ラバル地区のカルメン教会 Iglesia del Carmen en Raval

ラバル地区のペドロ広場からほど近いところにあるカルメン教会
b0064411_2592894.jpg


一見工場のような
b0064411_302585.jpg

b0064411_304779.jpg

b0064411_31380.jpg


教会にしてはかなり変わったデザイン
b0064411_311827.jpg


ジェロニモの寺院後に建てられた教会ですが、1906年の「悲劇の週間」の時焼き落とされました。1910年~1930年に掛けてJosep Maria Pericasの設計で建設され、モデルニスモとノベセンティスモ(1900~1930年代の建築様式)の過渡期のデザインとして重要な建物とされています。

内部は
b0064411_382290.jpg


アーチと柱が独特
b0064411_385415.jpg

b0064411_39724.jpg


b0064411_3103344.jpg

b0064411_3104625.jpg

b0064411_311567.jpg

b0064411_3111955.jpg

b0064411_3113338.jpg

b0064411_3114774.jpg


b0064411_3121889.jpg
b0064411_3123139.jpg
b0064411_3124383.jpg
b0064411_3125767.jpg
b0064411_313831.jpg


こんな狭いらせん階段を登って上へ
b0064411_3141562.jpg


b0064411_3144545.jpg
b0064411_3145680.jpg

b0064411_315229.jpg
b0064411_3153534.jpg
b0064411_3155054.jpg
b0064411_3163100.jpg

祭壇もかなり変わってる
b0064411_3162634.jpg


かなり面白い教会でした。
b0064411_3174015.jpg


ここも、48時間オープンハウスで見ることができた建物の一つ。

Iglesia del Carmen C. DE SAN ANTONIO ABAD, 12


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
Commented by yuko at 2010-10-19 10:07 x
48時間オープンに、そしてgyuさんの写真アップに感謝です。特に今日のは私好きです。津和野の乙女の教会を見てきましたが素朴で清らかでした。人間の創るものに敬意を表します。
Commented by gyuopera at 2010-10-19 14:42
♪ yukoさん、おはようございます。コメントありがとうございます。
この教会、外見があまり変わっているので、中はどんなふうかしらととても興味があったのです。今回見られてよかったです。
ミサの時間を調べれば内部に入れるのですが、ミサのとき写真は撮れませんからね…それにあの細いらせん階段を上って上に上がることもできなかったでしょうから、オープンハウスに感謝です。
Commented by Shin's mama at 2010-10-19 16:00 x
面白かったです~!アーチの飾りも天井の小鉢を逆さにしたような飾りも!フレスコでしょうか、絵もきれいですね。やっぱり日頃自分の脚でテクテクとまめに歩いてらっしゃるgyuさんだからこそ、この48時間をこんなに充実させられるのですね~。来年もあるのでしょうか?楽しみです!
Commented by at 2010-10-19 16:19 x
こういう時に当たりたいものです。
いつ行っても、閉ざされている教会、信者は一体いつきているの??と思うこともしばしば。
もっとも、日本のお寺だって、どこもかしこ入れるわけではないのですが…
ここも機会があれば行ってみたいものです。
Commented by alex at 2010-10-19 19:43 x
この教会の写真から、何だか力と情熱のようなものを感じました。行ってみたい気がします。
48時間オープンハウスは素敵な催しですね。それを有効利用されているgyuさん、さすがです!
Commented by gyuopera at 2010-10-19 20:13
♪ shin's mamaさん、こんにちは。
今日の新聞で、オープンハウスは今後毎年行われるだろうということでした。今年見られなかったのは、来年の楽しみにとっておこうと思います。
この教会、外見も内部もかなり変わっていて、中が見られてうれしかったです。
Commented by gyuopera at 2010-10-19 20:16
♪ 碧さん、こんにちは。
教会って、何時でも開いているものかと思ったらそうじゃないんですね。普通の日はミサは夕方やることが多いようですよ。働いている人のためなのでしょうかね。
この教会、ちょっとアラブの影響があるような気がしませんか。
Commented by gyuopera at 2010-10-19 20:19
♪ alexさん、こんにちは。
この教会、初め建てられていた建物が焼かれてしまい、それを地元みんなの人たちの協力で建て直したのだそうです。
ステンドグラスのいくつかは、骨董屋からのものもあるそうです。カテドラルなどのように華やかな飾りはないけれど、そんな人々の熱い思いが伝わってくるのかもしれませんね。
オープンハウスはロンドンなどでもやっているようです。大いにやってほしいイベントです。
Commented by グスタフ at 2010-10-20 09:53 x
gyuさん、お早うございます。
何んと重厚な教会でしょう・・
アーチの曲線、前方二階のステンドグラスが美しい・・
反対側のアーチは明るいセピア色・・上にあるのは大時計ですか?ステンドグラスに陽が差し込むと、教会内は荘厳な雰囲気でしょうね。
今朝もアリガトウございます。
Commented by gyuopera at 2010-10-20 14:53
♪ グスタフさん、おはようございます。
いつもメッセージをありがとうございます。
ゴシック様式の教会の多いバルセロナですが、この教会はそれに比べると、重厚さが和らいで、むしろ軽快な感じがすると思いませんか。それでも堂々とした柱やアーチには感心させられますけれど。左右の聖像が納められた各アーチの部分が明るい色なので、重苦しい感じがしないのでしょうね。
教会には時計は見かけません。鐘楼がありますからね。丸いステンドグラスが時計のように見えますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2010-10-19 03:09 | 建物 edificio | Comments(10)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera