諸聖人の日(万聖節) El dia de todos los Santos

11月1日は全聖人の日。
カトリックでは、毎日、聖誰々の日、となっていますが、聖人というのは、365人以上いるので、そのほかは全部この日がその他大勢の聖人の日。

b0064411_318915.jpg


この日はお墓参りをする日になっていて、バルセロナの墓地はどこも人でいっぱい。

で、今日あたりだったら人がいなくていいんじゃないかと思って、les cortsの墓地に行ってきました。

ここは、バルサのカンプ・ノウのすぐ上にあり、カンプノウがすっぽり入ってしまうほどの広さがあります。

たくさんの美しい石像があって、ミュージアムのよう

b0064411_328592.jpg


b0064411_3294334.jpg


b0064411_330315.jpg


b0064411_3304453.jpg


b0064411_33116.jpg


b0064411_3311788.jpg


いくつかの小さな礼拝堂もあります
b0064411_3322822.jpg


b0064411_3324597.jpg


b0064411_3331240.jpg


b0064411_3333359.jpg


こういうアパート形式のもあります
b0064411_3343087.jpg


b0064411_334453.jpg


花が散乱しているのは、今朝、強風が吹き荒れたからです。

b0064411_335261.jpg


広くて、迷ってしまいそう
b0064411_335315.jpg


ここに全部死人が入っていると思うと・・・
b0064411_336138.jpg


怖くはないですけれどね・・・ ちょっと、馬糞のようなにおいが・・・
b0064411_3364835.jpg


b0064411_337396.jpg


b0064411_3372297.jpg


b0064411_3374469.jpg


白いお花で十字架を
b0064411_338579.jpg


こんなお墓もありましたが
b0064411_3392210.jpg


b0064411_3385714.jpg


b0064411_3394841.jpg


b0064411_3415954.jpg


b0064411_342242.jpg


b0064411_3424776.jpg


b0064411_3431520.jpg


赤ちゃんの靴下が
b0064411_344292.jpg


墓地の一角に、ユダヤ人のお墓もありました。
b0064411_3453692.jpg


墓地を出ながら、思ったのですけれど、私はお墓なんていらないなぁ、海か山に灰を撒いてくれるように頼んでおこう、なんて思ったものです。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
Commented by salzburg-info at 2009-11-04 07:04
gyuさま。

本当に美術館のようですね。
こちらと違って大きな彫刻がとても多く、教会の中にあるようなものが外にある、というカンジですね。
でも、お花もいっぱい、前日の人の行き来が想像できるようです。
秋晴れの、穏やかな気候が伝わってくる写真ですね。

>ちょっと、馬糞のようなにおいが・・
で、クスッと笑ってしまった不届き者の私です。。

lara
Commented by gyu at 2009-11-04 07:22 x
laraさん、こんばんは。
お墓参りのすぐ後の日は、まだたくさんのお花が飾られていてきれいでしたが、今朝ほどすごい嵐のような風が吹き荒れたので、だいぶ散乱していました。強風のお陰で、空は真っ青でした。
人がいっぱいいるときは写真を撮るのも気が引けるのですが、今日はゆっくりみることが出来ました。 モンジュイックの墓地葉、有名な人のお墓もがたくさんあるらしいです。そちらはもっと立派みたいですから、いつか行ってみなくちゃと思っています。 
Commented by Bon at 2009-11-04 11:29 x
gyuさん おはようございます。

日本の墓地に比べると本当に華やかですね。
そちらは今でも土葬なのですよね。
それでそんなにおいがするのでしょうか?
私は実家のお墓にも一人では行けない怖がりやですので、gyuさんの勇気にビックリ!
我が家は残された息子に負担を掛けたくないので、お墓は不要だと言ってありますが、息子は葬儀を出す俺が選択すると言っていました。
葬儀やお墓も多様化して来ているみたいですね。
そろそろ身の回りの整理や死後のことを考えなくてはならない歳になってしまいました。



Commented by gyu at 2009-11-04 15:17 x
♪ Bonさん、おはようございます。
ヨーロッパの墓地は、日本の墓地の陰気さがないですね。実際、モンジュイックの墓地などは観光地の一つにもなっているそうですしね。
たくさんの美しい立像を見ているだけでもいいですが、だいたいは悲しそうな顔をしていますね。
こうたくさんあるお墓の中に全部死人が入っていて、今ここに生きているのが私一人、と思うと、ちょっとぞっとしないでもないですがね。
お葬式は莫大なお金がかかるそうですし、お墓の維持も大変だと思います。あんまり息子たちに負担をかけたくないです。
身の回りの整理も、ある程度しておかないと、残った者が大変ですね。少しずつ始めないと・・・
Commented by r at 2009-11-05 03:27 x
お墓ですか・・・・日本の墓地と違う雰囲気ですね。
日本みたいに家ごとになってないそうで・・・・

半年くらい前に大きな病気でまだ治療中なので、
お墓の話は意外に身近です・・・

私も燃やして灰を海とかに撒いてもらって
お墓はいらないのですが、
日本だと散骨は法律でできないみたいで・・・・・
いろいろ考えちゃいました。
Commented by gyuopera at 2009-11-05 03:38
♪ r さん、こんばんは。 
像が建っているところは、ファミリー用になっているのが多いようです。でもアパート形式のは、一人でしょうかね。棺が一つしか入らないようですものね。
日本では散骨ができないのですか。 公害になるのかしら・・・。
ここでもどこにでも勝手に巻いていいわけじゃないと思いますけれどね、頼むのだったら、ちゃんと調べておかなくてはなりませんね。
Commented by きりん at 2009-11-05 20:10 x
お墓は落ち着きますよね。
ヨーロッパやアメリカの墓地を見ていると日本との文化の違いが感じられてとても興味深いです。
日本のお墓は祀りのイメージ。
こんな美術館風のお墓もいいですね。
Commented by gyu at 2009-11-06 05:38 x
♪ きりんさん、こんばんは。
スペイン国内でも地方によって墓地は違っているようです。
マヨルカ島では、ちいさな礼拝堂がずらりと並んでいて、像はほとんどありませんでした。
バルセロナはどこもこうして美しい像がたくさん見られます。美術館のようでいいですね。
アメリカは十字架だけなのでしょうか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2009-11-04 03:39 | イベント、お祭り fiesta | Comments(8)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera