ペドラルベスの散歩

我が家から北にある地区は、Pedralbes地区と言って、いわゆる高級住宅街。

デラックスなピソ(アパート)が並びます。

b0064411_1943157.jpg


b0064411_5542844.jpg


b0064411_5541610.jpg


b0064411_5583178.jpg


b0064411_5584423.jpg



大きな一軒家も多く
b0064411_5595213.jpg


維持が大変だろうと思うんですが
b0064411_602943.jpg


b0064411_672583.jpg


b0064411_644554.jpg


b0064411_68314.jpg


b0064411_6102486.jpg


b0064411_69030.jpg


見て歩くのは楽しいものです。

Villa Helius 1909年建
b0064411_61447.jpg


b0064411_621158.jpg


b0064411_631045.jpg


こちらはロイヤル・テニス・クラブ
b0064411_612151.jpg

日時計がありますね
b0064411_6123417.jpg


15世記のペドラルベス修道院もありますが
b0064411_6142622.jpg


こちらは1940年に建てられたMontserrat修道院
b0064411_6154530.jpg


b0064411_6161428.jpg

後ろには学校もあり、友人は、Opus deiじゃないかというんですが・・・。
b0064411_647014.jpg


b0064411_6471729.jpg



こちらはESADEの建物。有名なビジネススクールです。
b0064411_6182692.jpg

ESADEはいくつも建物がありますが、私はこれが好きなので・・・
設計が Raimon duran Reynals。 面白いことに、上のMontserrat修道院と同じ設計者なんですね。
こちらは1949年に建てられています。
b0064411_6213839.jpg


そのほか、こんな建物も
b0064411_6223989.jpg

1910年の建物ですが、住居なのにガルゴラが飾りについてます
b0064411_6245183.jpg


その横にはこんな顔もついてるし
b0064411_6253922.jpg

楽しそうな家ですね
b0064411_6261913.jpg


b0064411_6272887.jpg


そのすぐ近くの家も面白そう
b0064411_6275282.jpg

上に乗っかっている部分が、ちょいと曲がってるんですよ
b0064411_6283812.jpg


こちらはCasa Soler, 1920年、設計Joan Maymó i Cabanellas
b0064411_6302232.jpg

現在は第三世代の施設になっています
b0064411_6325147.jpg


その並びには赤く塗った壁の家がレストラン、その向こうに見えるのが
b0064411_6355046.jpg


Torre Cortes, 1913年、設計Salvador Valeri
b0064411_6345830.jpg

かわいい家ですね!
b0064411_6455945.jpg


また長くなっちゃった! ではまた。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
Commented by yasasin at 2009-05-26 20:57
Pedralbes地区というのは経済的に余裕のある人間が居住するエリア、という感じですね(憧)
アメリカのような庭付き一戸建てのような雰囲気もしましたが建物の重厚さは大差ありますね、素敵です。
現実逃避してしまいそうな写真の数々でありました。。。(貧)
Commented by gyuopera at 2009-05-26 21:33
♪ yasasinさん、こんにちは。
Pedralbesは、まだバルセロナが小さかった頃、別荘地でした。週日は町中に住み、週末馬車で大きな別荘に行って友人たちを招いて過ごす、というのがブルジョワの生活だったのですね。でも今ではバルセロナでいちばんの高級住宅地。 大きな別荘は、維持が大変なので、学校や病院になっているところも多いです。
モダンなアパートは、広い庭にプール付きが多く、緑が多いのできれいですね。アパート住まいでも、みんなちゃんとお手伝いさんを何人か使っています。だから買い物が不便でも平気なんでしょうね。
私はやっぱり交通・買い物の不便なところはだめだなぁ。
Commented by オリーブ at 2009-05-27 10:54 x
高級住宅地・・・中をのぞいてみたくなります。でも人通りがないんですね。モデルニスタ祭りは楽しそう。パンはやはり買いますね。
衣裳は新しく作るんでしょうか? 日本では若い女の子たちのコスプレ姿が原宿なんかで目立ちます。漫画の中から飛び出してきたみたいでかわいいです。
黒い衣裳の堂々としたお姉さんが売っているのは切手?ですか。
Commented by Bon at 2009-05-27 11:58 x
gyuさん、こんにちは。
私、やはりサーモンピンクに白で装飾がされているお家に惹かれちゃいます。
こういうお家は、いつもきれいにしておくのは大変でしょうね。
門にタイルがはめ込まれているのはバルセロナらしいなあ。
鉄の門扉も芸術的。
でも遊び心を忘れない。国民性でしょうか?

毎週、どこかでお祭りしてるみたいですね。
モデルニスタ祭りって、日本でいう時代祭りみたいですね。
皆さんの衣装は、古いものなのでしょうか?
『マイフェアレディ』のへプパーンのようで、一度着てみたい。

Commented by machalea at 2009-05-27 12:15 x
スペインは絵になる建物や風景が多いですね。
十数年前の訪問時には、バルセロナやマドリなどは建物は巨大で重厚ながらくすんだ感じで、出窓のプランターの花々が色彩を誇っていたように記憶しているのですが。
それからマドリなどは、大きな建物の陰にはうずくまる人々がいて、その大半がジャンキーだといわれたこと、エイズがヨーロッパでもっとも多いと聞いたこと、路地に入ると尿臭がしたことなども印象的でした。
あの翳の部分はもうなくなっているのでしょうか?
Commented by grappa-tei at 2009-05-27 20:56
よくまぁ、毎日毎日これだけ違った風景が一杯画像に収まるものと、ホトホト感心しております。
Commented by gyu at 2009-05-27 22:50 x
♪ オリーブさん、こんにちは。
高級マンションは、まあいろいろあると思いますが、私が以前行っていたお宅は、マンションといえども350平米という広々したところで、調度品も素晴らしかったです。窓から広い芝生が見渡せて、バルセロナじゃないみたいでした。キッチンだってレストランのかと思うくらいの広さでした。
モデルニスタ祭りは、一般市民みんなが楽しめるのがいいですね。ただ衣装を着ている人を眺めるだけじゃなくて。
あの黒い衣装はアンティークのものです。結構アンティークのものがあるんですよ。そのほか、劇場とか演劇関係のところから借りてきているかもしれませんね。みんな安っぽくなかったですもの。周りの建物と同じ時代だから、あまり違和感がないですね。
あの方は、Melillaという、やはりアールヌーボーの建物がいっぱいあるスペインの町の宣伝をしていて、前に置いてあるのは絵葉書でした。
Commented by gyu at 2009-05-27 22:55 x
♪ Bonさん、こんにちは。
こちらではサーモンピンクの家って、結構多いんですよ。で柱とか窓枠は白でね。一番下の家は、それはかわいいんですよ。屋根もカラフルでしょう。
モデルニスタ祭りの服は、アンティークのものを着ている人もいれば、たぶんあつらえたんじゃないかな、というのもありました。でも結構細かいところまでよくできているので、演劇関係のところで借りてきているかもしれません。
そういえばここはお祭りが多いですね。各地区で違う時期にお祭りをやりますし、聖人の数も多いですしね。でも祭日は日本のほうがずっと多いですよ。
Commented by gyu at 2009-05-27 23:01 x
♪ machaleaさん、こんにちは。
バルセロナオリンピックが17年前です。あれをきっかけに、バルセロナもとてもきれいになりました。それ以前は、建物は排気ガスですすけて灰色をしていて、暗い、危険なにおいのする町でしたね。
小路に入るとプンと悪臭がしましたし、マリファナを吸っている人がごろごろしていて、夜はとても外には出ることはできませんでした。
今でも道路脇で用を足す人がいるらしく、特にゴシック地区などは、毎晩清掃車が来て全部の道路を水で洗い流すんですよ。本当に大変だと思います。日本はそんなことをしなくてもきれい(汚さない)けれど、ここではきれいにするためにはとてもお金がかかります。
Commented by gyu at 2009-05-27 23:07 x
♪ grappa-teiさん、こんにちは。
私は写真をたくさん撮るほうなので、たとえばTerrassaの町でも250枚くらい撮りました。だから小分けにアップしているのですが、長年ブログを書いているのに、まだいくらでも書きたいことがあるんですね。
写真が多いと重くて見にくいかな?
Commented by grappa-tei at 2009-05-28 08:02
1回外出して250枚!?私が先日ロシアに10日間旅行して撮影したのが280枚ですから、いかに多く撮影されてらっしゃるかということでしょう。別に見る側は「重い」ということはないですよ。スクロールすればいいだけの話ですから、是非今のペースを保たれますよう切に。
Commented by grappa-tei at 2009-05-28 08:03
そうそう、ひとつ言い忘れた!バルサ、おめでとうございます!余り興味ないかな。私は早朝3時半にテレビをつけた時には既に最初の1点が入っていました。あのマンUに何もさせなかったって、ホントに凄い!
Commented by gyu at 2009-05-28 17:59 x
♪ grappa-teiさん、いくつもコメントありがとうございます。
そうですか、重いということはないんですね。
私は多くの方がやっている more でつなげるのがあまり好きじゃないんです。ただ、あまり長くなるのは使うんですが、別ウィンドーになりますと、続けて次の記事を見るにはまたバックしなくちゃいけないでしょ。あれが面倒なんです。
外出するときはもっぱらコンパクトデジカメですから、大した写真じゃないんですが、とにかく手ぶれもあるし、あとで悔いのないようにたくさん撮ります。こういうとき、本当にデジカメってありがたいですね。撮るスピードは速いと思いますよ。いちいちゆっくりしていたら、枚数撮れません。
ばらばらに撮って後でまとめるときもあります。私のブログはバルセロナの町を見てほしいので、芸術写真をじっくり見てもらうわけではないので。
Commented by gyu at 2009-05-28 18:01 x
♪ grappa-teiさん、昨夜はすごかったですよ!
一度ゴールする度に近所中からわぁっと言う歓声とともに、花火はパンパン鳴る、走っている車は警笛ガンガン鳴らす、街はバルサのシャツを着た人であふれかえる・・・ すごい熱気でした。
カメラを持っていなくてホント、残念でした。
サッカーに興味はないですが、やっぱり地元のバルサが優勝するなんて嬉しいですね。
Commented by grappa-tei at 2009-05-30 11:14
gyuさん、バルサ、やはり凄い熱狂した歓迎ぶりですね。ま、無理もないですよね、世界最高峰を極めたんだから。しかし、クラブというのは面白いですね、選手の国籍は関係ないという点でね。ところで、愚亭が今使っているブラウザーはファイア・フォックスですが、ここの無料ソフトでautopagerというのがあります。これを入れておくと、無限にスクロールできるので、gyuさんの記事や画像を見るには至極好都合です。ブラウザー、もしIE(Interneto Explorer)お使いだったら、少し考えた方がいいですよ。セキュリティーの面でも。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2009-05-26 06:48 | 散歩 paseo | Comments(15)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera