ボルン地区の散策 Paseo en Born sanpo

建物の下を突っ切る通りを抜けると、ボルン地区に入ります。

こういった、静かな細い通りがいっぱい
b0064411_1910224.jpg


絵を描いている人がいました。
b0064411_19125439.jpg


こんな風に、窓を煉瓦で詰めた建物も・・・
b0064411_19113566.jpg


市民戦争の傷跡でしょうか。
b0064411_19115823.jpg


突然現れたアーチ
b0064411_1914824.jpg


b0064411_19151444.jpg


b0064411_19142537.jpg


事務所の中にもアーチが見えます。
b0064411_19162712.jpg


ピカソ美術館の裏あたりで、ネットに囲まれて工事しているところがありました。隙間からのぞくと・・・
b0064411_19171684.jpg


遺跡の発掘!
b0064411_19173979.jpg


今バルセロナはあちこちで工事をしていますが、一日平均3つぐらい、こうした遺跡が見つかるんだそうです。
b0064411_19202746.jpg


この遺跡はだいぶ大きそうですね。
b0064411_1919518.jpg

ここは後何になるのかな? 床をガラス張りにして、遺跡が見えるようにし、上は公園か何かにするのかな?

一緒に覗いていた老婦人が、

「あたしぁ考古学が大好きなんだよ。毎日見に来ているのさ。すぐ近くに住んでいるんだけど、あたしの家だって、地下がこうなっているとも限らないねぇ」


昔の造幣局の建物。将来はピカソ美術館の別館、アートセンター(?)になる予定
b0064411_19224283.jpg



b0064411_19231722.jpg

この壁は
b0064411_19244478.jpg


かつて頻繁に通ったであろう荷車の後がしっかり刻まれています。
b0064411_19252536.jpg


Bornにあるお気に入りのお店Casa Gispertで、入りたてのアーモンドを買いました。
b0064411_19273818.jpg


いい香りがします。今も炒っているところ
b0064411_19281096.jpg


「炒っているところをみたい?」

人懐こそうなお兄さんが、例の一世紀半くらいも前から使っている炒る機械の窯を開けて見せてくれました。
b0064411_1930577.jpg


「よく火事にならなかったですねー、そんな長い間」

「コーヒーを炒っていたころは一度ボヤになったけれど、その後、ナッツだけにしたからね」

それで今もこの機械は健在なわけですね。すごい。
b0064411_19314955.jpg

この機械で炒ったナッツは、塩味も付けてないけれど、いつまでも香ばしくてとてもおいしい。

ボルン地区を過ぎて、
b0064411_19333023.jpg


ゴシック街に入り
b0064411_1934529.jpg


カテドラルの裏を抜けて
b0064411_19344797.jpg


b0064411_1935101.jpg


b0064411_19355081.jpg


また地下鉄に乗って帰ります。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
Commented by siratamasira at 2009-11-14 17:49
こんにちは、す~っとのびてる通りは気持ちよさそうな感じですね。
台車の後のついた壁なんてがっちりそこにいるようすが素敵です、
でも なんといっても アーモンド 香りがしそうではなで深呼吸して
しまいます。ねんきが入った感じ、おなべとか、土鍋でもそうですが
なんともいえない しみこんだ感じがあるのでしょうね。
Commented by しま2 at 2009-11-14 17:50 x
この辺りの写真をみると、なぜだかワクワク・ドキドキして、
胸がキューッとなるほど、たまらなく好きです。
バルセロナには素敵なものがいっぱいあるけれど、一番魅了しているのは、これらの建物じゃないかと思ったりします。
私は歴史に疎いのですが、壁や遺跡がいろんな想像をかき立ててくれますよね。
Commented by gyuopera at 2009-11-14 23:40
♪ siratamasiraさん、こんにちは。
この地区のこういう細い通りに入るのは、ちょっと怖かったんですけれどね、でも道にごみ一つ落ちていないので、きっといい人たちばっかりが住んでいるんでしょう。
荷車の跡は、まだ馬に引かせているころのものです。石が減るほど通ったんですね。昔は賑やかだったのでしょうね。
アーモンドを炒る機械は、157年前のものということですから、大変なことですね。行くと、いつも炒っていますから、毎日使っているようですよ。
古いものが今でもこうして使用に耐えられるなんてすごいですね。
今のステンレスのお鍋は別として、古い土鍋、壺なども、年月を経たものは何か語りかけてくれますね。
Commented by gyuopera at 2009-11-14 23:46
♪ しまさん、こんにちは。
こういう古いところがそのまま残っている地区は、以前は危険地区として、あまり踏み込まなかったところです。
今回も、ほとんど人通りがないので躊躇しましたが、道はきれいだし、変な人もいませんでした。カメラを出すときは、よくあたりをうかがってから出しましたけれどね。 
こういうところは魅力的ですね。汚い、というかんじがしないんですよ。
Eixample地区の装飾いっぱいの建物を見ているよりわくわくしますね。
ある家の戸口の敷石には、2つのへこんだ跡がついていて、それは昔、毎晩娼婦がそこに立った跡なんですって。固い石がへこむほど毎晩建っていたなんて、信じられます?いろいろな記録を読むほど、ますます興味がわきますね。
Commented by あや at 2009-11-15 03:02 x
どうも、お久しぶりです。
久しぶりすぎですね^^;ご無沙汰すぎてすいません。

このボルンにあるナッツの店気になります。。。
今度行ってみようかな。こっちのアーモンド美味しいですもんね!
日本ではスペイン産アーモンドはちょっと高級で高かったもんなぁ。。。
Commented by gyuopera at 2009-11-15 07:18
♪ あやさん、こんばんは。お元気でしたか? 日本にお帰りになっていらっしゃったんですね。
あやさんのOchiai出の活躍ぶり、時々拝見させていただいています。
でも今少しやせたいと思っているので、お菓子を食べには行けないんです・・・ いつか食べた抹茶のロールケーキ、美味しかったです。
このアーモンドを炒っているお店、詳しいことはGisperをクリックくださると、前書いたブログにリンクしています。
ここにはチョコレートや、甘味、さまざまな乾物、コーヒー、オリーブオイルなどが売られていて、見ているだけでも楽しいですよ。
アーモンドはいつも炒りたてで、あっついんです。それで、その香ばしさがずーっと保たれているんです。ここのはおいしいです。
Commented by きりん at 2009-11-15 15:26 x
こんな裏通り良いですね~♪
私にももう少し勇気と土地勘があれば、是非散策してみたい町並みです!

バルセロナの街をご存知のgyuさんだからこそですね。
私は怖さが先にたってなかなかできない冒険です。

20年ほど前、ピカソ美術館から出たところで、
数人の怪しげな男性がたむろって危なかったので、近くを通りかかったセニョーラに一緒に歩いていただいたことがあります。
当時はそれくらいスリやひったくりに注意していたのですが、
最近は少しは落ち着いているのかしら?
Commented by gyu at 2009-11-15 17:16 x
♪ きりんさん、おはようございます。
本当に5年くらい前までは、私だってこういう人の誰もいない小路には怖くて入れなかったですよ。でも今はどこでもはいれる感じ。一応時間帯にだけは気をつけますが・・・
ピカソ美術館の通りは犯罪が多くて有名な通りでしたね。今はお店やギャラリーも増え、観光客があふれてにぎやかになったので怖くはなくなりましたね。夜は別としても・・・。
今は治安がずっと良くなり、観光客がとても多くなって、どこでも人がいるので、だいぶ安心ですが、スリは多いらしく、先日の新聞に、どのようにして摺るか、詳しく絵入りで説明してありました。
それから、こういう細い道も、全部直して敷石を張り替えてきれいにしたので、だいぶ明るい感じになりましたね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2009-11-13 19:36 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(8)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera