ユダヤ人街と聖エウラリアの拷問された坂 Barrio judio

市庁舎やジェネラリタ(州政府)のあるサン・ジャウマ広場から、ジェネラリタの横の細い道をはいると、そこは旧ユダヤ街
b0064411_1848547.jpg


細い小路に両側の建物が覆いかぶさるように建っています
b0064411_1848428.jpg


今も人が住んでいると思いますが、いつもひっそり
b0064411_18491266.jpg


この家がバルセロナで一番古いとされていますが
b0064411_18492630.jpg


一軒売りに出てる!
b0064411_18503628.jpg


この建物の半地下には、シナゴグがあるんです。角にある、ちょっと飛びだしたところ

b0064411_18514361.jpg


こちらには別のシナゴグがあったといわれている
b0064411_1961343.jpg


いずれにしても、1391年の襲撃で、ユダヤ人たちはほとんど殺されるか、国外に逃げてしまったのですから、ほとんど跡は残っていないのです
b0064411_1975581.jpg


b0064411_1981574.jpg


b0064411_1983086.jpg


ユダヤ人街が手狭になって、ここにあった市壁の門が取り払われたところに、聖エウラリアが祭られています。
b0064411_1994416.jpg


13歳で殉教したエウラリアは、樽詰めにされ、剣を刺されてこの坂を転がされた
b0064411_1911862.jpg


b0064411_19112946.jpg


通りには彼女の名前が付けられ
b0064411_19121613.jpg


今でもいつも花がささげられている
b0064411_19102213.jpg


この通りは普段はいつもひっそり
b0064411_19134927.jpg


なんとなく悲しみが漂っているように思うのは私だけでしょうか
b0064411_19144569.jpg


b0064411_1915845.jpg


バルセロナの旧ユダヤ人街の話はこちらをご覧ください

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
Commented by alex at 2010-02-16 19:36 x
こんばんは。またこのお祭りの時期なんですね。
私はすぐ忘れてしまうので、gyuさんがこうしてその折々に話してくださるのでとても嬉しいです。
エウラリアが樽詰めにされて転がされた坂というのは、見ていて胸がつまります。13歳の少女が、残酷な責め苦にあって殉教したというのはとてもつらいです。
一番古い家の1軒が売りに出ているのですね!? 住むのはなんとなく躊躇しますが、中をのぞいてみたい気はします。
Commented by gyuopera at 2010-02-16 20:36
♪ alexさん、こんにちは。
聖エウラリアのお祭りは、毎年2月の半ばで、寒い冬の時期お祭りとしてみんな待ちわびています。町は賑やかな太鼓の音が響きわたり、ヒガンテ人形が町を練り歩いて、夜は火祭り、ととても楽しいのですが、殉教したエウラリアのことを考えると涙が出てしまいますね。
ユダヤ人がいなくなってから、この地区の建物は全部売りに出されたのですが、いったい誰が住んでいたのでしょうね。昔は怖くて踏み込んだこともなかったのですが、今は観光客がぞろぞろ。
建物の中はどんなになっているか見たいですね。
Commented by bao at 2010-02-16 21:20 x
通り道にある過去を知ると、違った趣きで歩くことができそうですが、半地下にシナゴグがあり、たる詰めにされて突き刺され、、なんともやるせない悲しい気持ちになりますね。
Commented by gyu at 2010-02-17 01:59 x
♪ baoさん、こんばんは。
この半地下のシナゴグが見つかったのは、割と近年になってからです。
前の持ち主は、ここをバールにつくりかえようとしていたのですが、一番下はローマの遺跡ですし、そのあと中世から近代まで、染物屋さんが使っていました。それで誰もそれがシナゴグと気付かなかったのですが、ある文書の中に、場所が記されていて、それがやっとシナゴグと分かったのです。シナゴグで祈りをさ下げる前体を清めるところがあって、それは女性用がカフェCaelumの地下になり、男性用はある家具屋の奥にその名残が残っているのです。
このあたり、建物の中に昔の別の建物が入っていたりして本当に複雑です。まだ知られていないことが山ほど隠れているはずなんですよ。
面白いです。
聖エウラリアの話は悲しいですけれどね。
Commented by おぴ at 2010-02-17 08:05 x
日本人は儚さや、消え去った文化、消え行くモノに惹かれると言われます。
私もまさにその一人。
崩れた城跡、廃墟となった町などに、現在の荒涼と昔の栄華を想い、
胸が熱くなります。

ここで一曲。「荒城の月」。。ふふ
Commented by gyuopera at 2010-02-17 18:18
♪ おびさん、おはようございます。
日本人は、明治維新から、欧米諸国に追いつこうと、欧米のものを取り入れ、戦後は古いものをどんどん壊して新しくしてきましたね。それで日本の古来からあったものは、かなりの部分、姿を消してしまったのは本当に残念としか言いようがありません。それだから一層ノスタルジーを感じるのでしょうか? 
私の90歳の母は、骨董は別としても、あまり古いものを好まないのですよ。面白いものですが、古いもの=汚い という風に思う世代なのかもしれません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2010-02-16 19:16 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(6)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera