後宮からの誘拐   Opera Die Entfuehrung aus dem Serail

昨夜はモーツアルトのオペラ「後宮からの誘拐」を見に行きました。

その前に、今日のコンサートのための最終リハーサルがあったので、一旦帰って服を着替えるわけにもゆかず、フルートや楽譜を持ったままそのままの恰好でリセウ劇場に行きました。
一応ジャケットは着て行ったので、大きなバッグはみっともなかったけれど、最近では普段着の人が多いので、ま、許されたかな。

「後宮からの誘拐」はモーツァルトが1782年に作曲した三幕からなるドイツ語オペラで、オーストリア皇帝ヨーゼフ2世の依頼により製作され、1782年7月16日、ウィーンのブルク劇場で初演されました。

オペラはレチタティーヴォがなく、アリア以外はセリフでしゃべるのです。
複雑な、非常に難しいアリアが多く、上演のあとで皇帝がモーツァルトに「音符が多すぎる」と言ったのに対し、モーツァルトが「ちょうどよい数です、陛下」と答得た、というエピソードが、映画 「アマデウス」にも出てきましたね。

主人公ベルモンテが召使ペドリッロの助けを借りながら、恋人のコンスタンツェをトルコ人の太守セリムの後宮(ハレム)から救い出すというストーリー。
休憩を入れるとほぼ4時間。8時に始まって12時に終わりました。第二幕で帰ってしまった人もいましたが、第三幕が一番面白いのにね。

劇場での写真撮影は禁止ですから、リセウ劇場のHPから写真をお借りしています。

舞台はすっきりとして、真中に傾斜した部隊があり、そこが宮殿というわけですが、終始青空に浮かぶ雲が映し出されています。
小さめの机といすが何客か。机に足を乗せて居眠りしているのは、セリムの部下オスミン。
恋人コンスタンツェを救い出しに来たベルモンテはトレンチコートを着て、革のスーツケースを持っています。初めのアリアは、オケボックスの前の客席の一番前で歌われます。

意地悪なオスミンが、どうしても宮殿に入れてくれない
b0064411_17311140.jpg


背景に見えるのはコンスタンツェの部屋。
b0064411_805315.jpg


b0064411_17322564.jpg


セリムはコンスタンツェが好きなのに、彼女は頑としてその愛を受け付けない
b0064411_17342447.jpg


建築家としてまんまと宮殿に入ったベルモンテがやっとコンスタンツェと再会
b0064411_17352252.jpg

情熱的な再会という感じがしなくてちょっと歯がゆい

オスミンにねむり薬を飲ませ、夜中になったら逃げだそうとたくらむのだけれど
b0064411_17371835.jpg

みごと失敗、全員捕まってしまい、オスミンがみんなの首を切ろうとうれしそうに歌う。

ベルモンテとコンスタンツェは喜んで死を受け入れようと歌うと、感激したセリムは全員を解放する。また、セリムはスペインで改宗カトリック・イスラム人として迫害された人で、ベルモンテがその迫害者の息子ということが判明、迫害者に対して復讐せずに、許すという寛容性を示す。

コーラスは客席の一番舞台よりの左右で歌っていて、一度も舞台に上がりませんでした。


リセウ上演のイントロ部分



喜劇だけれど、1,2幕はちょっと長い感じがします。
3幕目に、横の人と初めて話しました。その若い男性は、私と同じにアボノの人で、何時も一人。毎回一緒になるのですが、「オラ」と言うだけで話したことはありませんでした。
3幕目の休憩の後、

「このオペラ4時間もあるんですね」

と言うと、堰を切ったように話し始めました。自分はもう8年も前からずっとアボノであること、ワーグナーとモーツアルトが好きだから長くは感じないこと、来季のアボノは、ほかにあまり面白いのがないから、そのほかのオペラは買わないだろう・・・etc.etc.
彼もいつも一人だから誰かに話したくて仕方なかったようです。

長かったけれど、最後の3幕がとても緊迫していて面白いので、そこでうまく締めくくられた感じでした。

私が見た日は、ソプラノがちょっと調子が悪くて、テノールも一番初めのアリアは緊張気味でしたが、後はとても良かった。オスミンはいつもとても魅力的な声でした。

Konstanze Agneta Eichenholz

Belmonte Pavol Breslik

Pedrillo Peter Marsh

Blonde Hendrickje van Kerckhove

Osmin Jaco Hulipen

Selim Christoph Quest (セリフのみ)

 指揮     Ivor Bolton

演出 Christof Loy


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
Commented by cna training at 2010-07-03 02:01 x
Great site. A lot of useful information here. I’m sending it to some friends!
Commented by gyuopera at 2010-07-03 04:32
♪ Hello, cna training,
Thank you for your message. I'm glad to know that English-speaking people also enjoy my blog!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2010-04-17 08:01 | オペラ、コンサート musica | Comments(2)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera