バルビドレラの家たち 1

バルセロナの北、コルセローラ山脈のふもとにある小さな町、バルビドレラのことは、何度もご紹介していますが、今日は主に建物を見てみましょう。

サリアのほうからバルビドレラに行くくねくねの道を上がっていきますと、町に入る手前に見える細い家。

b0064411_2259321.jpg

手前のドアを入ったら、そのまま外に出てしまうでしょうね。中はどうなっているんでしょう。

ここの先に、バルビドレラ広場があり、道が何本も集まっています。

角にある家はVilla Consol, 1911年、設計 Josep Masdeu i Puigdemasa

b0064411_2383726.jpg


b0064411_2364378.jpg


b0064411_2373495.jpg


b0064411_2375013.jpg


b0064411_23849.jpg


すぐ左に上がる道の初めにあるこの家は、Can Vilardaga, 1929年、設計Isidre Puig Boada
b0064411_2325374.jpg


b0064411_233933.jpg


b0064411_2332080.jpg


カルチャーセンターのほうに曲がる道の途中にあるのが、Casa unifamiliarで1905年、設計Bonaventura Conill。残念ながら、今は無人で、どんどん荒れているようです。
b0064411_23124786.jpg


b0064411_2313669.jpg


b0064411_23132854.jpg


b0064411_23243170.jpg


その先はさらに二股に分かれ、右はSant Cugat や Valldreixなどに行く道、左がカルチャーセンターに行く道。この角は、「魔の分かれ道」。だって、右から来る車はこちらが左に曲がろうとしてもなかなか通してくれないし、曲がっても向こうから車が来たら、2台すれ違えない細い道!曲がり角でごたごたすることになります。ホント、ここ、キライ。
角にあるのはバルビドレラのメルカード(市場)
b0064411_23171078.jpg


b0064411_23172835.jpg


カルチャーセンターを過ぎてから目につくこの家はVilla Molitor, 1905年、設計Bonaventura Conill、先ほどのcasa unifamiliarと同じ設計者ですね。
b0064411_23303995.jpg


b0064411_233162.jpg


b0064411_2320521.jpg


先ほどの三つ辻から右に行きますと、また楽しい家が

b0064411_23225467.jpg


b0064411_23321923.jpg


b0064411_23234562.jpg


b0064411_2324543.jpg


もう少し行くとこんなお家も

b0064411_23325729.jpg


b0064411_23331210.jpg


b0064411_23251543.jpg



バルビドレラは楽しい家がいっぱい。あまりにも長くなるので、続きはこの次に。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
Commented by jacaranda at 2009-06-29 00:23 x
gyuさん こんにちは
Casa unifamiliar素敵ですねぇ。こんな建物に住みたい☆
Commented by gyuopera at 2009-06-29 01:04
♪ jacarandaまきおさん、こんにちは。
このCasa unifamiliar, 誰も住んでいなくてもったいないですね。
ここはとても交通量の激しいところなので、かなりうるさいし排気ガスもかなりかもしれません。100年前はそんなことなかったのでしょうね。
ユニークな家ですから、中も見てみたいです。
Commented by mobiliantichi at 2009-06-29 07:22
次から次に面白い個性的な家が出てくるので、とても楽しませていただきました。最後の小さな家は日本の長屋のような、絵本の小さなお家のような、、、、。空き家がどうか壊されずに、また人が住むようになるといいですね。
Commented by tripper_01 at 2009-06-29 08:18
最初の謎の狭小壁に扉のある家、こう云うのって面白いですよね!
道路と線路に挟まれて尖った三角形の家とか、なんでワザワザこんな所に、
って思う反面、中を観たい!
Commented by september30 at 2009-06-29 10:38
私は建築家でも何でもありませんが、Gyu さんのブログをいつも楽しみにしているひとつの理由はバルセロナの新旧の建築をたっぷりと見せて下さるからです。私はもし来世に生まれ変わってくるとしたら、テニスのプロか建築家になりたいと思っているくらいです。
Commented by gyu at 2009-06-29 13:44 x
♪ mobiliさん、おはようございます。いくつもコメントありがとうございます。
バルビドレラの町は、軒並み楽しい建物が並んでいます。最近建てられたものはいずれもあまり面白くはないのですが、80年~100年前の建物はユニークなものが多いですね。山の斜面なので、必然的に階段状の家になり、周りからもよく見えます。
長屋のような同じ家が並んでいる背の低い建物は、当時の労働者のために建てられたものでしょう。今見ると、かわいらしくて、住んでみたい、と思いますね。
角の無人の家は、住むにはうるさいかもしれないので、お店にでもなったらいいのにな、と思いますが、修復するのにずいぶんお金がかかることでしょうね。
Commented by gyu at 2009-06-29 13:52 x
♪ tripperさん、おはようございます。コメントありがとうございます。
狭小壁に扉のある家、はじめて気づいたときは笑ってしまいました。
壱番は二男か、30センチくらいですものね。手前の門の扉は、扉だけで、あとは崖になっているのかもしれません。3つある扉は50センチくらいの中庭に入って、それから玄関があるのかな?初めにある部屋だって、幅1.5mくらいでしょうにね。ホント、中を見てみたいです!

Commented by gyu at 2009-06-29 13:59 x
♪ september30さん、おはようございます。コメントをありがとうございます。
写真家のseptember30さんにそう言われるととてもうれしく思います。私も建築家じゃないですし、昔は建物に興味もなかったのに、ここに長く住んでいたら、ユニークな建物がいっぱいあって、ここの人の住居に対する情熱のようなものさえ感じ、写真に残しておきたいと思うようになりました。この25年間で、私の知っている限りでもずいぶん沢山の古い建物が壊され、写真を取っておくべきだった、と思いました。
建物に興味を持ちだすと、街を歩いていても興味いっぱいできょろきょろしてしまいます。おかげで何度犬のフンを踏んだことか・・・・。でも、犬のフンを踏むと、幸運がやってくる、ともいいますから、ま、いいか・・・。
テニスもお好きなのですね。私は数学も運動もからきしだめなのです・・・。
Commented by YuccaR at 2009-06-29 22:12
Villa Molitor は小さいのに装飾的な要素がたくさんあり、でもクドクなく、素敵ですね。さすがです。この町の建物は市内の瀟洒なものに比べ、遊び心のある楽しいものが多いですね。
Commented by gyuopera at 2009-06-29 22:29
♪ Yuccaさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。
バルセロナ市内の建物は、装飾過多のものもかなり多く、これでもか!って言う感じで、時にはやりすぎ、と思うこともあります。
バルビドレラは別荘地だったので、遊びのある建物が多いのでしょうか。
少し高い所にあるので、市内より涼しく、夏を過ごすための家も多いので、装飾も比較的あっさりしているのかもしれませんね。
それにしても最近はどんどん家が増え、景観が崩れ出したのはちょっと残念です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2009-06-28 23:26 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(10)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera