"Espanya Negra"版画展

午後から時間ができたので、今日新聞で見つけた "Espanya Negra"版画展に行ってみました。

展覧会も興味があったのですが、もっと興味があったのは展示会場。 場所は Palau Antiguitatsというところなんです。

Gran de Gracia通りから曲がってすぐのところの建物。そんなに大きくはありません。

b0064411_4401838.jpg


ここは本格的なアンティークばかり
b0064411_4405052.jpg
b0064411_44161.jpg


何となく入りにくくて入ったことはなかったのですが、今日は中で展覧会をやっているんだから堂々と入れます。でも、ドアにはかぎが掛かっていて、フリーパスというわけでは無いみたい。
お店の人が鍵を開けてくれて、「展覧会を見たい」というと、小さなエレベーターに乗って3階まで連れて行ってくれました。そこは展示用にモダンに改装された空間。

19世紀のゴヤから始まって20世紀前半のソラナまで、54点あまりの版画が展示されています。

b0064411_4432536.jpg


b0064411_4434112.jpg


ゴヤは、強烈な風刺画とともに、独立戦争の頃の凄惨な有様をたくさん版画に残しています。
(写真はここのHPからお借りしています)

b0064411_5194880.jpg
b0064411_520385.jpg
b0064411_520163.jpg
b0064411_5202927.jpg


展示作品はこんな感じでした。よろしければリンクでご覧ください。

http://www.palauantiguitats.com/expo_res.asp?id=9

値段が600ユーロ~2500ユーロくらい。

1,2階はアンティークショップになっていて、16世紀ころのものから。

b0064411_4582690.jpg


家具が多いです。(写真はここのHPからお借りしています)

b0064411_5235338.jpg
b0064411_5241444.jpg
b0064411_5243813.jpg

b0064411_5252538.jpg
b0064411_5254476.jpg
b0064411_526063.jpg
b0064411_52616100.jpg


こういうところにあるものは、とてつもなく値が張るものばかりですから、買うなんて気はそうそう起こりません。ミュージアムに行ったつもりで見せてもらいましょう。

b0064411_535041.jpg
b0064411_5351781.jpg
b0064411_5353423.jpg
b0064411_535498.jpg
b0064411_536333.jpg


一つ、分厚い木で作られた肉を切った古いまな板があって、それが私が持っていたものとほぼ同じだったのでびっくりしました。

そのあとは、そのお店の商品より、3ケタくらい(笑)安いところで古いものを買いました。
b0064411_5495226.jpg

こういうものの方が、今の私には似合ってるかも。

そうそう、夜のグラシア地区で、こんなお店を見つけました。

b0064411_5525938.jpg


ギフトショップみたいですが、中にこんな素敵なステンドグラス
b0064411_5535948.jpg


天井画も
b0064411_5543294.jpg

b0064411_5545559.jpg


こういうのを見つけるとうれしい。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
Commented by YUKIE at 2011-01-15 08:20 x
すごいですねー目の保養、
ゴヤは視力が弱くなってくるころから
凄惨さが深まり黒を追求していきましたね、

暗喩表現が多く興味深い版画ばかりです。
Commented by gyuopera at 2011-01-15 16:15
♪ YUKIEさん、おはようございます。
スペインのアンティークショップは、だいたいこんな感じで、16、17,18世紀のチェストだとか、木彫りの聖像とかで(どこから持ってくるんだか)いっぱいです。それゆえお値段もものすごい。だからここのアンティークショップ、もう入らないんです。だったらミュージアムに行きますものね。ブロカンテとなると大分お安くなりますが、それでも高い。
こんな小さな展示会場に、さらりとゴヤなどが並んでいてビックリしました。最低600ユーロからですが、ずいぶん何枚も販売済みのシールが貼ってありました。この不況でもいくらでもお金持ちはいるものです。
Commented by woodstove at 2011-01-15 18:01
gyuさん こんにちは~。。。
 ゴヤの生涯も波瀾万丈なんて言ったら失礼かもしれませんが、
乱世を描いた時代もあったんですね。プラド美術館での代表作ばかり
がクローズアップされてますから、そのような生涯を知ることは無かったです。 ちょっと今から彼の歴史を紐解いてみましょうか。。。。(^^ゞ
 新しいお店の中でも良いモノは壊さず残しているあたりがエライですね。。。。ステンドグラス工房は今もスペインで現役なんでしょうね。
Commented by gyuopera at 2011-01-16 17:05
♪ woodstoveさん、おはようございます。
ゴヤの生涯は波乱万丈でした。スペインでは、彼の生涯をテレビシリーズにして何度も放映されました。
宮廷画家としてスペイン最高の画家の名声を得ていますが、その後聴覚を失い、スペイン独立戦争の時は、フランス軍の暴虐を尽くした惨状を『戦争の惨禍』という版画集に残し、また自分の家「聾者の家」の壁は黒い絵と呼ばれる鬼気迫る14枚の絵で飾るなど、特異の画家とのイメージを強くしています。Wikipediaに詳しく載っています。
このギフトショップ、内装の昔の部分をそのまま残しているのはよかったですね。昔はチョコレート屋さんか何かだったのでしょうか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2011-01-15 04:45 | 展覧会、展示会 exposition | Comments(4)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera