バルセロナ老舗めぐり 9 ろうそく屋さんSubira

「バルセロナ老舗めぐりツアー」は3時間の予定で参加者を募ったのですが、中には疲れた方もいらして、15分の休息をしました。
ちょうど午後8時にさしかかる時で、老舗は特に8時には店じまいしますから、この後のお店はみんな閉まっていてとても残念! 参加者の中には休息を取ったのに腹を立てている人もいました。だって見れなくなってしまうんですから当然。


休息を取ったのは地下鉄の駅JaimeIのある広場。そこには周りにこんな建物があります。

b0064411_0571650.jpg


その反対側の建物はCasa Javier Calico, 1918年、設計Josep Doménech i Mansanaのもの。
b0064411_0581764.jpg


b0064411_059681.jpg


さっき通ってきたPrincesa通りにこんなのがあったっけ
b0064411_0593848.jpg


広場に面して建つ、これも老舗のお菓子屋さん。19世紀の終わりの創業。
b0064411_10674.jpg

あまり買いたいようなのはなかったけど
b0064411_104135.jpg


その広場からすぐのところにあるろうそく屋さんCereria Subira は、創業が1761年!
b0064411_13136.jpg


b0064411_132868.jpg

ろうそくだけ売っていてやっていけるのか心配になりますが
b0064411_141465.jpg

実は、このお店、1761年から1847年まで、モードのお店だったのです。
b0064411_17101.jpg

バルセロナで最も古いお店で、内部は階段が中央から上に左右に上っていて、18世紀の典型的な店内となっています。
もうお店が閉まっているので、窓から撮ってみたのですが、外の景色が映り込んでうまくいきませんでした。
b0064411_184376.jpg


b0064411_19722.jpg

このお店の横の道、Sots-Tinent Navarro通りに面して、このお店のウィンドーがあり、ちょっとしたミュージアムになっています。

Cereria Subira Calle Llibreteria, 7

やがて、19世紀ころからFerran通りにどんどん高級ブティックができてゆきます。


さて、我々は市庁舎のあるサン・ハイメ広場を突っ切りました。
b0064411_1122872.jpg

市庁舎の前にずいぶん人がいると思ったら・・・

花の飾りのついたクラッシックな車。 あ~結婚式!
b0064411_1133270.jpg


ツアーの仲間が言いました。
「市庁舎の中の百人広間で結婚式ができるのよ。私はもう3回も行ったわ」

まぁ~バルセロナ市庁舎で!それもあの百人広間で! 素敵。
b0064411_1153994.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2009-07-12 01:17 | ショップ tiendas | Comments(0)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera