バロックコンサート   Concierto de musica barroca

バロックアンサンブルの The Ripieno Consortのバロックコンサートに行きました。

The Ripieno Consortは私たちのオーケストラと同じ指揮者Angel率いるバロックアンサンブルで、18世紀のテクニックを再現しようと試みています。

場所はLes Corts の Parroquia de Santa Maria del Remei(サンタ・マリア・デル・レメイ教会)。
b0064411_8182082.jpg
b0064411_8183559.jpg


入ったらまだリハーサル中
b0064411_8212192.jpg


祭壇の高いところにマリア像
b0064411_8215974.jpg


ちょっと面白い教会の内部
b0064411_8225894.jpg
b0064411_8231456.jpg


あのオルガンは
b0064411_8243458.jpg


最近新しいものを取りつけたばかり
b0064411_825750.jpg


b0064411_8254235.jpg
b0064411_826127.jpg


b0064411_8271290.jpg


リハーサルが終わり、オーガナイザーのお話が終わると(20分もしゃべってました)、コンサートの始まり。

今日のプログラムは

 Sinfonia de l'Oratori el Messias Haendel

Marche pour la ceremonie des turcs J.B.Lully

Air pour les esclaves africains J.P.Rameau

Concert per a 2 violoncels, corda i baix continu RV532 Vivaldi

Stabat mater per a contratenor i orquestra RV621 Vivaldi

Canta in Prato per a soprano i orquestra RV636 Vivaldi

Rejoice greatly (Oratori El Messies) Haendel


b0064411_8282992.jpg


初めがヘンデルのメサイアの序曲。自分が演奏したこともあったせいか、いえいえ、きっとこの曲の荘厳さがひしひしと伝わってきて、感動して涙が出てしまいました。

2台のチェロとオーケストラのコンチェルトはすごい迫力。チェロ奏者は二人とも若く、男の子はまだ17歳!
b0064411_8385279.jpg


VivaldiのStabat Materは、カウンターテナーがソリスト。表現力もあり、うまいです。
b0064411_840376.jpg
b0064411_8402428.jpg


次はソプラノが歌います。素晴らしい声です。ちょっと、マリア・バーヨに似ています。
完璧に早いパッセージを正確に歌うのには舌を巻きます。
b0064411_842128.jpg


メサイアの「リジョイス」なんかすごい!
b0064411_843237.jpg


アンコールにぺルゴレッシのスタバ―タ・マーテルを歌ってくれました。
これをアンコールにするなんて、ねえ。
b0064411_845158.jpg


とてもいいコンサートでした。

b0064411_8454528.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
Commented by グスタフ at 2011-03-06 10:39 x
gyuさん、こんにちは・・
ヨーロッパから戻りました。いずれブログします。
旅は常に新鮮でした。五ヶ国回りました。
また、伺いますね・・ご挨拶まで・・
Commented by gyuopera at 2011-03-06 15:43
♪ グスタフさん、おはようございます。
お戻りになってまだ間もないのに、メッセージをありがとうございました。
5カ国とは、すごいですね。それは移動が多く大変でしたでしょう。
お疲れもまだ取れないと思います。写真の整理だけでも大変でしたでしょう。アップのほうはゆっくり少しずつになさってお疲れの出ませんように…。
Commented by woodstove at 2011-03-06 18:01
gyuさん こんにちは~。。。
 会場の雰囲気にぴったりのコンサートでしたね。
音も聞きたいところですよ。。。。(^^ゞ
Commented by gyuopera at 2011-03-06 19:32
♪ woodstoveさん、こんにちは。
ここでは教会でコンサートをやることが多く、普段あまり入らないところも多いので、じっくり内部を見ることもでき、それも楽しみの一つです。
このアンサンブルはかなり上手なので、素敵でしたよ。それに一緒に演奏した人たちも何人もいますから、いっそう親しみやすくて。
これはこの前私たちがやったコンサートと同じ企画のもので、チャリティです。こうしてコンサートをやってわずかながら入場料を取ることで、年間20万ユーロ集まるそうです。
Commented by siratamasira at 2011-03-06 23:33
こんにちは、入り口の扉はガラスが張ってあるのでしょうか でも木の色
が素敵ですね 中がなんとなくカラフルな感じの教会ですね 
オーガナイザーというのがどんな人か分かりませんがなんか長い校長
先生のお話を連想してしまいました。 チェロは好きなので聞いてみたか
ったです、やっぱり身近にこういうのがやってないので羨ましいですね。
Commented by gyuopera at 2011-03-07 06:17
♪ siratamasiraさん、こんばんは。
教会の入り口、ガラスが入っていました。珍しいです。
中の壁画はそんなに古く見えず、カラフルな感じがしますね。
あまり荘厳な感じはないのですが、まあそういうのもいいでしょう。音響は割と良かったです。
オーガナイザーは、世界の孤児たちに救いの手を差し伸べるためにこういうコンサートを設け、その入場料を資金としています。
私たちはまだ人に入場料を取るくらいのプロではありませんから、コンサートをやれるだけでいいのです。
でもこのグループは私のオーケストラよりレベルが高いので、聞いていてとても良かったし、感動すらしました。
二台のチェロのコンチェルトはすごい迫力でエネルギーを感じました。
Commented by isaku at 2011-04-12 11:48 x
外国のホールはなんて綺麗なんだろうと思います。特に内部の装飾には目を奪われます。
日本のホールはちょっと豪華な公民館みたいに、入れ物みたいなところが多くて、こういうのを見ると羨ましくなります♪
Commented by gyuopera at 2011-04-12 14:46
♪ isakuさん、コメントどうもありがとうございます。
まだプロでは無い音楽家たちがコンサートを開く場合は、教会でやる場合が多いのです。教会ですと無料なんですね。音響効果は素晴らしいところと、残響が長すぎて演奏には向かないところとありますが、あまり贅沢は言っていられません。
ここは私の住む地区にある、別に有名でもない普通の教会ですが、音響はまずまずでした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2011-03-06 08:46 | オペラ、コンサート musica | Comments(8)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera