Palau Mojaのコンサート   Concierto en el Palau Moja

ランブラス通りからカテドラルに抜けるPortaferrisa通りに面して建つPalau Moja(モジャ宮)は、18世紀にJosep Masの設計で建てられたMoja侯爵の宮殿で、侯爵の死後、何人かの人手に渡り、火災に見舞われ、荒れ果てていていましたが、1982年に州政府の所有になっています。
地階の奥にあった大きな車庫(当時は馬車)を潰してアートの展示会場にし、ここはかなり前からオープンされましたが、上の館のほうは、長いこと修復をしていました。

昨夜のコンサートは、その宮殿のSalon Vigataで行われ、その広間はまさに音楽を演奏するために作られていました。

Portaferrisa通りから門をはいります。
b0064411_31196.jpg


右手にある階段を上り
b0064411_332677.jpg


イヌの絵~
b0064411_344178.jpg


b0064411_37718.jpg


素敵な踊り場をさらに上へ
b0064411_354362.jpg


b0064411_362352.jpg


周りは美しい壁画が
b0064411_382274.jpg


b0064411_384684.jpg


b0064411_39272.jpg


b0064411_395828.jpg


細長いサロンで受け付けをしています
b0064411_3105950.jpg


b0064411_311152.jpg


b0064411_3115219.jpg


b0064411_312986.jpg


b0064411_3123399.jpg


ハープが付いています
b0064411_313849.jpg


芸術家のRicardo Baccaro夫婦にバッタリ。

こちらが会場、Salon Vigata
b0064411_3142615.jpg


b0064411_3144883.jpg


b0064411_315352.jpg


b0064411_3152169.jpg


b0064411_3154722.jpg


壁画に囲まれています
b0064411_321757.jpg


そして息をのむような天井
b0064411_3162720.jpg


b0064411_3165819.jpg

横に座ったRicardoが、

「壁画は大したものじゃないな。あの前の壁画の2人の人物の姿勢はいかにも不自然だし、後ろにいる人が前の人より大きく見える。システィナ礼拝堂の壁画の人物は、一人として不自然な姿勢をしていない」
b0064411_3225711.jpg


左右の壁の天使の下に、変わった絵
b0064411_3245124.jpg


b0064411_3251132.jpg


礼拝堂があります
b0064411_3255064.jpg


見事な大シャンデリア
b0064411_3261833.jpg


さて、コンサートが始まります
b0064411_3271689.jpg


今日はPadre Antoni Soler(1729-1783)作曲の五重奏曲を3曲、休みなしで演奏
b0064411_329572.jpg


フルート奏者が友人Anton、ピアニストは日本のFujiki Ayakoさん
タキシードはかっこよく見えますね
b0064411_3303583.jpg


夜10時に始まり11時20分ころ終わったので、正味1時間と少しなのですが、リピート部分が多いので、なぜかかなり長く感じました。時々バッハのような、時々モーツァルトのような・・・
でも素敵な会場で、なかなか良かったです。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2010-04-26 03:36 | オペラ、コンサート musica | Comments(0)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera