
     * * * * * *

バルセロナの北西にあるペドラルベス地区は、かつては別荘地だったので、今でもたくさんの大きな家が見られます。この地区は緑も多いので、散歩にもってこい。坂が多いので、適度な運動にもなります。

小さくてかわいいこの家
b0064411_819181.jpg

1913年に建てられた Torre Cortes, 設計Salvador Valeri
b0064411_8205149.jpg

横もかわいい
b0064411_8211932.jpg


お隣のレストランもかわいい
b0064411_8234131.jpg


その建物に隣接して建つのがCasa Soler。1920年建設、設計Joan Maymó i Cabanellas

b0064411_827620.jpg


今は老人ホームになっています。
b0064411_8272997.jpg
 

道を挟んで反対側にも大きな家が並びます。

b0064411_8294333.jpg


これはCasa Patxot, 1942年  Lluis Bonet i Garí設計。巨大な家です。
b0064411_8312470.jpg


さらに隣は
b0064411_8315977.jpg


Casa Fabregas, 1920年 Joaquim Lloret設計。
Casa Decorの会場になったこともあります。
b0064411_8341646.jpg


これは1890年に建てられた家。設計Josep Doménech Estapá
b0064411_837724.jpg
b0064411_8372029.jpg


こちらは1910年の家
b0064411_8401559.jpg
b0064411_8403056.jpg


ひっそりと建つ大邸宅が多い
b0064411_835350.jpg


ペドラルベス修道院の横の古い家は、1915年に建てられたCasa Artigas
b0064411_842525.jpg

煙突の数を見ただけでもその広さが想像できます
b0064411_8375292.jpg


ここは内部をすっかり改装して(というよりは外壁の一部を残して全面的に建て替えた)建物。
b0064411_8441621.jpg


いつも古い家ばかり探していますが、このマンションは一軒がかなり大きそうで、素敵だなぁといつも眺めています。
b0064411_8164121.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
Commented by ぽん at 2011-03-16 22:54 x
ふわ~今もなかなかの余震です~。
「いらつく」なんて悲しいコメントがあったのですね。その方に嫌なことでもあった…ということにしてみましょう。
阪神大震災で、ライフラインの次にリクエストが多かったのが「歌」だったんだそうですよ。
燃料や食料がもはや底をついているようで心配ですが、輸送用に仙台空港が使えるようになるなど明るい兆しもみられています。
私はTwitterをしているのですが、今日このブログをオススメしてみました。
日本は夜。おやすみなさい。
Commented by ぱんちゃん at 2011-03-17 01:08 x
こんにちは。日本のニュースを見ていると本当に悲しくて、辛くなりますね。募金くらいしかできない。原発が大爆発しませんように。念じています。どんどん悪くなっていく今の状況、明日ニュースを見たときには好転していますように。
Commented by gyuopera at 2011-03-17 01:10
♪ ぽんさん、まだまだ余震が止まないのですね。
富士山が爆発するんじゃないか、なんていうことも言われているとか。
天災だけでもそろそろ静まってほしいですね。
仙台空港や仙台港が使えるよう急ピッチで作業が進んでいるようですね。そういうニュースを聞くとうれしいですね。
Twitterは私も見ていますが、もっと有意義な意見をtweetしてほしいと思いますね。半分くらい、どうでもいいようなことを・・・私も一度しましたが、やめてしまいました。
私のブログを推薦してくださってありがとうございます。
それでは、ご期待にこたえるべく頑張らねば!
Commented by gyuopera at 2011-03-17 01:19
♪ ばんちゃんさん、こんにちは。
ニュースを見ていると辛いけれど、情報を得るには必要ですね。
私も実はため息ばかり付いているのですが、ブログをなるべく明るい記事にしたいと思います。
世界各国からの援助の話は心温まる思いがします。
避難所にテレビとか回せないでしょうかね・・・・まだ停電なのでしょうか。少しでも早く電気が使えるようになりますように。
Commented by yuu.k at 2011-03-17 06:04 x
gyuさん 毎日の記事ごくろうさんです。
私はテレビに疲れて眠れない時、日本の息子から送ってもらった中島みゆきのDVDをじっと聞いていまが何か落ち着きます。音楽は癒やしですね。
Commented by gyuopera at 2011-03-17 07:22
♪ yuuさん、こんばんは。
自分の癒しになるような音楽と出会える方は幸福だと思います。
今日も、ブティックで買い物をしていたら(バーゲンのバーゲンの残り物)、BGにテレマンのパリ四重奏が流れたんです。ちょうど私たちのクワルテットが演奏している曲で、すっかりうれしくなってしまいました。
音楽は癒しでもあるし、喜びでもあります。
Commented by allium at 2011-03-17 07:54 x
はじめまして。東京在住の者です。
こんな時に「はじめまして」も失礼かと思いましたが…。
ここも余震・停電とまかなか気を抜けず精神的に参ってしまっています。
それでもショパンのノクターンを聴きながらgyuさんのお写真を見せていただいていると心が和むのです。
私は今自分にできることが正直分からず、でもたまたまtwiやFBをやっているので、それを利用して情報を交換し合ったり、mailで各企業に物資支給などお願いしてみたりしています。
問い合わせた企業さんは皆さんあたたかなお返事をくださいました。
常日頃そうでなければいけませんでしたが、これを機に、色々な人と共にここに生活していることを意識して暮らし、より多くの方の心に寄り添えるよう想像力を豊かにして「精一杯頑張って」生きたいと思いました。
というようなことをこちらに書いてよろしいか迷いましたが、gyuさんのblogを拝見して気持ちを新たに出来たので書いてしまいました。お許しください。
バルセロナの建物や空や植物は明るい色で、見ていて本当に心が落ち着きます。
また見せさせてください。
失礼します。
Commented by gyuopera at 2011-03-17 08:18
♪ alliumさん、初コメントどうもありがとうございます。うれしいです。
余震がいつまでもあって、それも結構大きくて、本当に大変ですね。停電も毎日時間が変わるのではかないませんね。
自分でできることを精一杯がんばって生きてゆく、今私たちみんなに必要なことですね。そのためには、今生きていることを感謝して、今このときを大切にしてゆきましょう。
バルセロナは私が来た当初は、薄汚れて暗い汚い街だったのですよ。それがこんなに明るいきれいな町になったのです。本当に生まれ変わったようです。
Commented by siratamasira at 2011-03-17 09:10
こんにちは、なんだかかわいい町並みですね 小さくてかわいい家の前
にたっている看板でも無いような物はバスの停留所かなにかでしょうか
? 煙突がいっぱいあるということは暖炉がいっぱいあるのかな?
やっぱりヨーロッパですねぇ 新しいマンションには屋上に庭でもあるの
でしょうか 緑が見えますね ブログいつも楽しみにしています^^°
Commented by gyuopera at 2011-03-17 15:54
♪ siratamasiraさん、いつもコメントありがとうございます。
初めの家は特に小さくて、お菓子の家のようで大好きなんです。でも裏側の下の方に広がっていて、庭などもあり、そちらはあまり見えないのですが、こんな家なら住んでみたいなあと思います。
看板みたいなのは、公衆電話です。
煙突がある下には暖炉があるわけですね。少し前までは普通のマンションにも暖炉が付いていました。我が家にもあるんですけれど、使えません。
新しいマンションの屋上は広くて丸で庭ですね。植木をいっぱい置いてあって、いいですね。
Commented by bcnlove at 2011-03-17 21:04 x
またコメントさせていただきます。チャンピオンリーグでも日本人がいないのに日本への声援は心がジンとしました。でも日に日に海外の方が東京からも避難し、アメリカは原発から80kmまで避難、イギリスの救助隊も書類不備だとかで空港からも出ず帰って行きました。大丈夫と言いつつ原発はおさまらず。節電で暗い中に居るから暗い気持ちになるのでしょうか…。どうかみなさん日本から逃げないでー怖がらないでー忘れないでー。ほんと、恐いです。gyuさん、応援よろしくお願いします。バルセロナに旅行出来る日が来る事を願って。
Commented by gyuopera at 2011-03-17 21:58
♪ bcnloveさん、メッセージをありがとうございます。
しきりと余震のニュースが伝えられている上に、今原発の放射能汚染が大きな問題になっていて、不安な毎日と思います。
こちらの新聞では、「アメリカは原発の事故の重大性を国民に正確に報道していないと避難」というタイトルも見られ、気がかりです。
こちらのスペイン人も、たくさんの人が「大丈夫か」と電話をくれ、そのたび胸が詰まってしまいました。
どうぞ頑張ってください。元気な私たちが、意気消沈していないで頑張らねば・・・!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2011-03-16 19:19 | 散歩 paseo | Comments(12)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera