Trevor Pinnockチェンバロコンサート

Trevor Pinnockと言えば、バロック音楽の演奏で知らない人はいない名演奏家・指揮者ですね。
b0064411_6315027.jpg


そのPinnockがチェンバロのソロコンサートをやるとなったら、行かないわけにはいきません。
(これは大雪の前日でした)

コンサート会場はCaixa Forumのホール。

夜7時のスペイン時広場
b0064411_6305228.jpg


夜のCaixa Forumは初めて
b0064411_6323849.jpg


小さめで室内楽にはもってこいのホールです。
b0064411_6331845.jpg


調律師の人が、調音しています
b0064411_634795.jpg


チェンバロは美しいですね
あー、マッシュルームのような頭が入ってしまいました><
b0064411_6343716.jpg


プログラムは

I

Toccata num.12 en la menor Johann Jakob Froberger

Fantasia num.2 en mi menor

Partita num.4 en re major, BWV328 Johann Sebastian Bach

II

Del segundo libro de Pieces de clavecin Francois Couperin

Suite en la menor Jean-Philippe Rameau

前半で、曲の途中で拍手をしたり、ゴホゴホと大音響で咳をする人がいて、ピノック氏はじろっと見ていましたが、途中で演奏を止めると、

「こんなにうるさくては演奏ができません。咳をするときは、口を覆ってください」

と言われました。まったく当然ですよね。スペインはほかのヨーロッパよりコンサート会場がうるさいことで有名のようですからね。
その後はかなり静かになりました。
私も最後のころ咳が出そうになって、用意していたアメを口に入れ、ハンカチも用意していたのですが、咳が出ないよう抑えるのにかなり苦労しました。というのも、2日前から急にのどがおかしくなって、ほとんど声が出なくなっていたのです。

これほどの名演奏家でも、何回かのミスタッチはありましたが、優雅なチェンバロの音は耳に優しく、うっとり聴き惚れました。ただ私としては、独奏よりも管弦楽が入っていたほうが好きかな、やっぱり。

帰りは雨が降っていました。
b0064411_648615.jpg

今年の冬はなんて雨が多かったことでしょう。それに今日はとても寒い日でした。

Trevor Pinnockの演奏のYoutubeがありましたので、お聞きください。



↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
Commented by ぱんちゃん  at 2010-03-11 16:49 x
チェンバロのコンサートいいですね。何につけ生演奏は良いです。演奏者のそれまでの練習してきた日々に思いを馳せると感動もより一層深まりますね~。gyuさん喉の具合、早くよくなると良いですね。お大事になさってください。
Commented by gyuopera at 2010-03-11 20:19
♪ ばんちゃんさん、こんにちは。
チェンバロの音は、なんだか貴族的な響きがあって、優雅な宮廷の演奏を連想します。
のどはまだ枯れたままなんですよ。今日はハーブを調合してもらってきました。一応何とかフルートは吹けるのですけどね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2010-03-10 20:13 | オペラ、コンサート musica | Comments(2)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera