古代ローマ時代の墓の並ぶ道2 Via sepulcal romana2

さあ、どんなお墓があるか見てみましょうか。
b0064411_31981.jpg


お墓にもいろいろな形があって、これはCupa,クパと呼ばれるもの
b0064411_33053.jpg

下にかなり掘り下げて、深い石の棺を埋め込み、上は赤く塗った漆喰で、盛り上げておおってありました。
上に穴があいているのは、そこから死者に食物を入れたのだそうです。

b0064411_3101731.jpg


b0064411_393165.jpg


「Pedanius Dionysius, 彼の妻Fabia Ferriolaによって墓が造られた」 紀元2世紀終わり
b0064411_3115976.jpg

この時代は、結婚しても、お互い姓は前のままだったのでしょうか。スペインは今もそうですが。

こちらは
b0064411_315697.jpg

「Quintus Iulius Primigenius Repostus, 彼の弟Puintus Iulius Repostusによって墓が造られた
b0064411_315261.jpg

当時からたくさん姓を持っている人がいたんですね。

こんな形のお墓は Tumul conic(円錐墳墓)と呼ばれます
b0064411_3212076.jpg


ほかにもいろいろありますが、石を刻んだものもあります
"Faustianus, de Tertullina i Tertiola" 紀元2世紀
b0064411_3243790.jpg


"Fabia Agathonice"  紀元二世紀終わり~三世紀
b0064411_3263513.jpg


こんな縦長のもあります。Estelaと呼ばれています。

"Cornelia Cosme" 紀元2世紀終わり~三世紀
b0064411_3275221.jpg


b0064411_32847100.jpg


これはAraと呼ばれるもの

”Terentia Fuscula、彼女の娘Flavia Chrysisによって造られた” 紀元二世紀終わり
b0064411_329457.jpg


これは、お墓の並ぶ道がずっと続いていたことを想像できるように新しく作られたもののようですね
b0064411_3314786.jpg


こういう四角のベースだけ残っているものもあります
b0064411_333189.jpg


当時植えてあったであろうブドウの木が植えてありました。最近整備したとき植えたみたい
b0064411_33337100.jpg


"Numisia Eutychia, 彼女の娘Numisia Tycheによって造られた” 一世紀終わりから二世紀
b0064411_3341548.jpg

まだ赤い色が部分的に残っていますね
b0064411_3344452.jpg


ごちゃごちゃくっついてるのも
b0064411_337526.jpg


これは黄色かったのかな?
b0064411_3374222.jpg

"Flavia Theodote, 彼女の相続人たちによって造られた” 紀元二世紀
b0064411_3381474.jpg


こちらは
b0064411_340296.jpg

ほとんど読めないですね
b0064411_3405914.jpg

でも説明には"Antonius Theodorus, 18歳、ここに眠る”と書いてありました。
b0064411_3422993.jpg


こちらは父と娘の墓
b0064411_3431023.jpg

"Eroticus i Erotrice, 父と娘、彼の娘、彼女の妹Trocina Eroticusによって造られた”
b0064411_343357.jpg

ちょっと変な名前ですけどね。娘は名前が姓になってますね。

似たようなお墓がまだあります
b0064411_3462082.jpg

これはかなりはっきりしていますね。
b0064411_3464471.jpg

"Buturas, 彼の息子 Neo によって造られた” 紀元2世紀終わり~三世紀。信じられます?1900年も前なんですよ。

これは欠けちゃったのかな
b0064411_3483564.jpg

文字ははっきりしているけど
b0064411_349225.jpg

”Fabia Tertulia"  紀元二世紀終わり

こんな丸いのもありました
b0064411_3503069.jpg


こうして道沿いに並んでいたのですね。
b0064411_351564.jpg

上のほうの家が見えなければ、ちょっとローマ時代に行った気分
b0064411_3514468.jpg


b0064411_3522838.jpg


その道は、昔のバルセロナ、バルキーノの町に続いていました。反対側は、ローマに続いていたんですね。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2010-05-12 03:53 | 古代ローマ遺跡 romanos | Comments(0)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera