バルビドレラの貯水池を見に El pantano de Vallvidrera

セマナ・サンタ(イースター)の祭日の金曜日、急にまた山に行きたくなりました。
そうだ、今日はバルビドレラのダムと貯水池を見に行こう。

サリアの駅まで歩き、2駅目のBaixador de Vallvidreraの駅で降ります。

こんな駅
b0064411_4263886.jpg


ホームに並木と外燈がある駅
b0064411_4272789.jpg


駅からすぐのところにある、Santa Maria de Vallvidrera教会
b0064411_4291674.jpg

オリジナル部分は10世紀のもの。教会の主な部分は16世紀のゴシック様式
b0064411_4301283.jpg


遠くに見えるのが、VerdaguerのミュージアムになっているVilla Juana
b0064411_431385.jpg


裏側から見る
b0064411_432564.jpg


ダムのほうに行く途中にあった家
b0064411_4334120.jpg


きれいな花が咲いています
b0064411_434563.jpg


行けども行けども、どんどん登るばかりで湖が見えてきません。いい加減登ったところで下が見えました。
b0064411_4345766.jpg

あちゃ、道をまちがえたんだわ.

下る道を探して急な坂を下りました。

やれやれ、やっとダムが見えてきた
b0064411_4362485.jpg


あのピンクの建物も
b0064411_4364526.jpg


貯水池は
b0064411_4371271.jpg

今年の冬たっぷり雨が降ったので、水がかなりありましたが、茶色の藻が水面を覆っています。
b0064411_4381291.jpg


b0064411_4382855.jpg


b0064411_4384610.jpg

サリア地区の水の確保のため1864年に作られたダムですが、今はこの水は利用されていません。
ダムのある位置まで水量があれば水も流れてゆくのですが、そこまで達していないので、貯水池に流れ込んだ水はそのまま動かず、それでこんなに藻が繁殖してしまうのでしょう。
カエルが鳴いていました。

ダムのこちら側はカラカラ
b0064411_4422861.jpg


ダムの横にあるピンクの建物は、Elies Rogent i Amat設計の Casa del guarda del Pantano,ダムを監視するための建物。ダムと一緒に建てられました。
b0064411_4484581.jpg


b0064411_449559.jpg

ハイカーの人たちが結構来ていました。一時は水がなく、2年前は干上がっていた貯水池も、こうして水があると、人も見に来るようです。

駅に行くまでの家には井戸がありました。
b0064411_4534469.jpg


小人が塀の上にいる家も
b0064411_4541482.jpg


Villa Juanaも行きたかったけれど、またこの次にしよう。
b0064411_4323117.jpg


b0064411_432499.jpg


今日はイノシシに出くわさなかったわ。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
Commented by woodstove at 2010-04-03 22:07
gyuさん こんにちは~。。。^^;
 イノシシが出るコースなんですか?
それにしても、良いハイキングコースですね。
歴史散策もしながらミュージアム、良い一日が過ごせますね。
 到着駅の照明ランプも素敵でした。
それとプラットホームの樹木も不思議と言えば不思議な光景
ですよね。。。。^^;
Commented by gyuopera at 2010-04-04 01:04
♪ woodstoveさん、こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
この辺り、イノシシがものすごく増えているのだそうです。昼間でもごみあさりに出てくることがあるので、この前はばったり出くわしました。夜だと、結構頻繁に出てくるようです。
この電車の通る小さな駅のプラットホームはみんなこんなランプと木が植えられているんですよ。楽しいですね。夏は日陰になっていいと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2010-04-03 21:20 | 散歩 paseo | Comments(2)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera