ボケリア市場     El Mercado de Boqueria

毎週1,2回は必ず行くボケリア市場。 生鮮食品は、スーパーより市場で買うのが好きだけれど、顔見知りのいつも行くところに行かないと、野菜や果物など、ヘンなのを入れられたりするからご用心。

今日はまずナッツやドライのトマトなんかを買って
b0064411_692535.jpg


オリーブも3種類くらい
b0064411_610815.jpg

あ、この壺かわいい
b0064411_6103956.jpg


いろんなサラダ用の葉っぱ。これはその日に食べないともうしなっとなってだめになっちゃう
b0064411_6115060.jpg


いろんな種類のトマトだけ売っているお店も
b0064411_611574.jpg


いつも行くバカラオ屋さん
b0064411_6135677.jpg

このお二人、すごく親切なんだもの

b0064411_6144229.jpg


b0064411_614597.jpg


私はその日に食べるように戻したものを買っちゃう。自分でちょうどいい加減に戻すのはなかなか難しいから
b0064411_6161246.jpg


ここにはカラスミもあるし
b0064411_6164018.jpg


そのほかいろんなものを置いている。一番右側のパックは、ブニュエロ(タラベースの団子)の材料。スプーンですくって油で揚げるだけ。
赤いのが、パプリカの詰め物。 左がモハマ。
b0064411_61928100.jpg


アンチョビーも売ってるし、そのほかお土産になりそうなものもいろいろ
b0064411_6201897.jpg

こういうアンチョビーはお高いけれど、スーパーの缶詰のものよりはるかにおいしい。

食べ物を一杯買い込むと、とても豊かな気分になって、荷物が多くても、なんだかウキウキ。

最近気が付いたんだけれど、ボケリアの入り口近くにある柱
b0064411_622355.jpg


よく見るとモザイクなのね
b0064411_6224686.jpg


b0064411_62332.jpg


名前が付いてます。
b0064411_6241131.jpg

1913年というと、ガウディが活躍していたころなんですね。どうもガウディっぽいと思った・・・

この市場、1840年に、カルメリタ修道院とサンホセ教会の跡地に市場の建設の許可が下り、その後いろいろすったもんだして、1863年に八百屋とか果物屋が入ったそうです。1911年になってやっと今の魚屋さんのスタンドができたんだそうで、1914年にこの市場に初めてメタルの屋根が付けられています。
近年また内部を大々的に改装して、以前よりきれいになりましたね。

それにしても最近は観光客が多くてちょっぴり閉口しています・・・

今日はさつま揚げを作ろうと、アジを2kg買ってきました。今日はとても小ぶりだったので、それを三枚に下ろすのにたっぷり1時間かかりました。何尾あったでしょう。20尾どころじゃなかったですよ。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
Commented by otebox at 2010-02-02 22:42 x
ありがとうございまーす。レイアル広場もボケリア市場もわたしのバルセロナの思い出には必ず出てくる上位ランクの定番なんです。もう一つバリオゴティコの回廊かな。
gyuさんいつぞやの肉のときといい、いいですねこんな買い物がしてみたいです。そしてこの他、様々な食材をながめたり、ためしたり、ああ市場歩きは土地のかおりがするから好きだなあ。
Commented by レモンドロップ at 2010-02-03 00:37 x
こんにちは。gyuさん、お久しぶりです。

国内外問わず、市場ってたくさんの色や声があふれていて大好きです。へえ~。。。と感心することしきりだったのですが、特に缶詰よりおいしいアンチョビーっていうのに惹かれてしまいました。(常々アンチョビーって、そんなに言うほどおいしい食材じゃないんじゃないか?と思っていたので)シーザーサラダが大好きなので、おいしいアンチョビーで作ってみたくなりました。
Commented by seedsbook at 2010-02-03 01:51 x
バカラオ!食べたいです。ポルトガルでよく食べたのを思い出します。
ドイツでは干し鱈売ってないんですよね。。。。スペインは市場がおいしそうでうらやましい!!
Commented by gyuopera at 2010-02-03 02:38
♪ oteboxさん、こんばんは。
今日はね、ショッピングカーを持って行かなかったから、帰りはとても大変でした。ボケリアの行けないことは、あまりにもいろんな食材があるから、ついいっぱい買ってしまうこと。 ものすごく買い物意欲をそそられますね。両肩に大きな袋を提げて、多分10kgは超えていたかも。
お魚類は後の処理がとても大変。でも今日はいろいろ食べられるので、お夕飯が楽しみです。
市場って楽しいですよね。パナマの市場はすごかったなぁ・・・汚くて(笑)
Commented by gyuopera at 2010-02-03 02:42
♪ レモンドロップさん、こんばんは。
日本でも築地とか大きな市場がありますが、地方に行くとあまり見かけませんよね。海辺の町なんかはあるのでしょうか。私の実家のある町も、近所の町も、市場はありません。みんなスーパーで買うしかない。
昔はざるなどに盛って、ひと山いくら、と売っていたのに、今じゃみんなパック。そういうのあまり好きじゃないんです。
この市場では、アンチョビーも一枚ずつ売っているところがあり、ひとつ200円くらいするのですよ。さすがおいしいですよ。
缶詰のアンチョビーも、トマト・にんにくの微塵といためてスパゲッティを絡めると、とてもおいしいです。
Commented by gyuopera at 2010-02-03 02:45
♪ seedsbookさん、こんばんは。ドイツは大雪で大変ですね。
干し鱈ドイツにはないんですか。ここだってアイスランドとかから輸入しているんですけれどね。あの肉厚の鱈を戻したのはおいしいですし、サラダにしてもいけますね。でもいいお値段します。水につかっているのを一切れ買ったら、15ユーロですからね。
でも、スーパーでしか買わない人もたくさんいるようですよ。こんなにいろんな食材があるのに、利用しない手はないですね。
Commented by yasasin at 2010-02-03 15:07
市場というのは活気があって良いですね、特に顔見知りができると行くのも楽しみになりますよね。その日のオススメ品などは顔見知りになると安く売ってくれたり、逆に新鮮じゃないと教えてくれたりします(わが町の顔見知り魚屋)
ボケリア市場は観光中、毎日通いました。またぜひ訪れたいと切望中です。
Commented by gyuopera at 2010-02-03 15:25
♪ yasasinさん、おはようございます。
トルコの市場ってどんなふうなんでしょう、とても興味があります。
外国の市場は、自国にはない食べ物とかいろいろ並んでいて面白いですね。
ボケリアの臓物屋さんの前を通る観光客を観察しているととてもおもしろいです。私も初めのうちはそうだったのかな。
ボケリアのお店の人には、よく調理法をききます。そりゃ丁寧に教えてくれますよ。
こういう市場のそばに住んだら、毎日通えるのにな。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2010-02-02 06:26 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(8)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera