旧ロス・アンジェレス修道院

バルセロナを訪れた方は、MACBA(現代美術館)にいらっしゃった方も多いでしょう。
b0064411_6355032.jpg


このミュージアムの前の広場はロス・アンジェレス広場というのですが、広場を挟んで古い建物があるのをご存知ですか。
b0064411_6375957.jpg


ここは、昔のロス・アンジェレス修道院のわずかに残った建物です。
修道院は16世紀中ごろ(1562年~1566年)、当時あった建物の上に建てられました。
超モダンな現代美術館の向かいの中世の建物。
現在はMACBAの一部として、さまざまなアートの展示をしています。

今は建築の模型などの展示をやっていますが(入場無料)、あまり面白くなかった・・・
b0064411_6463033.jpg


だって、模型がかなりちゃちでしたからね。パラディオのなんか見ちゃうとね。

b0064411_6483810.jpg


でも、まあ16世紀の建物ですからね。ちょっと修復しすぎだけど
b0064411_6494756.jpg


b0064411_650567.jpg


壁の模様が楽しい
b0064411_6503639.jpg


b0064411_6505433.jpg


この建物と隣接して、礼拝堂のアプスがあります。
b0064411_6514989.jpg


ぐるっと回って入口はこちら。

b0064411_6524479.jpg

こちらもMACBAの展示会場の一部として使われていますが、

今やっているのは、白いポールを一杯立てたアート。これも面白くないこと!
b0064411_6542716.jpg


でも、建物の内部を見るのは楽しいので、やっぱり入る(タダだし)
b0064411_6552295.jpg


b0064411_6561979.jpg


b0064411_6574216.jpg


b0064411_6581282.jpg

こんな素敵なスペースに、なんてつまらない展示物
b0064411_6584596.jpg





この正面入り口の右側に、何やら受付があって、その奥にトイレがあるんです。
かなり長いトンネルを抜けて(それも男性のトイレを通り抜けて女性のトイレに)やっと着くんですが…

嫌にすっきりしている…

b0064411_15561643.jpg

トイレットペーパーがなかったんですよ!
ティッシュを持っていたから難は切り抜けましたけど。

そしたら、手を洗うところに付いていたんです。
b0064411_15573618.jpg

自分であらかじめ要るだけ取って入りなさい、っていうことなんですね。
こんなの初めてでした。
それにしても、どこもかしこもステンレス張りのトイレ、やっぱり現代美術館のトイレだからかしら?ちなみにここはだれでも入れます。


MACBAの前の通りの角に、今まで何度となく前を通ったのに気付かなかった教会のあとを見つけました。
b0064411_703259.jpg


b0064411_721280.jpg


今はCIDOBのオフィスですが、壁に、こんなプレートが
b0064411_724257.jpg

「この病院の貧しい人たちと孤児たちに寄付をお願いします」

b0064411_761725.jpg


さて、道を進んでいきますと、この建物が見えてきます
b0064411_765539.jpg


昔のMisercordia教会の建物、今は本屋さんになっています。
b0064411_774965.jpg


b0064411_781711.jpg


こちらはこの地区の図書館
b0064411_785337.jpg


その横を通って、角を曲がったら先ほどの本屋さんの裏側に出ます。
b0064411_794480.jpg


角の石が、こんなにすり減っています。荷馬車の通った跡
b0064411_7102136.jpg


Casa de la Misercordiaは今でもあるのですが、入り口部分だけ古い部分が残っています。
b0064411_7114587.jpg


今は使われていないと思うけれど、ドアの横にある丸い穴は、生まれてきた子供を育てられない親が、ここに連れてきて、穴から入れたんですね。孤児を引き取ってくれていたのです。
b0064411_7131443.jpg


近くにはこんな渡り廊下もあります。
b0064411_7155387.jpg

橋の下には窓
b0064411_7151644.jpg


昔の様子を想像しながらランブラスに出たら

b0064411_7171839.jpg

今日は街頭アーティストがたくさんいました。

ここでビデオをひとつ。



というお話。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
Commented by sumile at 2010-10-10 17:06 x
はじめまして。
いつも楽しく拝読させて頂いています。
以前バルセロナで勉強しており、
国立図書館に通っておりましたので、
ブログのお写真を拝見して、懐かしくなりました。
CENTRALという本屋さん、大好きでした♪
サン・ジョルディの日のために、ここで本を買いました(笑)
今はいい思い出です。

これからもステキなバルセロナ便り、楽しみにしています。
Commented by gyuopera at 2010-10-10 18:07
♪ sumileさん、おはようございます。
メッセージをありがとうございます。バルセロナにお住まいだったのですね。それで国立図書館に通っていらしたとは、ちょうどこの近所ですものね。以前の記事に詳しく載せたので、今回図書館のことは触れませんでしたが、あそこもパティオが広くていい雰囲気ですね。
この地区は、MACBAができる前は本当に危険な地区として有名だったのですが、今はすっかり明るく安全になりました。またいつかバルセロナにおいでください。
Commented by alex at 2010-10-10 20:06 x
トイレットペーパーの取り付け方に、ちょっと感心してしまいました。^^;
これなら無駄にカラカラと使わなくなるかも・・なんて思いましたが。
ちょっと不安もあるかしら(笑)。
寄付のプレートですが、昔は”慈善活動”という言葉があって、富める人の義務として(特権として?)貧しい人に施しをしていたのですよね。
でも、貧しい人もやはり、さらに困っている人を助けていたのでしょうね。
「小公女」とか「あしながおじさん」の世界を思い浮かべました。
Commented by gyuopera at 2010-10-10 22:39
♪ alexさん、こんにちは。
まさか手を洗うところにトイレットペーパーが付いているとは…こんなの初めてでした。知らなくてはいる人がほとんどだと思いますから、戸惑いますね。でも、手をトイレットペーパーで拭く人も多いんじゃないかな。
バルセロナの地下鉄に乗っていると、時々ヴァイオリンやアコーディオンの音楽の演奏がありますが、労働者が多く住んでいる地域を走っている路線のほうが、高級住宅街に行く電車よりも、お金をあげる人が多いんですよね。
よく、お金持ちのほうが一般にケチだと言いますが、一理あるのかもしれません。でもここは、遺言で財産をこういうところや教会に寄付する方もかなり多いと聞きました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2010-10-10 15:46 | 建物 edificio | Comments(4)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera