第47回フランシスコ・ヴィーニャス国際歌唱コンクール,セミファイナル

第47回フランシスコ・ヴィーニャス国際歌唱コンクールで、いよいよセミファイナル予選が1月10日から始まりました。 この日から毎日4日間予選が行われ、初めの予選で残った100名ほどの中から30数名が選ばれ、ファイナル予選にリセウ劇場で歌うのです。

10日26人が歌い、さすが聴衆もかなり来ていて、歌手が登場すると、拍手が起こりました。 
いずれも甲乙つけがたいほどうまい人たちばかりで、聞いていてとても楽しいものでした。

この日のトップバッターはスペイン。
b0064411_6573158.jpg
  
なかなか男前、と思ったらカウンターテナーでした。顔から予想していない声が飛び出すのは面白い。
ヘンデルのアリアを、コロラトゥーラも鮮やかに歌いました。

お次はアメリカのメゾ。
b0064411_717580.jpg

ドン・カルロのエボリ公女のアリアを素晴らしい迫力で歌いました。

フランスのテノール
b0064411_8175440.jpg

オネーギンのクダクダ、印象的でした。

チェコのソプラノ。
b0064411_723123.jpg

ルサルカのアリアは素晴らしかったけれど、パミーナのアリアは今一つ、かな。

スペインのバリトン。彼のフィガロは良かった
b0064411_7283929.jpg


オーストリアのバリトン。コロラトゥーラが絶妙だったヘンデル
b0064411_731892.jpg


韓国のカウンターテナー
b0064411_7322183.jpg

ヴィヴァルディとヘンデルの超絶的な技巧歌唱をバルトリ並みに歌い、聴衆を沸かせました。すごかったー。

イタリアのメゾ。
b0064411_7395384.jpg

コジ・ファン・トゥッテとウェルテルを歌ったけれど、特にシャルロッテのアリアがとっても良かった。メゾで一番気に入った歌手でした。

同じくイタリアのメゾ。
b0064411_742349.jpg

カルメンと、サムソンとデリラを歌う。カルメンが意外やとてもよかった。

ドイツのソプラノ
b0064411_7524917.jpg

天地創造、今は亡きルチア・ポップに非常によく似た声で魅了されました。

韓国のソプラノ。ぼけちゃったけど。
b0064411_7575465.jpg

ヘンデルのアルシーナ、ホフマンのオランピアの歌、どちらもかなり良かった。こういう曲なら、東洋人でも太刀打ちできると思うけど、ヴェルディなんかはちょっと難しい。

スペインのテノール。
b0064411_835317.jpg

男らしいいい声でした。ヴェルディも悪くなかったけれど、2曲目の "No puede ser"はスペイン語だけあってとてもよかった

マダガスカルのソプラノ
b0064411_864284.jpg

コジの「岩のように」はコンクールでは本当によく取り上げられるアリア。2曲目の、ラ・ボエームのミミのほうがあっていた感じ

韓国のバリトン
b0064411_815191.jpg

ウィリアムスとチャイコフスキーを歌った。声がとても豊かな感じ

しんがりがトルコのテノール。
b0064411_8183585.jpg

ドン・カルロの io perdutaと パリアッチョ。かなりの迫力でした。

いずれもかなりの程度の歌手たちばかり。さあ、どの人が最終選考まで残るかしら。





第二日目はオーケストラのリハーサルがあったので行かれなかったけれど、第三日目はばっちり見られました。
この日もみんなかなりのレベルの人たちばかり。そしてうれしいことに、2人の日本人歌手がいたのです。

三日目は24人が歌い、そのうちの8人が韓国人、3人がロシア人、2人が日本・ベルギー、あとは各国一人ずつから。

最初がベルギーのソプラノ。
b0064411_7194596.jpg

初めのモーツアルトは今一つだったけれど、「こうもり」のアデーラの笑いながらのアリアはとても素敵でした。

次は韓国のカウンターテナー。ぼけちゃいました
b0064411_721285.jpg

ヘンデルのリナルドはかなりいい出来、でもタンクレディはちょっと・・・

韓国のソプラノ
b0064411_7232397.jpg

ラ・ボエームのミミの歌は、ちょっとほろっとするくらい良かった

わが日本のソプラノ
b0064411_725418.jpg

3人前の↑の韓国のソプラノと全く同じ選曲だったのです。それがちょっと残念・・・
最後、つけ毛が落ちてしまって、スタスタ退場、ピアニストが拾ってました。

アルゼンチンのソプラノ。
b0064411_7463517.jpg

ルサルカのアリアとても良かったですね。

韓国のソプラノ
b0064411_861684.jpg

アリアドネのツェルビネッタのあの長たらしいアリアをすごいコロラトゥーラを駆使して歌ったんですが・・・
私には聞いてて苦痛でした。

ギリシャのメゾ
b0064411_88327.jpg

「こうもり」のオロロフスキー、良かったですよー。カルメンは今一つ。

アメリカのバリトン
b0064411_8102648.jpg

うまいんだけれど、過剰な演技のほうが勝っちゃってる感じ

日本のバリトン、リートを聞かせてくれました
b0064411_8121992.jpg


明日がセミファイナルの最終日。行けるかな。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
Commented by woodstove at 2010-01-12 12:42
gyuさん こんにちは~。。。
 こうして観ていても日本人が出てきませんね。
他の日に出るんでしょうかねえ。。。^^;
Commented by alex at 2010-01-12 20:44 x
gyuさんの一言コメントとその歌手の容姿から、歌の感じが何となく伝わってきて、楽しいです。
ファイナルも楽しみにしていますね^^。
Commented by gyuopera at 2010-01-13 08:16
♪ woodstoveさん、おはようございます。
私は全部聞きに行ったわけじゃないので、日本の方が初めの予選に出ていたのを知りませんでした。
今日、セミファイナルの3日目に行きましたら、日本の方が2人いらっしゃったんです。嬉しかったですよ。でも、今日歌った24人のうち、韓国が8人。ロシア3人、日本2人でした。ファイナルまで行くかなぁ・・・
Commented by gyuopera at 2010-01-13 08:26
♪ ALEXさん、こんばんは。
今日第3日目のセミファイナルに行ってきました。で、MOREのところに足しましたので見てください。
日本の方が2人出られていて嬉しかったです。
ファイナルは金曜日で、いよいよリセウ劇場です。
Commented by grappa-tei at 2010-01-13 15:10
まことに国際色豊かなコンサートで楽しいでしょうね。韓国勢、すごいですね。日本人も出場していたのですか。中国勢がちょっと見当たりませんね。受賞者、どこの国の連中でしょうか。日本人だったらいいけど、難しいかな。器楽演奏はいい線行くんですが、声楽はねー、ちょっと。チャイコフスキー国際コンクールで声楽部門で日本人で初めてグランプリ取った佐藤美枝子さんも、その後、結局泣かず飛ばずで、改めてこの世界の難しさを感じます。歌唱だけではダメなんですね。厳しいですよ。
Commented by gyu at 2010-01-13 16:07 x
♪ grappa-teiさん、おはようございます。
プロ級の歌手の歌を20人以上も毎日聞けるんですから、それは面白いです。もう、自分が審査員になったような気がしてね(笑)。
予選で100人ほどに絞られた中で、ファイナルまで行くのは30人ちょっと。今回日本人は・・・ 無理だと思います。やっぱりこうして聞き比べると、どうしても落ちる感じが否めないんです。表現力に乏しいというか・・・
マリア・カナルスの国際ピアノコンクールでも、韓国勢は2人くらいファイナルに残り、総合2位まで行ったけれど、日本人は予選でみんな落ちてしまったんですよ。
でも、こんなにすごい韓国勢、たとえ入賞しても、ヨーロッパで活躍するのはかなり難しいでしょうね。ホントにこの世界は厳しいと思います。
Commented by mondoarmonia at 2010-01-14 02:24
Gyuさん、お久しぶりです!
そして遅くなりましたがあけましておめでとうございます!
実は昨年年末、バルセロナに10日ほどいたんです!
友人のバリトンがリセウで歌ってたのと、ちょうど僕の休みが重なってあの劇寒の中バルセロナにいました。
Gyuさんに連絡することも考えてて、向こうにいる間ずっと気になってたんですが、突然連絡入れても失礼だなぁ・・・なんて思い結局今に至ります。
実はバルセロナには友人がたくさんいるので、またあそびに行くことになると思うのでそのときは是非!
今回は空き時間にたくさんの楽譜をCasa beethovenで仕入れてきました!
今年もよろしくお願いします!
Commented by gyu at 2010-01-14 03:12 x
♪ Heroさん、こんばんは! お元気そうでなによりです。
そうそう、明けましておめでとうございます。
バルセロナに年末いらっしゃったんですか。あの寒いとき!
年末というと、トロバトーレでしたね。私はリハーサルが入ってしまって行けませんでしたが、あまり演出がよくなかったとか聞きました。
あら、ご連絡くださってもかまわなかったんですよ。今度いらっしゃるときはメールでも下さい。
Casa Beethovenにたくさん楽譜ありましたか?イタリアよりも?
スペインじゃほとんど輸入品だから楽譜が高いんですよ。
先週からこの歌唱コンクールにずーっと通っていて、今日も行ってきました。金曜日がファイナルになり、リセウに行きます。今みんなレベルが高いですね。すごいなと思いました。終わって外に出るとき、みんな歌を口ずさんでいました。こういうの、いいな、と思いました。
Commented by mondoarmonia at 2010-01-14 06:44
早速のコメ返しありがとうございます!
では、今度行くときは是非連絡させてもらいます。
そうそうトロバトーレです。
友人達が日替わりでソロを歌っていたので、10日間の間に4回も見ました!(チケットとってもらったので・・・・笑)
実は最近日本で現代曲を歌う仕事の以来が入ってて、そのために楽譜探しをしてるんですが、イタリアには現代物はまずないです。
それに比べバルセロナには結構ありましたよ・・・
確かに輸入物で高かったですけど、手には入りますね・・・
何日も通ったんで、店のおじさん二人と仲良くなりました!
金曜日がファイナルですか・・・ 楽しみですね!
Commented by gyuopera at 2010-01-14 08:26
♪ Heroさん、またのメッセージをありがとうございます。
トロバトーレを4回も見たのですか、まぁ・・・ 最近リセウのHPでは写真のほかにもビデオを見ることができるようになりなかなか便利です。
このごろ、どうもあんまりリセウに行くのにわくわくしないんですよ。演出があまり良くないものが多いし、プログラムにちょっと魅力がない・・・
以前はヨーロッパのあっちこっちに見に行っていたので(イタリアは行かなかったけれど)、そのころが懐かしいです。
現代曲を歌うお仕事、楽譜は自分持ちなんですか。そりゃ厳しいですね。
カサ・ベートーベン、結構親切でしょう。
Heroさん、もうスペイン語も話せるんだ・・・ イタリア語と似ているとはいえ、冠詞なんか逆だったり、似ているだけにやりにくいんじゃないですか?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2010-01-12 07:21 | オペラ、コンサート musica | Comments(10)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera