落書き       

バルセロナは落書きが多いです。きれいなものを汚したい、と思う人がいるらしくて、塗り替えたばかりの壁や塀、ドアなどに本当に醜い、明らかに「汚す」意図で書かれたもの、そういうのは本当に不愉快です。こういうのはかなり高い罰金を取って、汚したところを元通りにするよう義務付ける法律を作ったらどうでしょうねぇ。

落書きを集めて撮ったわけではないのだけれど、ゴシック街の写真を見ていたらこんなに見つかりました。いずれも誰かの家の玄関の扉に!

b0064411_518158.jpg
b0064411_5181228.jpg
b0064411_5182096.jpg
b0064411_5183173.jpg
b0064411_5184176.jpg
b0064411_5185048.jpg
b0064411_519986.jpg
b0064411_5191936.jpg
b0064411_5193145.jpg


そんなに書きたければ自分の家のドアというドアに書いたらいいのに。

一般の落書きはこのように大変醜く不快になりますが、稀に芸術かな?と思うことがあります。

この落書きの上の方の人物はステンシルで刷られたもの
b0064411_5215234.jpg


ステンシルの落書きは街のあちこちで見ることができます
b0064411_5224151.jpg


これなんかかなり芸術っぽいかな?ほかの落書きが一緒になってるんですが
b0064411_5234874.jpg


ちょっと離れて全体を見ると、こんな感じ
b0064411_5241752.jpg

あなたなら単なる落書きと思います? アートと思われます?

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
Commented by roshi303 at 2010-07-20 08:03
う〜ん。。いや、アートの枠はどこまでも自由ではなく
社会のモラルを守らなくして評価される値はないかと思います…
キース・ヘリングでさえ、空いている掲示板に黒い紙を貼り描いていたと言いますから(ちょっと怪しいけど)

見る者を選ばずに発信するアート。。
気持ちも分かりますがね^^

でも、ほとんどがギャングのマーキングでありますから
力の保持であって美しいものは稀ですね〜
Commented by ooawakui at 2010-07-20 08:30 x
落書きは許し難いなぁ。
幸い家の周辺には被害がありませんが、数十メートル先の商店街のシャッターは大抵やられています。
消しても消しても..気の毒ですし、いざ自身が被害を受けたらと思うと堪りません。
どうも精神を病んだ人の行為にしか思えない。
そうでなかったら両腕切断の刑!
Commented by cake at 2010-07-20 11:19 x
私がバルセロナを訪れた時も、落書きは酷かったと記憶に残っています。(16年も前になってしまいました。)
それでも、一般の住宅の扉や、重要な公共建築にはなかったと思いました。増えてしまったのでしょうね。私の住む田舎町でも、橋や塀、シャッター街に、見られますもの。

gyuさんのおっしゃるように、アートに見えなくもないですね。(^^)
アメリカの芸術家に、落書きアートから見いだされた方がおりましたね。
一番下の落書きは、消してしまうのが勿体ない位です。
Commented by Bon at 2010-07-20 11:47 x
gyuさん、おはようございます。
一番下のだけはアートかな?
アートでも、かってに他人の家のドアに書いたら器物破損罪??
私は許せない!
Commented by gyuopera at 2010-07-20 15:49
♪ roshiさん、おはようございます♪
メッセージをありがとうございます。そうですね、社会のモラルを守らずして評価される値はない、まったく同感です。
キース・ヘリングは、確かに地下鉄の広告板に黒い紙を張って絵を描いて、それがニューヨークの通勤客の間で評判となり、個展などをしてストリートアートの先駆者となったんだそうですね。
でもこれらの落書きには、一番下のを除いたら、アートのかけらもないかも。太い文字を並べるのだって、真似ですものね。
以前良くドイツに入っていたころ、なんて落書きが多いんだろうと思ったら、バルセロナもあっという間に… 悲しい。
Commented by gyuopera at 2010-07-20 15:53
♪ ooawakuiさん、おはようございます。
ははは、両腕切断の刑!? しかし、何か厳しい罰則でも付けないと、これではまちが醜悪化してしまいますよね。精神的に病んでいるかもしれないというのは頷けます。
日本みたいにモラルの高い国でも落書きが増えてきたのは悲しいですね。不特定多数の人に嫌な思いや迷惑をかける、コンピューターのビールスもだけれど、それを趣味にする人間はやっぱり精神的に病んでいるんだろうなぁ。
Commented by gyuopera at 2010-07-20 15:59
♪ cakeさん、おはようございます。
メッセージありがとうございます。バルセロナに16年前にいらしているのですね。ということはオリンピックの少し後かな?オリンピックが1992年でしたから。年月がたつのは早いですね。
昔、落書きと言ったら、へのへのもへじくらいしかなかったのに… モラルの低下は本当に残念です。
アメリカのキース・ヘリングはストリートアートの先駆者として有名になりましたね。でもちゃんとモラルは守ってやってたみたいです。
シャッターに描かれた絵は、中には注文して描いてもらったのもあるようですね。普段お店があいている時は見えないのに、閉っている時にみえて、あら、こんな絵が、と思うこともあります。デモ隊隊は「汚し」ているとしか思えないものが多いですね。
厳しい罰則を作ってほしいです。
Commented by gyuopera at 2010-07-20 16:02
♪ Bonさん、おはようございます。
いくつもコメントありがとうございます。
人の家の玄関に落書きするのは、どんなにアートっぽくても許せないですね。その家の人が描いてくれと言ったのでしたら別ですが… 99パーセントまでが醜いものですから、これは厳しい罰を合法化しないと無くならないでしょうね。独裁フランコの時代は考えられなかったですから…
Commented by seedsbook at 2010-07-20 16:43 x
おはようございます。
一生懸命描くなら他の場所に描けばいいのに。。。または許可を得る。そうなると彼らにとっては意味が無いのでしょうけど。。。
特にぐるぐる描いただけのただの落書きは許せないですね。ここでも色々対策取っているけれど簡単じゃないですね。落書きが増えると街の景観が損なわれるのを通り越して雰囲気が悪くなって来る事がありますね。
Commented by gyuopera at 2010-07-20 16:50
♪ seedsbookさん、おはようございます。
本当にそうですね。描くと言って、人の玄関の扉に描くなんて、それもこんなに汚くするのでは許されませんね。これは絶対罪になると思いますけどね。
落書きがいっぱいのところはスラムと言った雰囲気になりますから、絶対にやめてほしいです。描く人は、自分の町がどんなに醜くなっても関係ないのかな?故郷の町に対して愛情というものが無いのかな?モラルの欠如、かな・・・なんだかそういうことを考えていると、将来暗いなぁと思ってしまいます。
落書きいっぱいの暗い街は、犯罪のにおいがします。
Commented by hanarenge at 2010-07-20 21:23
こんばんは、アートか落書きか・・・所かまわず書きなぐっているのは単に落書きですけど・・・奇麗なドアが台無しで腹が立ちます。
この辺りでも落書きが一時多かったです、いえ、今でも駅の裏側なんかに書いてあります。
なんかね、笑えてくるんですけれど、この落書きにも一定の形があって、見る人(落書きに浸かっている人)がみたら、これは誰それと解るんですって。
私も一番下はアートに見えなくもないと思いますが。。。何にしてもあまり愉快な物ではないですよね、ぷんぷんです*
落書きを消さないでいると、街が荒れるという事で難波などでは
商店街の人たちが見回って消しているんですって。
Commented by kanotoi at 2010-07-20 22:47
gyuさん、こんにちわ
アートな落書きもありますが、バルセロナの落書きはひどいですよね、地下鉄でもあるし やっぱり学校と家庭の教育水準が低いのだと思います。しっかり行儀作法を学んでほしいものです。バルセロナに居る友達ですが車におもいっきりスプレーでいたずらされていました。
(MixiのPimientaです)
Commented by ayabarcerona at 2010-07-21 06:06
お久しぶりですこんばん^^私は落書き嫌いです。モラルがない!!!
常識で考えればおかしい事でしょ。
それを平気でやる神経が信じられないですよ。
落書きだらけのところはイメージもあんまり良くないですしね。
なんかわたしやったら避けて通ってしまいます。。。
Commented by gyuopera at 2010-07-21 18:38
♪ 蓮華草さん、こんにちは。
落書きはだいたいが本当に醜いものですよね。「汚す」意図がわかるじゃありませんか。そんなら自分の家の壁や服にでも書いたら?っていいたくなります。何も他人のものを汚すことないじゃないですか。それってやっぱり罪になると思いますね。
商店街の人たちが見回って消しているのですか。ご苦労様です。
ここでは市の清掃員が消していますけれど、あの予算もばかにならないと思うんです。それは全部税金から出ているのですからね。落書きを消すのにいったいどのくらいのお金がかかるか、公表してほしいと思いますワ。こちらは消費税が18パーセントになって、ただでさえ大変ですのに。
Commented by gyuopera at 2010-07-21 18:43
♪ kanotoiさん、こんにちは。
あ、Pimientaさんだったんですね。
12,3年くらい前は、落書きはありましたがそんなにひどくなかったんですよ。むしろドイツとかに旅行した時、電車に乗っていると大きな文字の落書きがたくさんあるのを見て、ちょっと怖いような、戦争を思わせるような印象を受けました。
しばらくしたらスペインにもあっという間に伝染して、そういう落書きがいたるところにみられるようになりましたが、最近はただ汚す目的のものが多くて、これは明らかに人に何かを訴えるのではなくて、うっ憤を晴らすのか嫌がらせなのか、モラルの欠如ですよね。処罰を法律化すべきだと思います。
Commented by gyuopera at 2010-07-21 18:46
♪ Ayaさん、こんにちは。
お元気そうですね!Ayaさんの作ったケーキ、みんな美味しそうで食べたいものばっかりだけれど、今太っちゃって困ってるのでしばらくお預けです。
今の落書きは汚いですね。誰かわからなければ何やったっていいだろう、っていう感じで。
このままじゃまちがスラム化してしまうのじゃないでしょうか。厳重処罰をしてほしいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2010-07-20 05:25 | 日々のこと cotidiana | Comments(16)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera