海が見たくなった日

昨夜は雷とともにかなりの雨が降り、日曜日の午前中はまだしとしとと雨が続いていました。
せっかく友人Didiと何かしよう、と約束した日なのに。

それでも彼女は12時ころ車で迎えに来てくれました。

「昨日は散々働いたから、今日は絶対、家にいるのはいや。もうずっと行ってないから、海を見に行こう!車から出ないでただ見るだけでもいい」

火曜日が祭日なので、月曜日にお休みを取ってプエンテ(連休)4日連休、学校もお休みなんだそうで外に出かけた人も多く、天気の悪いのも相まって、町は比較的すいている…と思いきや、とてもたくさんの観光客であふれていました。

私たちの向かったのはバルセロナ港に新しくオープンしたW Barcelona
一生泊まることはないと思いますが、どんな感じか見に行ってもいいではありませんか。

この5枚の写真はホテルのHPの写真。
b0064411_1573357.jpg
b0064411_1581241.jpg
b0064411_1583633.jpg
b0064411_1585674.jpg
b0064411_1591044.jpg


風を切って進むヨットのように見える、外見が素敵な超モダンなホテル。

ロビー
b0064411_205693.jpg
b0064411_211563.jpg
b0064411_213578.jpg

b0064411_22244.jpg

でも、ガサガサしていて、なんだか落ち着きません。私たちのように外部の人がどんどん入ってきてソファに座ってのんびりできますから、みんないっぱい。ロビーの一部にレストランがあるのですが、そこも繋がっていますから自由に出入りできます。
なんだか飛行場の待合室のよう。ロビーの装飾も、何となくまとまりがなくて品がないし、入ったお手洗いもあまり管理が行き届いているとは言いかねました。手洗いは、大きな洗面台がひとつなので、石鹸を使うと、その泡がいつまでも残っていて嫌な感じです。これはデザインミスですね。

やっと空いたソファに座って、何か飲もうと思ったのですが、いくら待っても注文を取りにはきません。別に注文をしなくても座っていられるから、ボーイさんたちも知らん顔しているのかも?

それでとうとう、そこを出てきてしまいました。

「あ・がっかり。バルセロネタに行って何か食べましょ」

ホテルと港を挟んで反対側のバルセロネタに行きました。雨のあとで、まだそんなに混んでいなくて、運よく車を停められました。

風もないのに波は高く、サーファーたちがたくさん海にいました。

ふー、いい気持ち

向こうにさっきのホテルが見えます。

b0064411_2112629.jpg


浜を歩くとこんな砂の彫刻が
b0064411_2144533.jpg


さて、お腹もすいてきました。2時ちょっと前。
海辺にあるレストランをいくつか見てみましたが、いまひとつ。だいたい観光客目当てですからね。

「白いクロスがパーっとかけてある所よりも、cutreなお店がいい」

cutreとは、みすぼらしい、という意味ですが、つまりおしゃれな気取ったレストランじゃなくて、近所に住む老人がいるような、地元の人が気軽に来て食べるところ、といった意味合いです。

少し町の中に入ってあちこち歩いてみました。

この辺りはだいたいこんな感じのかなり古い建物ばかりですが、今にも崩れそうなのもたくさん。
b0064411_2171016.jpg


中には他より少しましなものも
b0064411_2174433.jpg
b0064411_2175621.jpg
b0064411_218847.jpg
b0064411_2182033.jpg

ちゃんと修復されたのはこれくらいでした。
b0064411_2185794.jpg


やがて、この地区のメルカード(市場)のある広場に出ました。
広場の隅にある、あまり目立たないレストランに入ると、地元の人でいっぱい!ここに決めました。

b0064411_231199.jpg


そこのおじさんに、

「いっぱいね」

というと、

「ほら、あそこに2つ席が空いているよ。そうでなきゃ誰かを追い出すさ」

壁に、通りの名前を彫った大理石のプレートが貼ってあります。これって、家の外側に貼ってあったんでしょうに?
b0064411_5324273.jpg


壁のボードにいろいろメニューが書いてあるけれど、ガリシア料理だからわからない…
b0064411_5354936.jpg


友人に任したのだけれど、どっちかというと、注文を取りに来たお兄さんが決めたようなもの。
飲み物はベルモットを頼みました。

来ました~!

ベルモットはど~んとビンごと!
b0064411_2373414.jpg

え~、ベルモットってこんなにおいしいんだ・・・・!

頼んだものがどさっと。
b0064411_23949.jpg

お兄さんが、

「パンを取って」

いわれるままにパン・コン・トマテのパンを取りました。

「それをひっくり返して」

パンの切り口の片側はトマトとオリーブオイルが塗られていますから、裏側の何も付いていない面を上にします。

「そこにこのカニサラダを乗せる」

カニサラダはゆで卵のミジンをマヨネーズであえたものに、たっぷりカニの身が入っています。
言われたとおりにやると、それはおいしい。

ホウレンソウのトルティーヤも、ニンニクがたっぷり入っていて美味。
アンチョビーも大きく、ウマイ!!

このハムもおいしい! ハムじゃない、っていうんですけれど、jamon de Canariaによく似てます。それにオリーブオイル、ハーブをちょっと振りかけてあります。
b0064411_2433996.jpg

どこでもありそうなメニューなのに、一つ一つがみんな美味しいんです。

会計をするとき、

「ベルモットは何杯飲んだかね?」

「一杯半ずつよ」

減り具合を見ればわかると思うんだけれど、見ると、3ユーロ、と書きこんでいました。
これで2人で35ユーロくらい。ちょい金欠気味でもOK。
大満足のお昼でした。

後ろの大きな冷蔵庫を撮ろうとしたら、おじさんがポーズして見せました。
b0064411_245496.jpg

食べきれないくらいで、後からきたチョリソのお皿は手を付けられず、銀紙にくるんでお持ち帰り。
胃が満足すると、機嫌も良くなるものですね。

雨もいつの間にか上がっていました。

Bar-Bodega L'Electricitat C/Sant Carles, 15 Tel.93 221 5017

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
Commented by あまる at 2010-10-11 14:50 x
こんにちわ!いつも読み逃げですみません〜バルセロナをツァーで行った事が3回ぐらいあります。毎日こちらを楽しみに拝見させていただいてます。
海岸のホテルが横浜のインターコンチネンタルHに瓜二つなのでびっくりです。建ってる場所もです。ヨットの帆をイメージしてるそうですね、、ではまた
Commented by gyuopera at 2010-10-11 15:25
♪ あまるさん、おはようございます。
メッセージをありがとうございます。バルセロナに3回もいらっしゃっているんですね。
この形の建物、世界にいくつもあるらしいですよ。インターコンチネンタルの写真を見たら、本当に似ていますね。周りの景色は横浜のほうが素敵ですね。バルセロナのはガラス張りです。
ここのインテリアは、私好みではないんですが、宿泊代はかなりのようですよ。
Commented by mobiliantichi at 2010-10-11 15:37
パンコントマテに蟹サラダ、、、食べてみたいです。お皿の横の黒い▽が海苔に見えましたが、さすがにそんなはずないですよね。オムレツですか?こういうお店でお昼を食べる、地元の人になった気分で、一番やってみたいことです。
冷蔵庫も、ポーズとったおじさまもいい感じですね。
Commented by gyuopera at 2010-10-11 16:54
♪ mobiliさん、おはようございます。
黒い▽は、ホウレンソウがいっぱい詰まったスパニッシュ・オムレツのトルティーヤです。普通これにはニンニクを入れないんですが、これはいっぱい入っていて、なかなかいい味でした。
パンコントマテはフランスパン(もしくは田舎風の丸い大きなパン)を切って、よく熟れたトマトを半分に切ってすりつけ、オリーブ油を垂らしたもの、カニサラダはゆで卵のミジンにカニ缶を混ぜてマヨネーズであえればいいから、日本でもできますよ。
とても楽しい雰囲気のレストランで、またぜひ行こうと思いました。
Commented by Yoshi at 2010-10-11 17:04 x
ガリシア料理とはカタルーニャ料理とは違うんですか?以前Vicに行ったとき食べたタパスがガーリックとトマトのすった物がパンの上に乗せられ旨かった覚えがあります。
Commented by seedsbook at 2010-10-11 17:24 x
ものすごく魅力的、
こういうものが美味しい店はいいですね!
海を見たくてちょっと出かける感覚がうらやましいです。
日本で海を見てこようかな。。。
Commented by gyuopera at 2010-10-11 18:13
♪ Yoshiさん、こんにちは。
ガリシアはスペインの北部、カンタブリア海に面した地方で、魚介類で有名です。カタルーニャは地中海に面してフランスに接した地方で、首都がバルセロナです。パンコントマテはおっしゃるように、ガーリックとトマトの切り口をパンにすり付けオリーブオイルをかけたもので、カタルーニャ独特のものですね。
Commented by gyuopera at 2010-10-11 18:17
♪ seedsbookさん、こんにちは。
基本的なお料理が他とは一味違って美味しい、というのはいいですね。だからそういうところは地元の人たちでいっぱいです。
こういうレストランを見つけられるとうれしいですね。だいたい安くておいしいから。
バルセロナは海と山に挟まれているので、どちらもちょっと足を延ばしたら行けるところがいいですね。
Commented by レモンドロップ at 2010-10-11 21:07 x
以前アンチョビのことを書かれていたと思いますが、こんなに大きなアンチョビ、初めて見ました!しかもおいしいなんて。。。ちょっと想像がつきません。いいですね~♪ハムもとってもおいしそう!!昔バルセロナに行った時、生ハムがとってもおいしかった(しかも量もたくさん!)だったのを思い出しました。そのバルセロナとはまた違ったおいしいお料理があるんですね。
Commented by minami at 2010-10-11 21:43 x
思い立ってすぐ海を見に行けるなんていいですね。
ホント、横浜のみなとみらいにあるホテルに似ています。
砂浜の見ざる、聞かざる、言わざる、おもしろいですね。三猿は日本発祥のことわざかと思っていましたが、そうでもなさそうですね。

私も気取ったお店より地元の人が行く内容重視のお店が好きです。
とてもおいしそう!


Commented by gyuopera at 2010-10-11 22:30
♪ レモンドロップさん、こんにちは。
普通スーパーに売っている缶詰のアンチョビーは、もっと小さくてものすごくしょっぱいんですが、これは別。大きくて塩辛さもちょうど良くておいしいです。
ハムも切りたてなんでしょうね、ハムってこんなにおいしかったかと… 生ハムももちろんイベリコハムならば美味しいですね。普通の生ハムは一般にしょっぱくてあまり好きではないんです。
こういうものは日本より種類が多くおいしいですね。
Commented by gyuopera at 2010-10-11 22:34
♪ minamiさん、こんにちは。
我が家から地下鉄に乗れば、15分くらいでバルセロナ港に付きます。砂浜がある方はもう少しかかるけれど、バスで行くことができます。お天気のあまり良くない日は人も少なく、散歩にはいいですね。
スペイン人は日本人より外食が好きだと思います。日本はすぐ食べられるものがいくらでも売られているから、買ってきて家で食べればいいですものね。ここはそういうの、ぐっと少なくお高くまずい。地元の人が行くレストランは、お安くておいしいところが多いですね。
Commented by yuu.k at 2010-10-12 02:46 x
gyuさん こんにちは
お友達とちょっと出かけて気晴らし、いいですね。私はもっばら主人とですが、お互い体のこと気使ったりけなしたりで新鮮味に欠けます。。
Commented by gyuopera at 2010-10-12 04:54
♪ yuuさん、こんばんは。
私は夫がほとんど留守なので、だいたい出かけるときは一人ですが、時には友達と出かけると、普段行かないようなところに行くので楽しいですね。
ご主人様がいつも一緒だったら、それは新鮮味に欠けるかもしれないけれど、とてもいいことではありませんか。大切になさってあげてください。
Commented by ooawakui at 2010-10-12 09:10 x
ベルモット、自己申告制なんですね。
マドリードの海鮮料理屋でキンキンに冷やした黄色い食後酒が
ボトルごと出てきて「飲み放題」かと思い込んでいました。
まぁ、強い酒なので何杯も飲める訳はないのですがね。
いずれにせよボトルが手元にあると嬉しい!
Commented by gyuopera at 2010-10-12 14:33
♪ ooawakuiさん、おはようございます。
そうなんです、「何杯飲んだかね」にはびっくり。
食後酒はボトルで置いて行ってくれるところ、結構あります。これはサービスですものね。ほんと、ボトルを置いてってくれるとつい、すすみますね。
ベルモットって特に好きじゃないんだけれど、これは美味しかったですよ!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2010-10-11 02:54 | 日々のこと cotidiana | Comments(16)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera